近本の逆転弾でDeNAに3連勝

1点ビハインドの9回2死。瀬戸際で近本がレフトスタンドに放り込んで逆転。打った本人より矢野監督の方が喜んでたw 9回表、無死1・2塁。しかし、木浪が送りバントに失敗し、代打鳥谷もレフトフライで追い込まれた。ここでバッターは近本。先ずはタイムリーで同点になることを願っていた。まさかホームランが出るとは思わんかった。 この日の両チー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接戦逃げ切って、才木今季初勝利

表ローテで勝てず、裏ローテで連勝。若手投手が本当によく頑張ってくれた。 期待はしていてもまだまだ実力が伴わないと思っていた才木が、DeNA打線を5回まで無失点。6回に1点を失ってリリーフに頼ったが、それでもロースコアの試合でしっかりとゲームメイクしてくれた。 ストレートの質が一段と向上したみたい。金本さんの見立ては間違ってなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投打かみ合い、青柳今季初勝利

ようやく青柳に勝ちがついた。打線の援護があってよかったね。 青柳は7回途中で3失点。ラストイニングに エラー絡みで被弾したのみ。それまでは内野ゴロを打たせて取るピッチングで完封ペースで0に抑えていた。ランナーを出しても併殺で切り抜け、球団タイ記録の4併殺もマーク。なんか急に成長したように思う。 打線は初回に大山の先制タイム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2試合連続の完封負け

西がどれだけ頑張ろうが、点を取らなければどうにもならない。そこへ守りのミスや誤審があったら勝てる訳がない。 この3連戦で取った得点は初戦の木浪の4打点だけ。他の選手は何をしてたのか。 この日も代打はピッチャーのところで上本を出しただけ。チーム一丸となって勝ちに行く姿勢が見られない。ベンチ入りしている野手は飾りか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩貞好投も打線が振るわず

糸原と糸井が大ブレーキ。2度のチャンスを逃して完封された。無死3塁、1死2・3塁で点が入らんとはなあ。せっかく岩貞がいいピッチングをしたというのに。 メッセンジャーと桑原が登録を抹消された。既に球児、ガルシアが消えているところに、更にエースとセットアッパーがいなくなってしまった。3本柱と充実した中継陣で打力をカバーし、守り勝つ野球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木浪が意地を見せただけ

打てない守れないで読売に開幕から4連敗。前日に懲罰交代させられた木浪が、悔しさをバネにして活躍してくれたのがせめてもの救い。 初めてクリーンアップを弄り、糸井を2番に上げ、中谷を3番に据えた。結果論だが、糸井3番の方がもうちょっとましな試合になったと思う。 メッセンジャーが6失点の大荒れ。菅野相手なので、2回に小林にスリーラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩田復活!大山、中谷連発

岩田が2年振りの勝利を完投で飾り、大山が2打席連続のホームランで4番らしい活躍。そして中谷も大山に負けじと連発。投打が噛み合ってヤクルトに大勝。 打たせて取る。岩田本来のピッチングで9回を投げ切った。球数は118球。打ち頃の球に見えたか、ヤクルト打線は早いカウントから打って行き、内野ゴロの山を量産した。 勝敗の分岐点は初回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お互いに決めきれず引き分け

8回に同点に追いつかれてからピンチの連続だったが、何とか投手陣が踏ん張って引き分け。 青柳が強力ヤクルト打線を抑え、7回を無失点。課題だったコントロールも1つだけ。ほぼ完璧と言ってもいいくらいの内容。これで勝てないのは本当に気の毒。次も期待してるで。 能見とジョンソンが青柳の勝ちを消してしまったが、12回までやって2失点なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガルシア、3戦連続の7失点

初回に2点を先制したが、その裏ガルシアが5点を取られてビハインドの展開。ガルシアは2回にも追加点を許し、1回1/3、7失点で降板。 ガルシアはファーム落ちが決定。今のガルシアなら小野や藤浪に投げさせた方がまし。 それにしても昨年の勢いは何処へ行ったのか。日本の野球を舐めて、オフに遊んでたんとちゃうやろな。 とりあえず低めに制球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西、甲子園初勝利!

西が2失点ピッチング。先制は許すものの、この日は打線が繋がって勝ち投手になった。打つ方でもプロ初打点の2点タイムリー。これで連敗もストップ。 雨でコンディションが悪いのに、いつものようにニコニコしながらのピッチング。ヒットが多めだったり、勝負を急いでタイムリーを打たれたのは雨の影響だったんだと思う。それでも7回2失点に抑える好投。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満弾2発浴びて4連敗

岩貞が京田に、岩崎が堂上に、それぞれ満塁ホームランを浴びた。ビシエドに打たれたのならまだしも、伏兵に打たれてどうする。 先発が早い回に先制されて追いかける展開。なんとか追いかけて射程圏内に捉えたところで、ホームランで点差を離された。こういう試合がずっと続いている。 今シーズンは被本塁打が多すぎる。12球団ワーストの21本だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打線が意地を見せるも追いつけず

ラッキーセブンの攻撃で追い上げるが、点差が離れていて追いつけなかった。 それでも残り2イニングで2点。逆転の可能性を信じていた。しかし、9回表に桑原が炎上して万事休す。 4番の差が出た試合だった。中日はビシエドが2本のホームランで4打点。一方の大山は4タコ。7回の2死満塁ではサードゴロに倒れ、交代させられてしまった。 野手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋山5失点でDeNAに負け越し

ランナーを出してもタイムリー欠乏症で得点出来ず。取った得点はソロホームラン2本の2点だけ。 秋山は5回まで2失点。点を取られたと言っても味方のミス絡みだったので、悪くはなかったと思う。それだけに6回の神里のスリーランが痛かった。手術からの復帰登板なので、早めに代えた方がよかったんちゃうかな。 打線はルーキー大貫を打ち崩せず。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さっぱり打てずに完封負け

初回に糸原がヒットを打ったきり。濱口に9回1安打の準ノーノーを食らってしまった。 1安打とは言え、四球を7個貰っての無得点。これだけランナーを出せばちょっとは得点出来そうなものだが、牽制死が2つで流れをつかめなかった。点を取れない焦りで、浮き足だっていたように見えた。濱口のビンチでもじたばたしなかったラミレス監督とは対象的だった。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

甲子園開幕戦、大逆転勝利

ソトのミスで先制し、その後逆転されて大差をつけられるが、最後はソトのミスで逆転勝ち。 ガルシアがまたも7失点ノックアウト。次の登板結果次第では2軍調整も考えなアカンのとちゃうか。 梅野がサイクルヒットを達成。タイムリースリーベースはソトの守備のお陰ではあるが、それでも8回のビッグイニングの足掛かりとなるホームランや、打者一巡…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

西、完封で移籍初勝利

これまでの鬱憤をすべて晴らすような快勝。今シーズン初の2桁安打9得点で前日の大敗の借りを返した。 近本をスタメンから外して、糸原を2番に上げ、7番にセンター中谷を起用。これが見事にはまり、3点の壁をぶち破った。 糸原が先制タイムリーを含む3安打。クリーンアップも全員がマルチヒット。そして、中谷、梅野の下位打線もマルチヒットを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

眠れる鯉を目覚めさせて大敗

昨シーズンの勢いがまだ出ていない広島相手に、投手陣が4本のホームランを浴びて10失点。 岩貞が4失点で5回もたず。球児も追い上げ直後のイニングに2本のホームランを浴びた。 鈴木誠にある程度打たれるのは折やむを得ないとしても、ホームラン2本の5打点は打たれ過ぎ。ましてや今季ノーヒットだった宮崎にまで打たれていてはいけない。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中谷、代打逆転ホームラン

代打中谷の一発で連敗をストップ。メッセンジャーに100勝目もプレゼントできた。 梅野が戦列に復帰。骨折したところが痛くないはずがない。それなのに必死の守りやゲッツー阻止の1塁へのヘッスラを見せてくれた。正捕手としての自覚が出てきたんだと思う。 メッセンジャー、通算100勝目おめでとう。 あと1勝から長かった。普段通り好投し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読売に3タテ喰らう

浜地がプロ初先発。2本のホームランを浴びるなど、4回9安打6失点で負け投手になった。 ボールが高めに浮いていたとか、甘いカーブを狙い打たれたとか、課題も多かった。初回の3失点だけだったら合格点やったのになあ。それでも、丸から2三振を奪うなどキラッと光るところも見られた。 梅野は左足薬指な骨折をおして広島戦から合流するらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅野離脱!

スタメンに木浪と梅野の名前がない。木浪はともかく、なぜ梅野が出ないのか。後になって、足の指の骨折の疑いで帰阪した事を知った。守り勝つしかない今、梅野がいないとあまりにも痛い。軽症であって欲しい。 青柳は初回に吉川を三振。坂本、丸にヒットは打たれたが、岡本ゲッツーでまずまずの立ち上がりだった。しかし、3回にランナーを2人置いて丸にホ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

ガルシアまさかの7失点

読売に強いはずのガルシアが4回7失点と大炎上。移籍初登板だったので力んで空回りしたかな。 得点力がないので先発が序盤で崩れるとどうしようもない。ガルシアには甲子園開幕戦で頑張ってもらいたい。 相手の1、2番コンビに連打を浴びて丸やもんなあ。昨年までの広島のタナキクマルのような感じがした。ある程度打たれるのは覚悟して、大量点は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

開幕3連勝ならず

打線が西を援護できず、ロースコアの1点差負け。まあ、勝ち越したからよしとしよか。 西が移籍初先発で7回を4安打2失点の好投。マウンド上での笑顔がええね。試合を楽しんでいるように見えた。打線がもうちょっと点を取ってやれてればなあ。 初回の2失点はバレンティンと雄平の連続タイムリーによるもの。無死1塁から青木をショートゴロに打ち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

完封リレーで開幕2連勝

岩貞が1安打ピッチング。後は盤石のリリーフ陣が完璧に抑えて完封勝利 初回に糸井のソロホームランで先制。それがそのまま決勝点になった。 ライトポールの上、上段スタンドへの大きな当たり。ビデオ判定の結果を待つ間、手を合わせて祈る矢野監督。なんかかわいかった。 岩貞、ナイスピッチング。3回に突然ストライクが入らなくなって3連続四…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルーキーとベテランの競演で開幕戦サヨナラ勝ち

2019年シーズンがスタート。今年も点が取れんなあと思っていたが、少ないチャンスを活かして延長サヨナラ勝ち。 シーズン明けましておめでとうございます。今年も全試合目標にブログを書きますので、よろしくお願いします。 1番木浪、2番近本、4番に大山のフレッシュな打線。ルーキーコンビが塁に出て、クリーンアップが打てば大量点に繋がる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イチロー現役引退

昨年、メジャーのメンバーから外れてたときから、今年の野球です日本での開幕戦で引退発表をするんじゃないかと思ってた。 イチローも人間だから、当然こういう日が来る。 それでも、今年もバッティングフォームを変えて進化しようと準備していた。その一方で、オリックス時代から変わらない(ように見える)打席でのルーティング。柔軟でありながら頑固。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢野、監督就任要請受諾

悩みに悩んだ結果、矢野が監督になることを決断した。火中の栗を拾う事になるのが分かっているのになあ。 金本前監督の辞任は、実は本社と球団社長がグルになって、解任したというのが真相らしい。ホールディングズの影もちらつく。後ろ楯となっていた坂井オーナーや副社長達が居ない時を狙って会談したという。正式な記者会見がなかったのは、こういった経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わりよければ全てよし

荒木、岩瀬の引退試合。荒木の打席で高橋聡をワンポイントで使ったり、岩瀬がマウンドに上がると福留を代打で出したり、演出感満載の試合だった。中日側の手違いで延長に突入して逆転勝ちしたが、勝敗は抜きで楽しい試合だった。 プロ初先発の竹安が5回2失点の好投。ボールが高かったが、中日の打者がそれを打ち上げてしまう場面が多かった。見た感じより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甲子園最終戦、謝罪のち監督辞任

最下位のチームと他力でCSを逃したチームによる消化試合。審判もやる気がなかったんかな。 本来なら盛り上がる筈もない試合。それが、岩田が6回1失点の好投を見せ、中谷が代打でホームランを打って同点にする。そして大山、陽川の連続ツーベースで逆転勝ち。 彼らが来年こそ期待通りの活躍を見せてくれる事を願う。 そして、もう甲子園の事を鬼門…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DeNAさん、ごめん

難敵メルセデスから4点奪って、マウンドから引き摺り降ろすが、桑原、望月が相次いで岡本にホームランを打たれて大敗。 読売に3位を決められて、DeNAには申し訳ない。 メッセンジャーの日米通算100勝は来年に持ち越し。打たれたけど勝てたという試合で達成するより、リフレッシュして完投か完封で決めてもらった方がいい。 早い時期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

執念及ばず最下位決まる

才木が2回6失点でノックアウト。終盤に打線が追い上げを見せるが届かず、これで野村阪神以来の最下位が決定した。 期待した外国人選手がハズレ、ケガ人も多かった。おまけに自然現象にも恵まれなかった。そんな不運なシーズンではあるが、最下位という事実は球団史として残る。 これまではそこそこ頑張れば年俸が上がっていたが、最下位になり、観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more