マルテ復帰弾

故障が癒えて登録されたばかりのマルテが3番サードでスタメン出場。復帰初打席でツーランを放ち、来季残留をアピールした。 治るまでに長くかかってしまった。マルテの離脱後、サンズが想定外の働きを見せたので焦りもあったと思う。シーズン中に間に合ってよかった。 マルテの復帰で、大山がライトの守備についた。慣れないポジションでバッティン…
コメント:0

続きを読むread more

敗戦と福留戦力外のダブルショック

ガルシアがピリッとせず3回4失点で降板。打線は最終回にようやく1点を取って、完封負けを免れるのが精一杯。 球児が見れただけで、負けたショックが癒される。そんな試合だった。 ドラフト会議が迫って来て、来季戦力の検討が既に始まっている。 そして最初に名前が出たのが福留。球団からの正式発表が無いが、各紙が報じているので憶測ではな…
コメント:0

続きを読むread more

投手陣踏ん張るも決め手なし

ガンケルが予想外の踏ん張りと、豪華リリーフ陣の無失点リレー。投手陣は完璧までの仕事をしたが、打線が奮わず引き分け。 ガンケルが3回まで無失点。ようやく本領を発揮したかと思っていたが、4回に3連打を浴びて1点を先制された。この日は大崩れはしなかったものの、2周り目につかまっているようでは、先発合格とは言えない。5回の攻撃でガンケルに…
コメント:0

続きを読むread more

スリリングな勝利

ヤクルトの追い上げをギリギリのところで止めて連勝。最後のサンズへのフライは怖かった。 5回に村上こスリーランで楽勝ムードが一点。最終回も村上のタイムリーで、1点差にまで迫られた。 打たれた秋山とスアレスにが悪かったと言うより、村上の調子がよすぎたからだと思う。4安打5打点なんてなかなか出来ない。 初回、その村上に先制タイム…
コメント:0

続きを読むread more

小刻みに援護して西10勝目

西が8回121球の力投で2桁勝利に到達。打線は大山が4安打2打点の活躍で4番の仕事をすれば、梅野も復活のホームランを含む2打点。とりあえず連敗ストップ。 打線の繋がりはあまり感じなかったが、要所を大山、梅野がきっちりと決めてくれた。 サンズ、ボーアのところで切れてなかったら、もっと点が取れていた。来年の契約のためでもいいので、も…
コメント:0

続きを読むread more

せっかく逆転したのに

連続完封されそうな雰囲気を原口のタイムリーです逆転し、これで2位再浮上を確信したが、最終回にスアレスが高橋周平にスリーランを打たれてサヨナラ負け。同じ様な光景を前にも見たような気がする。 4回のピンチで岩田から岩貞にスイッチしてタイムリーを打たれたのが残念。粘りの岩田なのだから、岩田に任せて欲しかった。4イニングもたずして降板させ…
コメント:0

続きを読むread more

完封負けで3位転落

また大野に完封された。今年に限ったものでもないのに、まだ対策する事が出来ないとはなあ。 糸原が復帰するが結果は4タコ。調整不足はわかっているが、そもそも自分が蒔いた種。早く調子を戻して、チームメイトやファンの信頼を取り戻すように。 井上広大が1軍初登録され、7番ライトでスタメン出場した。デビュー戦は2三振とファーストゴロに終…
コメント:0

続きを読むread more

大山先制弾も得点はそれだけ

初回に大山のツーランで先制したが、すぐさま同点にされ、3回に逆転される。打線は2回以降さっぱり。いつの間にか3位中日と0.5差になっていた。 先発髙橋遥がピリッとしなかった。大山の先制ツーランで勝ったような気になっていたが、その裏にあっという間に同点にされてしまった。結局5安打3失点で4回で降板。前回良かっただけに残念な内容だった…
コメント:0

続きを読むread more

豪速球リレーで1点差逃げ切り成功

5回に大山の逆転ツーランで1点をリード。細かい継投で最後まで守った。特に藤浪とスアレスは圧巻だった。 8回に藤浪が160キロを投げて3人を打ち取れば、スアレスも負けじと、球団最速の161キロで3人締め。 藤浪は短いイニングなら、不安なく任せられるようになった。球場のファンの盛り上がりを見ると、このまま球児の後継者になって欲しいと…
コメント:0

続きを読むread more

ガンケルまたも勝てず

ガンケルが6回4失点で、また負け投手になった。イニングは着々と長くなっているが、この内容だと難しいように思う。 オースティンとソトへの攻め方以前に、制球が甘かった。打たれたヒットは9本。もっと点を取られていてもおかしくなかった。 前日の試合が中止になっていたので、6回まで引っ張る必要はなかったと思う。 打線は初回に糸井、大…
コメント:0

続きを読むread more

サンズ、ボーアが打てば強い

6回、サンズ、ボーアのアベックホームランを皮切りに、打者11人の猛攻で野村をノックアウト。投げては西が8回1失点の好投で9勝目。 サンズとボーアが打つとチームのムードが変わる。6回のビッグイニングはまさにそんな風に見えた。 安牌と思っていた二人にホームランを打たれて、相手は動揺したことだろう。それに乗じて4連打。アウト1つ挟んで…
コメント:0

続きを読むread more

岩田粘れず

岩田が5回途中5失点でノックアウト。打線は序盤に再三チャンスを逃し、その後は沈黙。 前回は素晴らしいピッチングで勝ち投手になった岩田だったが、この日は制球が定まらなかった。 3回に2点、5回に3点を失った。どちらも四死球でランナーを出して、タイムリーを打たれる悪いパターンだった。岩田は次の登板が正念場になりそうな気がする。 …
コメント:0

続きを読むread more

逃げ切れず引き分け

劣勢を相手のミスで追いついたのだから引き分けで御の字。いやいや、勝てる時はきっちりと勝っておかないといけない。判断は難しいが、時期を考えると後者だろう。 1番に木幡、3番に近本。5番以降に両外国人と糸井。大きく打順をいじって、そこそこヒットは打ったが、あまり繋がらなかった。 一戦一戦が大事な時期だから、サンズには調整してもらって…
コメント:0

続きを読むread more

若きエースと4番

髙橋遥が1失点完投。大山の勝ち越しホームランで流れをつかんで、このカードをタイに持ち込んだ。 サンズ、ボーアを落として、4番に大山。その大山が4番の仕事をしてくれた。 同点で迎えた5回、四球の糸井を1塁に置いて、勝ち越しのツーラン。これでG岡本に並んだ。 今季途中から5番に下がっていたが、ひとり意地を見せる場面も多く、精神…
コメント:0

続きを読むread more

再三のチャンスをものに出来ず

3度も満塁のチャンスがあったのに、取れたのは押し出しの1点だけ。点を取れないにも程がある。 7安打9四死球で得点は1点。肝心なところで三振や打ち損ないばかり。不振のサンズ、ボーアをスタメンで使い続けているのも一因。思い切った打線の組み替えが必要だと思う。 秋山が5回まで2失点に抑えていたのに、6回に藤浪にスイッチ。打席が回っ…
コメント:0

続きを読むread more

意地を見せるも及ばず

最終回にようやく反撃を開始。髙山のタイムリー、近本のスリーランで追い上げるが、点差が離れすぎていた。 先発に転向して2試合目のガンケル。なんとか5回を2失点に抑えて、ゲームメイクした。しかし、6回に大城にスリーランを打たれて撃沈。 5回表か終わって2点のビハインド。その裏のガンケルの打席は当然代打だと思っていた。しかし、連戦…
コメント:0

続きを読むread more

西の好投と近本の足で先勝

強いチームに勝つためには相手に何もさせないに限る。西がそれをやってのけた。1500投球回達成、おめでとう。 西は初回と4回に連打されるが、初回は岡本を併殺、4回は大城を内野フライにとって、難なく切り抜けた。それ以外はひとりのランナーも出さず、淡々とジャイアンツ打線を抑えていった。 8回に先頭のウィーラーにソロホームランを打たれて…
コメント:0

続きを読むread more

大阪桐蔭コンビの好投で完封返し

岩田が7回途中無失点。藤浪が球児を彷彿とさせる豪速球で8回をピシャリ。最高のピッチングの共演で完封リレー完成。 糸井の禁句の影響が1試合で済んでよかった。 岩田は巧みなピッチングで、中日打線を6回まで2安打に封じる好投。ゴロアウトを量産する岩田らしいピッチングだった。 7回先頭バッターをヒットで出してしまうが、ここも内野ゴロを…
コメント:0

続きを読むread more

大野に2安打完封負け

前の試合の勢いはどこへやら。青柳が自己ワーストの8失点、打線も散発2安打に封じられ、2塁を踏むことも出来ず完敗。 青柳は審判に際どいコースを取ってもらえず、苦しいピッチングになった。そこに味方のエラーに足を引っ張られた。序盤はなんとか少ない失点でしのいでいたが、5回にとうとう力尽きて大量失点してしまった。 打線は大野に完璧な…
コメント:0

続きを読むread more

糸井、それは言うたらアカン

原口が一時は逆転となるタイムリー。同点にされてから、糸井が勝ち越しのバックスクリーン弾。そして大山がだめ押しソロ。打線は活発。先発髙橋遥をフォローした。 ここのところ髙橋遥の被打率が上がっている。心配だが、それでも6回3失点なので深刻な状況ではない。ただ、疲れなどで踏ん張れなくなるとマズイかも。少しでも登板間隔を空けてやった方がい…
コメント:0

続きを読むread more

非常事態後はじめての勝利

投打がかみ合って快勝。投げる方では秋山、打つ方では原口、木幡がよく頑張ってくれた。 秋山は初回に2点を奪われたものの、その後は素晴らしいピッチングを見せ、6回を2失点に抑えた。 ここのところ先発に勝ちがついてなかったので、嬉しい1勝になった。 原口は先発出場で同点ホームランを含む3打点。打つだけではなく、秋山を上手くリード…
コメント:0

続きを読むread more

後味の悪い敗戦

藤浪が不慣れな中継ぎで被弾。木幡の積極的な本塁突入も判定はアウト。おまけに審判からいちゃもんをつけられて、すっきりしない敗戦。 藤浪が7年ぶりに中継ぎで登板したが、先頭バッターの村上にホームランを打たれて、これが決勝点になってしまった。 準備を始めるタイミングや練習の球数など、先発とはまったく違う。ストレートが高く浮いたのも仕方…
コメント:0

続きを読むread more

えらいこっちゃ

コロナ禍で1軍メンバーが10人も抹消。ここへ来てこれは大ピンチ。 ファームの浜地がコロナに感染して発症。それに伴い選手全員のPCR検査を行ったところ、糸原、陽川、岩貞、馬場の陽性が判明。木浪、福留、江越、岩崎、小川、小林が濃厚接触者に該当。一気に10人もの選手が抹消された。代わってファームから能見、藤浪、北條ら9人が急遽登録された…
コメント:0

続きを読むread more

上茶谷に完封される

青柳と上茶谷の投手戦の様相だったが、勝負の綾で青柳を代えたのが裏目に出た。 クリーンアップで5安打もしたのに無得点。サンズとボーアにヒットが出ず、打線が繋がらなかった。 あれほど打っていたサンズが、あまり打たなくなってきた。出続けている選手はそろそろ夏場の疲労が出てくる時期なので、選手の入れ替えが必要かもしれない。 青柳は…
コメント:0

続きを読むread more

糸井3打点で逆転勝ち

関テレの中継が終わった途端にチャンスが訪れ、糸井のタイムリーで勝ち越した。やはり、関テレの呪いはあるようだ。中継を終わってくれてありがとう。 6回に糸井のタイムリーで追いつき、8回には糸井の右中間オーバーの2点タイムリーで勝ち越した。 前の試合でもタイムリーを放っており、糸井が戦列に復帰してくれた効果が出ている。 膝の状態はも…
コメント:0

続きを読むread more

ボーアお目覚め

ボーアの同点ホームランと勝ち越しタイムリーで逆転勝ち。たくさんのファンの声援を受けて、お立ち台のボーアはご機嫌やったね。 観客数制限の緩和で、今年初めて1万人を超える観客が入った甲子園。改めてプロ野球はファンと一体だと実感した。 この日はファンの声援に推されたように、ボーアが活躍してくれた。 ボーアの打席は一段と声援が大き…
コメント:0

続きを読むread more

長坂の一発だけでは

先発中田が簡単に先制を許す。長坂の代打ホームランで追い上げたが、3安打ではどうにもならない。 中田は2回に4連打とスクイズで3点を許し、そのイニングで降板。これまで3度の登板で、すべてゲームメイクに失敗している。復活はちょっと難しいかな。 少し前から打線の状態はあまりよくない。要所でホームランは出ているが、打線の繋がりはない…
コメント:0

続きを読むread more

秋山の独り相撲で負ける

秋山のエラーがすべて。ピッチングそのものは悪くなかったのに、もったいない敗戦。 秋山は4回に1塁悪送球でピンチを広げて先制スリーランを打たれた。7回にも1塁悪送球でだめ押しのランナーを返してしまった。 秋山はフィールディングに問題のある選手ではない。たまたまエラーをした動揺で失投したのだろう。7回のは前のエラーが一瞬頭をよぎ…
コメント:0

続きを読むread more

大山連発6打点で逆転勝ち

大山の満塁ホームランとだめ押しツーランで逆転勝ち。だんだん大山が頼もしく見えて来た。 ホームランでしか点が取れていないというのは置いといて、一発が欲しい場面で期待通りの結果 大山はこれで21本。生え抜き選手の20本越えは中谷以来だったかな。そして、G岡本に追いついて、リーグトップに並び立った。 この調子でホームランと打点の…
コメント:0

続きを読むread more

ようやく東京ドームで勝てた

打線が相手投手陣を滅多打ち、投げる方では西が4安打完封。圧倒的な大差で勝利。これまで東京ドームで勝てなかったのが不思議。 前の試合で終盤に追い上げた、その余韻が残っていたんだと思う。だから大差がついても、試合を投げてはいけない。 近本が確変中。先頭打者初球ホームランでチームを鼓舞すると、6回にはだめ押しのソロ。 この3連戦…
コメント:0

続きを読むread more