ガルシア好投するも完封負け

糸井が6月の月間MVPを受賞、原口がプラスワンでオールスターに選出。嬉しいニュースの中、ガルシアが最高のピッチングを見せてくれた。こんな日は絶対に勝たなアカンやろ。 ガルシアは初回に岡本の打球が右足に当たり悶絶したが、そのまま2回以降も続投。7回まで3安打無失点と圧巻のピッチングだった。8回のビヤヌエバへの失投だけが残念。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今季最多残塁で接戦を落とす

8回の牽制悪送球からの失点が痛かった。もうちょっと効率よく点が取れていれば、ああいうのもなかったかもしれない。 ジョンソンが始めて敗戦投手になった。打ち込まれた訳ではない。こういう日もあると切り替えて欲しい。 西が3失点で勝ち負けつかず。こういうのが続いている。 ただ、いつも安定した結果を残してはいるが、簡単に先制を許した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高橋遙、ナイスピッチング

投手戦を制して広島に3連勝。いい感じで首位決戦に挑める。 新外国人選手ソラーテの入団が決定。両打ちで内外野守れるユーティリティプレーヤーらしい。マルテとガルシアを入れ替えながらの起用になるのかな。 高橋遙が自己最長の8回を投げて、4安打無四球で無失点。広島の東出コーチに全盛期の井川のようと言わしめた。 100点満点のピッチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

点の取り合いに勝つ

日頃は点を取れない打線が、この日は点を取られても取り返してくれた。最後は勝ちパターンで広島打線を沈黙させた。 青柳は左バッターを揃えた広島打線に対応出来なかった。対左の被打率が3割を越えているのを何とかしないと、これからも苦労する事になる。 この状況で4回に青柳をスパッと代えた、矢野監督の判断は素晴らしかった。3点のリードを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちのいい勝利

今年の阪神の強みがすべて出た試合。交流戦が終わってからのモヤモヤした気分をスッキリさせてくれた。 近本、糸原の打順を元に戻した。やっぱりこの方がはまるみたいやね。 そしてキャッチャーに坂本を起用。故障かと思ったが、梅野の休養と気分転換を考えての事だったらしい。 岩田は2回に連打を浴びて犠牲フライで1点を先制されてしまうが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DeNAに負け越し

大山が2本のタイムリーを打つも、投手陣が打たれて敗戦。まさかDeNAに負け越すとは思ってもみなかった。 石崎とロッテ高野のトレードが成立。同じようなタイプの選手なので、補強ではなく、環境を変えて頑張れと言う事かな。 一方で新外国人選手の話が進んでいるらしい。メジャー◯◯発って言って、その通りに活躍した試しがない。ましてやこの時期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辛うじて連敗ストップ

延長で勝ち越した直後にドリスがドタバタしたが、相手のスクイズ失敗と髙山の必死のプレーで何とか逃げ切れた。 前日に矢野監督が打線の入れ替えをすると言ってたが、クリーンアップには手をつけず、1、2番と7、8番を代えただけ。ほとんど効果がなかったうえに、勝ち越しを決めたのが途中出場の近本と糸原のコンビと言う皮肉な結果に終わった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お得意様に完封負け食らう

ハマスタでのDeNA戦なので油断したか、ルーキーに抑えられて完封負け。交流戦が終わってからの3試合で1点しか取れないとは。 これまで打てなくても我慢していた矢野監督が、とうとう打線の組み換えを言い出した。 今年は選手を育てる積もりでやって来たのだろうが、ファンの声を無死出来なくなったんかな。ひょっとしたら、投手陣から何とかしてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サヨナラ暴投で2安打の中日に負ける

ドリスのワイルドピッチでまさかのサヨナラ負け。梅野が止められないのだから仕方ない。 高橋遥が素晴らしいピッチングを見せてくれた。6回を2安打無失点。6回の満塁のピンチもよく凌いだ。これだけの内容を続けて行けば、その内勝ち星が付くようになる。その後をリリーフ陣がノーヒットで繋いだ。何よりジョンソンが復帰して3人でピシャリと抑えられたのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪い流れが続く

守りのミスと貧打で完敗。何にも変わってないやん。 たった2、3日の練習では何も変わらんか。かえって日程が空いたので試合勘が戻って無いように見えた。 上本のファーストはどうなのか。出場機会を増やしたいのは分かるが、ファーストでなくてもいいと思う。マルテの危機感を煽るためなんかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オールスターファン投票で3人選出

オールスターのファン投票の最終結果が発表され、阪神からは梅野、近本ジョンソンが選出された。 3人とも実力で選ばれたんだと思う。梅野は42万票も集めて2位會澤に倍の差をつけた。近本は筒香、青木、丸、大島を抑えて2位で選出。ジョンソンも2位以下を大きく離して選出された。 3人とも祭りを楽しむと同時に、スキルアップに役立てて欲しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6勝10敗2分で交流戦終了

また守りのミスが出て3連勝成らず。 まあ、貯金が1つ残り、ゲーム差が開かなかったのが救い。 オリックスと楽天に1つも勝てなかったのが残念。そうなった理由もはっきりしているのでので、リーグ戦再開までに対策して欲しい。 貧打の解消も大事だが、やはりエラーを減らさないといけない。少なくとも草野球レベルのエラーはなくして欲しい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武に勝ち越し

阪神本来の野球で西武に連勝。久し振りにカード勝ち越しを決めた。 福留が再び抹消。無理させたせいで悪くなかった方の足も痛めたらしい。今度はしっかり治して戻って来て欲しい。 高山にとってはレギュラー獲りの大チャンス。福留が戻って来てもスタメンで出られるように頑張って貰いたい。 近本がヒットで出塁し、2盗、3盗と決めて、クリーン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく連敗脱出

接戦を制してようやく連敗ストップ。とりあえずは交流戦最下位から抜け出せた。長いこと掛かったなあ。 試合そのものはここ何試合かと同じような展開。ミスさえなければ勝てる。 西はここ2試合は連打を浴びるシーンが目立つ。好投しても勝ち星が付かない接戦が続いているので、同点疲れが溜まっているのかもしれない。 打線は2桁安打で5点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エラーと走塁ミスで連敗続く

どう考えても勝てた試合。エラーで力投する高橋遙の足を引っ張り、同点のチャンスを走塁ミスで潰してしまった。相手が強いから負けたのなら納得いくが、流れを自ら断って負けてるもんなあ。 高橋遙が若々しさ溢れるピッチングを見せた。ストレートの伸びが素晴らしかった。 この先、肩の不安がなくなれば、エースに成長してくれることやろ。 5回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守屋、2日連続のリリーフ失敗

序盤にリードするものの中盤に追いつかれ、そのまま延長に突入。10回表に守屋が無死満塁にしてしまい、後を受けた能見も楽天打線の勢いに飲み込まれた。 交流戦後の休みを見越してメッセンジャーを放牧。代わりにインフルで2軍調整していた岩崎を登録。リリーフ陣がフル回転しているので、岩崎の復帰は助かる。 守屋は前日のリリーフ失敗を引き摺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またもエラーから逆転負け

初回に先制するが、すぐに北條のエラーで追いつかれ、その後は取ったり取られたりのシーソーゲームに。終盤に守屋が踏ん張れずに敗戦。 北條のエラーがなければ勝てたかどうかはわからないが、少なくとも中盤に逆転されてからは打線がシュンとなったのは確か。 ここのところ毎試合、サードかショートのどちらかがミスをしているような気がする。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝ちに等しい引き分け?

終盤に5点のビハインドを追い付いて延長戦に持ち込み、ベンチ入り投手を全員投入して何とか引き分け。 6回までノーヒットに抑えられていて、それで5点も取られていたらのだから引き分けで終われてラッキーなのは確か。 しかし、この試合はどう考えてもオリックスの継投ミス。オリックスにとっては負けに等しい引き分けなのだが、果たしてその裏返しと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日の逃げ切り失敗

能見が厳しい場面を抑え、球児が前日のリベンジを果たしたが、最後ドリスが打たれてサヨナラ負け。2日連続で勝ちパターンで落としたのは痛い。 ドリスがバント処理で1塁へ悪送球したのが直接的な敗因。同点でもオーケーと居直ってしまえばよかったのに。 それより大山がセカンドで判定が覆ってアウトになったプレーが大問題。 アウトだと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逃げ切り失敗

西が崩れた事も、梅野がワンバンを取り損ねた事も、球児が踏ん張れなかった事も、普段は起こらない事。そんなのが重なってしまったのだから仕方ない。こういう日もあると考えるしかない。 それにしても西は勝ち運がないわ。ようやく勝てると思ったのに、8回に突然崩れるとはなあ。 8回の頭から球児だったら、また違った展開になったと思うが、西な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長のための敗戦

高橋遥が素晴らしいピッチングを見せるものの味方の援護はなく、終盤にグラシアルに一発を浴びて敗戦投手陣になった。悔しいだろうけど、これもエースになるための試練だと思って欲しい。 勝つにこしたことはないが、負け試合でも将来に繋がるのであれば無駄ではない。 高橋遙がエース級のようなピッチングを見せた。強打ソフトバンク相手に、6回ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生まれ故郷で勝つばい!

先制された直後に梅野のツーランで逆転。その後再び梅野が2点タイムリーで中押しすると、その後も着々と得点を重ねて快勝。 梅野が故郷で大暴れした。豪快なホームランを打ったかと思えば、次の打席では悪球を意地で三遊間に転がす泥臭いバッティング。 ここのところヒットが減っていたが、故郷に帰ってリフレッシュ出来たかな。 原口がDHで今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー好投するも引き分け

9回裏、勝利まであと一人。今宮のレフトへのライナーを福留が頭から突っ込んで捕ろうとしたが、グラブのわずか手前でバウンドして同点に追いつかれた。あと一歩前に守ってたらゲームセットだったのに。 メッセンジャーは4回に福田にソロホームランを打たれるが、8回まで2安打に抑える好投を見せた。緩急を交えて見事なピッチングだった。 不運な事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必死のグッチでサヨナラ勝ち

原口が甲子園で初ヒット。それも一番いい場面で最高の仕事をやってのけた。 同点で迎えた9回裏も既に2アウトになって、延長戦突入の雰囲気が漂っていた。しかし、ここから髙山、北條のヒットでチャンスを作り、代打原口がセンター前に弾き返して試合を決めた。 矢野監督がインタビューの最中に涙を見せた。いつも感情を表に出しているのはチームを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩田7回途中ノックアウト

岩田が6回2失点の好投を見せていたが、7回につかまり、3点を奪われ満塁のランナーを残して降板。後を受けた馬場が満弾を浴びて試合が壊れた。 7回2死1・3類で太田を迎えたところでピッチャーを代えていれば勝てたかもしれない。馬場以外のピッチャーを出していれば、あれだけの点差にはならなかったかもしれない。後ろが万全だったら違った継投にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスの数の差で負ける

両チーム共に全失点がミス絡み。1つでも防げたら負けてなかったのになあ。 前日にジョンソンを抹消。球団発表では積極的休養らしい。故障でなかったのが不幸中の幸い。 また西が負け投手になった。7回3失点だったが、自責点は0。無援護はある程度仕方ないにしても、それなら守りで足を引っ張らないようにして貰いたい。 マルテがまたファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延長勝ち越しでカード勝ち越し

9回裏、あと1球のところで同点に追いつかれたが、10回表に糸井のタイムリーで勝ち越し。最後は島本が完璧なピッチングで締めてくれた。 この日はマルテが大活躍した。初回に先制の2点タイムリー、3回には1死満塁から犠牲フライで追加点を挙げてくれた。 福留の離脱でクリーンアップで起用されてから、いい働きをするようになった。日本の野球に慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守り負けで接戦を落とす

せっかく先制したのにミスで逆転を許し、またミスで追加点を取られる。それでも打線は粘りを見せたが、あと一歩のところで相手のファインプレーに阻まれた。最後は走塁ミスのオマケつき。 植田海の走塁はベンチから当たりゴーのサインが出ていたからと言うが、やはり外野にフライが飛んだなら躊躇すべき。打球を見ることが出来ないのであれば、3塁コーチが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交流戦開幕、ドラマチックな勝利

ガン闘病から復帰した原口が9回に代打で出場 し、フェンス直撃のタイムリーツーベースを放った。セカンド到達はヘッドスライディング。原口らしい必死のパッチのプレーだった。お帰り原口。待ってたよ。 悪いながらに6回まで踏ん張ったメッセンジャー。先制タイムリーと中押しツーランの糸井。勝ち越しホームランの梅野。ダメ押しホームランのマルテ。猛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽勝のはずが辛勝

広島先発のアドゥワの立ち上がりを攻め、2回に一挙7点のビッグイニングを作る。しかし、6回に守りのミスが重なって5点を返されで追われる立場になった。何とか守屋が広島打線の勢いを止めてくれたので逃げ切れた。逆転されなくてよかった。 梅野のホームランを合図に怒涛の攻撃を見せたが、点が入ったのはここだけ。アドゥワが余程悪かったんだと思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more