後味の悪い幕切れで終戦

試合直後にツイートされた映像を見ると、西岡の足はライン上だった。また誤審かと憤慨していたが、その後のスポーツニュースの解説では、右足がライン上でも左足が内側に入っているので守備妨害なんだと。それにしても釈然とせんわ。

好投メッセンジャーが8回にとうとう力尽きて1点を失う。テレビの中継も既にホークスが日本一を決めたような実況。
まだ9回の攻撃が残っている。そう自分に言い聞かせながら見ていたら、守護神サファテのコントロールが定まらない。
先頭の上本がストレートの四球で出塁。鳥谷は見逃しの三球三振に倒れるが、ゴメス、福留も四球を選んで1死満塁。
そして、バッターは西岡。何かを起こしてくれそうな予感。しかし、結果はファーストゴロ。ホームゲッツーかと思われた瞬間、細川から1塁への送球が西岡に当たり、ボールが転がる間に二走田上がホームに滑り込む。
同点やと喜んだのも束の間。直後に西岡アウトのコール。一瞬何があったのかわからんかったが、しばらくして西岡の守備妨害を取られたことがわかった。
やっぱり、何かやらかしてくれた(ノД`)

まあ、結局2戦目以降、打線がさっぱり打てんかったのが敗因やね。
この日は先発に中4日のメッセンジャー。打線も1番マートン、5番福留、6番西岡と背水の陣を敷いた。
メッセンジャーは素晴らしいピッチングを見せてくれたが、打線の方は組み替えてもさっぱり。打順を代えるんなら、シーズン中のように上本、大和の1・2番の方がよかったのかもしれない。

振り返れば、2戦目に対戦した武田のカーブにさっぱり合わず、それで細川に緩急に弱いことを察知されたんやろね。その後の試合でも緩急を付けたリードに翻弄され、本来の力を発揮できないままに終わってしまった。
やっぱり、リーグ制覇したチームは総合力で勝っとるわ。
MVPは内川やのうて、細川にやりたいわ。

一方、こちらのMVP(世間ではこれを敢闘賞と言うらしい)はメッセンジャー。
中4日で7回2/3、134球の熱投を見せてくれた。
8回1死1・3塁のピンチで李大浩をフォークボールで空振りの三振。続く松田も追い込んでいたが、最後の力を振り絞ったストレートが少し甘く入ってしまい、センター前タイムリーを許してしまった。
誰がメッセンジャーを責められようか。
メッセンジャー、ありがとう。今シーズンのチームをよく支えてくれた。

もう一人候補を挙げるなら大和やね。打撃はさっぱりやったけど、この日だけでもファインプレー連発で4失点を防いでくれた。
センター前に落ちそうな当りにダイビングしたり、センターオーバーになりそうな打球を背走して捕ったりと、ゴールデングラブ級のプレーで盛り上げてくれた。
大和のファインプレーがなければ、もっと大差をつけられて負けてたことやろ。というより、日本シリーズに出ることが出来たのも大和の守りのお陰やと思う。

こういう負け方をしたのは悔しいけど、こっちはセリーグの覇者ではないので、日本シリーズで戦う姿を見られただけでも儲けもの。
来シーズンはリーグを制覇して、日本一を目指してもらいたいもんやね。
ええ夢見せてもろてありがとう。

"後味の悪い幕切れで終戦" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント