3安打じゃ勝てん

天敵の三浦が不在というのに、また新たな天敵作ってどうすんの。

先発久保の立ち上がり、両サイドのコースへのスライダーをことごとく取ってもらえず、ボール先行の苦しいピッチング。
ペースを掴めないままの2回、ハーパーのツーベース、吉村四球で無死1・2塁。ここで渡辺が3塁方向に送りバント。久保は3塁に投げようとするが、新井が前に出てきていたのでやむなく1塁へ送球。しかし、1塁セーフとなり無死満塁と傷口を広げる。この後、細山田、石川にタイムリーを打たれ、早々と3点を献上。
特別に悪かったようには見えなかったが、主審栄村との相性が合わなかったのかもしれない。
3回以降は7回まで散発3安打に抑えただけに、もうちょっと早く修正できていたらなあ。

逆にパ・リーグから移籍してきた山本は6回までノーヒットピッチング。7回先頭のマートンがようやく初ヒットを打ったがそれも内野安打。7回終わって外野へボールが飛んだのは2本だけで、後はほとんど内野ゴロというありさま。前回の対戦でも完璧に抑えられたが、まったく対策を打てていないと言うか、工夫が感じられない。

8回先頭のブラゼルがセンターオーバーのツーベース。もう少しでフェンスオーバーしそうな当たり。この関東遠征ではブラゼルらしい当たりが出ている。
完璧に抑えられていても終盤に反撃を開始するのがウチのスタイル。
続く城島がレフト線を破るタイムリーで1点を返す。しかし、なぜか城島がセカンドでアウト。
普通ならスタンディングダブルとなる当たり。アウトになったというのを聞いたときは、3塁を欲張ってオーバーランしたかと思った。余裕をかまして走っていたのか、それとも膝の調子が悪いのか。もし全力疾走が出来ないのなら、金本と同じように休養日を作らないといけないのではないか。

結局、ランナーが居なくなって、浅井がライトファールフライでチャンスメイクを出来ず。俊介に代打新井弟を出すがハーフスイングで三振。この代打にどういう意味があったのかよくわからんわ。
9回には檜山、マートン、平野が守護神山口から3者連続三振を喫し、最下位横浜に完敗。

完封こそ免れたが、僅か3安打の貧打。新井、俊介の確変も終わったみたいやし、しばらく尾を引きそうな気がする。




"3安打じゃ勝てん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント