小川をKO、ガンケル4勝目

序盤で小川をノックアウト。終盤に少し追い上げられたが、勝ちパターンを突っ込んで逃げ切った。

初回の無死満塁が、犠牲フライの1点だけだったので不安だったが、3回に打者一巡の猛攻で5点のビッグイニングを作った。その後もマルテのツーランで突き放し、3点差に迫られると、中野の2点タイムリーで勝利を確かなものにした。
近本が4安打。クリーンアップ全員に打点がついて、理想的な点の取り方だった。

ガンケルが6回1失点と安定感抜群のピッチングを見せ、ハーラートップの4勝目。月間MVPはもちろん、今のコンディションが維持出来れば、最多勝も夢ではない。

チーム内の状態が良すぎて、何か落ち着かない。連勝があれば連敗もあるのがシーズン。反動で大きな連敗をしない事を祈る。

この記事へのコメント