中継が終わってすぐに逆転負け

9回表2死1塁、バッターば代打山田哲人の場面でプロ野球中継が終了。しばらくして結果を見て、ひっくり返りそうになった。まあ、MBSさんの優しさと思っておこう。

山田哲人を2球で追い込んでおいて、そこから4球続けてボールで歩かせた。そして代打西浦に初球をホームランにされた。安易にストライクを取りに行ったのだろう。
岩貞は2日前にも一発を食らっている。今シーズンはリリーフ陣がよくホームランを打たれている印象がある。

打線は前の試合に続いて満塁地獄。陽川のゲッツー崩れの間の1点だけ。どうも2位の座も危なくなってきた。

青柳が我慢のピッチングで6回無失点。規定投球回数まであと少し。頑張れ。
近本は5打数ノーヒットで打率を下げてしまった。得意の固め打ちで、なんとか盛り返せ。

この記事へのコメント