読売戦の連敗をストップ

楽勝ペースが終盤に一転。スアレスがイニングまたぎでなんとか踏ん張ってくれた。

2回先頭の大山がホームランを放って先制。これで連続完封負けの呪縛を振り払う事が出来た。その後は西のスクイズや、6回にはサンズのツーランなどで5得点。打線に繋がりが出来て、ホームランも出たので一安心と言うところか。

西が8回途中で4失点。6回まで1安打に抑えていたのに、7回から急に打たれ出した。西がどうこうというより、こういうところが読売打線の怖いところやね。とにかく逆転されなくてよかった。

さあ、次は藤浪。多少当ててもいいので、思い切って投げて欲しい。

この記事へのコメント