早い仕掛けで逆転勝ち

馬場が満塁のピンチを辛うじて切り抜けると、大山の逆転タイムリーが飛び出した。後はリリーフ陣がしっかりと抑えて、連敗をストップ。

ここのところ先発の引っ張り過ぎが気になっていたが、この日は5回裏の攻撃で、1失点の岩貞に代打福留を送った。代打策は失敗だったものの、この采配が試合を動かしたと思う。

馬場は3四球も出しながら、よく踏ん張った。初勝利はそのご褒美やね。今のポジションで使われているのは、よほど矢野監督が期待をしてるんだと思う。シーズンが終わるまで1軍で活躍出来るよう、頑張って欲しい。

大山はライト前にポトリと落ちる2点タイムリー。しっかりと振れているからこそ、ああいう打球になった。ますます4番らしいバッティングをするようになってきた。

この記事へのコメント