あと一つのアウトが遠かった

前回の登板で久々の勝利を手にした藤浪。序盤は復活した姿を見せていたが、5回に先頭バッターを四球で出すと、そこからまた悪癖が出始めた。1点差にまで迫られ、會澤の片口に当てて2死満塁になったところで降板。

立ち上がりは完璧だったのに、4回から様子がおかしくなった。打順が一回りしたところからというのが気になる。配球パターンを変えた事で、おかしなスイッチが入ってしまったのかもしれない。

あと一人のところで代えたのは、いい判断だったと思う。あのまま崩れて負け投手になってしまうと、また1から実績を積み上げないといけない。岩貞、よく抑えてくれた。

打線は序盤で大瀬良をノックアウト。小幡が得意の足で大活躍。
2回にスクイズ成功で初打点。足で1塁もセーフにした。3回には満塁でタイムリー内野安打。1塁へのヘッスラに必死さを感じた。

この記事へのコメント