岩貞8回無失点、大山4番の活躍

岩貞が3安打ピッチングでDeNA打線を封じ込め、大山が2本のタイムリーで援護。最後はスアレスが失点するものの、逃げ切り成功。

岩貞、ナイスピッチング。最後まで投げて欲しかったが、球数と最終回のバッターを考えて、首脳陣が回避したかな。次は完封を目指せ。

大山は均衡を破るタイムリーとだめ押しのタイムリーの2打点。8回のタイムリーが効いた。
でも、まだがむしゃらにプレーしている雰囲気がある。あの場面で盗塁を自重出来るようになって欲しい。

球児が肩のコンディション不良でファーム落ち。その方がいい。万全な状態にして戻って来て欲しい。
この日のクローザーはスアレスだったが、当分はスアレスと岩崎との併用でいいと思う。ガルシアを後ろに持って来るのも有りかも。

この記事へのコメント