打ち疲れてスミ1敗戦

初回に先制したものの、その後は点が入らず。やはり前日の20得点の反動かな。

1点を取った後の満塁機で点が入らなかったのが最後まで響いた。あの場面で追加点を取れていたら、違った展開になっていたはず。

解説では、ヤクルトのキャッチャー西田が予想外のボールを要求していたと言っていたが、多分前日の大敗で配球を変えたんだと思う。
データーは大事だけど、そればっかりに頼るとこうなる。

ガルシアは村上のツーランの2点だけ。決して悪い内容ではなかった。逆転されてなかったら、もう少し長いイニングを投げられたのになあ。

この記事へのコメント