辛うじて連敗ストップ

延長で勝ち越した直後にドリスがドタバタしたが、相手のスクイズ失敗と髙山の必死のプレーで何とか逃げ切れた。

前日に矢野監督が打線の入れ替えをすると言ってたが、クリーンアップには手をつけず、1、2番と7、8番を代えただけ。ほとんど効果がなかったうえに、勝ち越しを決めたのが途中出場の近本と糸原のコンビと言う皮肉な結果に終わった。

下位打線の入れ替えは普段からやっていること。1、2番もこれまで変えなかった訳ではない。何とも新鮮味がない新スタメンだった。考えてみれば、昨年までよく見た打線。サプライズでも何でもない。

ともかく連敗が止まったのはよかった。
近本が打ちさえすれば勝てるのだから、打順よりどうやって近本の好調を維持させるかを考えた方がいい。

この記事へのコメント