福留50000号サヨナラ弾

守りのミスで劣勢になった試合。若手がコツコツと得点を積み重ねて追いつき、最後はベテランの一振りで試合を決めた。
流石は千両役者。ファンが思い描いたシナリオをそのまま実現してくれた。

岩貞がインフルエンザでファーム落ちしたので、高橋遙に出番が回ってきた。このチャンスにしっかりとアピールして欲しかったが、味方のエラーに足を引っ張られ、5回もたずに降板。自責点は2点だけなのになあ。
スタミナ面に不安は残るが、いい球が行っていたと思う。次に投げるときはしっかりと守ってやって欲しい。

9回裏、先頭の糸原が四球で歩くも、糸井が倒れ、大山も中途半端なスイングで三振。
福留はボール球2つを見送って、3球目をフルスイングしてライトスタンドへ持って行った。狙い球を絞って一振り。大山に4番とはこうあるべきと身をもって教えたように見えた。

2回に木浪がトンネルにフィルダーチョイスにお手玉とミスを連発。日頃いいプレーを見せてくれているのに、このイニングに限ってボロボロだった。
大山もサードゴロをセカンドへ悪送球。
最初の木浪のトンネルで、何とかしないとと焦ったのかもしれない。
まあ2人ともタイムリーを打って取り返す事が出来てよかった。

好調な近本の途中欠場が心配。単なる疲労やったらええんやけど。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック