タイムリー欠乏症で久々の連敗

9回裏、2死1・2塁。ホームランが出たら同点の場面で、大山が見逃し三振。この日の試合を象徴するような幕切れやった。

初回に満塁で福留がタイムリーを打ったきり。それ以降も再三チャンスがありながら、タイムリーが出なかった。

才木は5回5失点。初回の失点は微妙な判定で気の毒だったが、その後の失点は2死までこぎ着けながら、踏ん張り切れずにタイムリーを打たれたもの。
締まらないピッチングが少なからず攻撃に影響したと思う。打席でも送りバントを2度失敗して、チャンスを広げる事が出来なかった。
下で鍛えて、また上がって来て欲しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック