ロサリオの特大ホームランで3タテを阻止

ようやくロサリオに試合を決める一発が出た。それまでの凡退した4打席も守備のミスも全部チャラ。

前半は貧打、拙攻、拙守と、どうしようもない試合展開。このまま同一カード3連敗しそうな雰囲気だった。
それを変えたのは6回の福留のスリーベースだったと思う。キャプテンの必死のプレーがチームに喝を入れ、糸原のセカンドゴロがいレギュラーしてタイムリーになるツキも呼び込んだんちゃうかな。

7回の植田のセーフティバントと盗塁は見事だった。植田は10回にもレフト前ヒットを放つ。塁上でピッチャーにプレッシャーを与え、それがロサリオのホームランを呼び込んだ。レギュラー定着のために必死でアピールしているのがチームにいい影響を与えている。

ロサリオはこの日、3三振に3塁ファールフライとさっぱり。おまけに守備でもファールフライを2度も捕り損ねて、岩貞の足を引っ張っていた。それが最後の打席ですべてを帳消しにする勝ち越しツーラン。高めのストレートをレフトスタンド最上段へ運んだ。
糸井や福留とはまた違う、破壊力のあるホームラン。気温も上がってきたので、そろそろ量産体制に入って欲しいね。

この日は投手陣もしっかりと抑えてくれた。
岩貞はヒットを7本打たれながらも、粘りのピッチングで6回2失点。2回の押出しはストライク判定でもおかしくないボール。攻めた結果だから仕方ない。
岩崎も9回裏の大ピンチをよく凌いだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック