小野、8回途中1失点ピッチング

オープン戦、ファーム戦で無失点継続中の小野がローテ4番手で登場。変化球のコントロールが良くなり、昨年以上の成績を残せそうやね。

昨シーズンの小野は、コントロール難から球数が増え、いいピッチングをしながら中盤に崩れる事が多かった。それが、7回まで理想的な球数で、DeNA打線を僅か2安打に抑えた。
完封の期待が高まった8回。先頭の大和にヒットを打たれ、その後にエラーが絡んでマウンドを降りることになったのは残念。まあ、100点満点の内容より、少し課題を残した方が、次へのステップアップに繋がると思う。

金本監督になって、毎年新しいピッチャーが出てきている。1年目は岩貞、2年目は秋山。そして今年は小野。エース格に育ってくれたらええなあ。

ピンチの場面で当番したマテオは、代わり端にタイムリーを打たれるものの、その後はしっかりと役目を果たした。筒香への最終球、インコースへのストレートは素晴らしかった。

打線は2回に梅野のスクイズで先制。開幕から4試合連続で先制しているのはいい傾向やね。
東京ドームでは3戦ともホームランで先制。この試合はスクイズで先制。大技だけでなく、小技でもきっちり得点出来るところがいい。
このスクイズは1点差勝負と見て仕掛けたんではなく、初回の2死3塁で点が入らなかったので、2イニング続けてチャンスを潰して相手ピッチャーを調子づけたくなかったんやと思う。いいベンチワークやった。

5回に高山、鳥谷の連続ツーベースで1点を追加。高山はボールを呼び込めるようになって来た。守備面を取り返すぐらいに打ちまくって欲しい。鳥谷もセカンドの守備に慣れれば、徐々に調子を上げて来るんとちゃうかな。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック