バレンティンを避けて、鵜久森に打たれる

連勝して甲子園に帰って来て、さあここからというところで躓いた。

岩崎が鵜久森に満塁弾を浴びて3回で降板。後を受けた秋山も鵜久森にタイムリーを打たれ、4回までに5点のビハインド。5回に高山、福留の連続タイムリーで3点を返すものの、その後は打線が機能せず連勝がストップした。

坂本はヤクルト戦で先発マスクを被るのも、岩崎とバッテリーを組むのも初めて。岩崎の調子もあまりよくなかったが、坂本の経験の浅さがこ負けに繋がったと思う。

山田に打たれるのは仕方ないとしても、バレンティンを必要以上に警戒して歩かせてしまい、ピンチを広げてしまう。そして、ランナーが溜まり、苦しくなったところで鵜久森に打たれた。ヤクルトの思惑通りに試合をすすめられたような感じやった。
坂本は山田の足と鵜久森に対する配球ミスを敗因とコメントしているが、一番まずかったのはバレンティンへの四球だったと思う。もっと勇気を持ってバレンティンに対応して欲しかった。

この日は原口を休養させて、ゴメスを5番ファーストで起用した。今のゴメスは5番を務められるような状態ではない。他に5番を任せられる選手がいないから5番に据えたという感じに見える。ゴメスの打順を下げて、中谷か江越に5番を経験せた方がええんちゃうかな。

5回、2死1・2塁の場面で髙山が2点タイムリースリーベースを放つ。チャンスで「打って欲しい」と願う選手から、「打ってくれるだろう」と期待できる選手に成長したと思う。
続く福留はボテボテのショートゴロ。必死に走ってタイムリー内野安打にした。9回には大引のフライをセカンド定位置辺りまで走って捕るなど、1つ1つのプレーに勝利への執念を感じる。
負けてしまったが、序盤で点差を離されても諦めず、喰らいついて行く姿が見られたのはよかった。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 攻守に粘るもあと一歩及ばず・・・

    Excerpt: 夏のロードも終わり、甲子園に戻っての初戦。いい形でロードを締めくくれただけに、さらに勢いをつけていきたいところです。まずはスワローズを倒して・・・だったのですが。 今日も残業で前半の展開はフォローで.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2016-08-27 18:14
  • 【阪神】ヤクルトに完敗

    Excerpt: (甲子園) ヤクルト004 100 000=5 阪  神000 030 000=3 <投手> (ヤ)デイビーズ-平井-松岡-ルーキ- 秋吉 (神)岩崎-秋山-松田-安藤-藤川球- .. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2016-08-27 22:09