大差を跳ね返して逆転勝ち

中盤で5点差がついて諦め気分だったが、DeNAの継投ミスで一気に追いついた。そして最後は大和が決めた。
大和


板山が1番レフト、江越を6番に下げた打線。板山の1番には驚いた。
板山祐太郎


能見は2回に連打と四球で1死満塁のピンチを背負う。8番高城を三振に打ち取ってなんとかこのピンチを切り抜けることが出来たと思ったが、ここからピッチャーの山口のタイムリーで先制されると、関根にも打たれて3点を失った。
以前の鳥谷なら取れた打球がセンター前にポトリポトリと落ちる。江越が突っ込んでくるので、深追いせんようにしてるように見える。

6回にも2死満塁の場面で高城に走者一掃のツーベースを打たれて合計6失点。
2イニングとも2死まで踏ん張ってから下位打線に打たれている。8番、9番に5失点というのは攻め方が甘いと言われても仕方ないやろね。バッテリーともども反省やね。

3回に板山のタイムリーで1点を返すものの、6回の失点が響いて5点のビハインド。まず勝ち目はないから、どのタイミングで帰ろうかと考えていたw

しかし、7回に江越四球、陽川、原口の連続ヒットで無死満塁のチャンスを迎える。ここで山口は降板。ピッチャーがザガースキーに代わった。この継投がラッキーだった。
代打今成はショートライナーに打ち取られるが、狩野、大和にストライクが入らず2者連続の押し出し。鳥谷のタイムリーで2点差にまで迫る。
鳥谷敬


福留は三振に倒れるものの、ゴメスが4番手須田の初球を捉え、三遊間を破るタイムリーで同点に追いついた。
もし山口がそのまま投げていたら、一気に5点は取れんかったやろなあ。1点、2点を惜しんだラミレス監督の継投ミスやと思う。
マウロゴメス


8回には原口ヒット、髙山四球で作ったチャンスに、大和がレフト前におっつけて、とうとう逆転。
大和


大和はこの日3安打猛打賞。ここのところ打撃が好調。守備の人から打てる2番に変ってきた。西岡が戻ってきたら金本監督は悩むやろなあ。
大和

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】DeNAに大逆転勝ち!

    Excerpt: (甲子園) DeNA030 003 000=6 阪  神001 000 51X=7 <投手> (D)山口-ザガースキー-田中-須田 (神)能見-高宮-ドリス-マテオ ○ドリス1勝 Sマテオ.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2016-05-03 12:43
  • 【2016観戦記-13】vs.ベイスターズ 8回戦@甲子園【○7-6】

    Excerpt: ゴールデンウィーク3試合目。今日も参戦しました。 この3日間は、本当に天気もよくて、今日もびっくりするくらいの好天。だんだん暑さも増してきましたね。 Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2016-05-03 21:25