球児、復帰初勝利! 終盤は若虎祭り!!

不安な立ち上がりを見せた球児だったが、途中から立ち直って6回無失点。終盤には北條がプロ初ヒットをホームランで飾り、江越もとどめをさすホームランで快勝。

ファーム戦で原口が連日のホームランを放ったらしい。早く背番号が2桁になればええね。

初回、髙山がヒットとボークへ2塁へ進む。ヘイグのヒットで1・3塁としたところで、福留が飛距離十分な犠牲フライを打ち上げて先制。更にゴメスのレフトスタンドへのホームランであっという間に3点をリード。

3点の援護をもらった球児だったが、初回からボール先行の苦しいピッチング。この回はなんとか抑えたが、2回に倉本、柴田に連続四球を与えて、無死1・2塁のピンチを迎える。
ここで香田コーチがマウンドに行って間を取ると、ここから高城、石田から三振を奪い、山下幸をピッチャーフライに仕留めて切り抜けた。
すると3回からはコントロールが安定し、6回までスイスイと2安打ピッチング。勝ち投手の権利を持って91球で降板した。
立ち上がりは心配したが、流石はベテランやね。コーチの一言できっちりと修正した。梅野も粘り強いリードでよくアシストしてくれた。

7回表、球児の代打に北條を起用。バッティングカウントから変化球を捉えると、低い弾道のライナーがレフトスタンドに突き刺さった。
あの打球を見たら、また使ってみたいと思ってしまう。そんな打球やった。
ショートには鳥谷という高い壁がある。サードの控えは今成、セカンドの控えには大和が居る。右の代打には狩野が居る。北條に与えられるチャンスは僅か。そのチャンスを見事にものにした。北條の野球人生を変える一打になるかもしれん。

9回、大和を2塁に置いて、バッターは江越。甘く入った球を一閃すると、打球はきれいなアーチを描いてレフトスタンドへ。
江越もキャンプ中は外野の一角を争っていた。しかし、首脳陣の目には髙山、横田に比べて何か物足りなく見えたんやろなあ。
この打席のように、変化球への対応がしっかりと出来れば、ポジションを狙えるんとちゃうかな。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】DeNAに連勝!【2016観戦試合?】

    Excerpt: (横浜) 阪  神300 001 112=8 DeNA000 000 003=3 <投手> (神)藤川球-榎田-高橋-金田 (D)石田-長田-福地 ○藤川球1勝 ●石田1敗 <本塁打.. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2016-04-05 22:58
  • 【2016観戦記-7】vs.ベイスターズ 3回戦@浜スタ【○8-3】

    Excerpt: 昨日に引き続き、今日も浜スタへ。 朝から雨が降っていて、ちょっといやだなぁと思いましたが、浜スタにはちょっと早めに到着しました。開門30分前くらいだったかな?小雨でしたが、とりあえず傘はいらないレベ.. Weblog: りが・みりてぃあ野球殿堂 racked: 2016-04-06 00:51