メッセンジャー見殺し、連日のサヨナラ負け

メッセンジャーの力投に打線が応えられず。最後は柴田のタイムリーエラーでサヨナラ負け。打てない守れないでは勝てんわ。

マートンを外して鳥谷、ゴメス、福留のクリーンアップ。それに、とりあえず相手ピッチャーに合わせて右を並べてみた打線。そんなもん機能するはずがないわな。
選手個々も自分の役割を考えずに打席に立って、凡打を繰り返しているとしか思えん。もっと必死にプレーする姿を見せて欲しい。鳥谷、見逃し三振で苦笑いしてる場合とちゃうで。バットを叩き折るぐらいの悔しさを出せ。

メッセンジャーは9回を投げ切って無失点。9回無死1・2塁のピンチも後続を力でねじ伏せて凌いだ。
これだけのピッチングをしながら勝てんのは本当に気の毒。腐らんと次の試合も無失点記録を続けてもらいたい。

10回裏、1死1・2塁のピンチで、安達のセンター前ヒットを柴田が弾いてサヨナラ負け。
別にチャージを掛けた訳でもなく、普通にゴロを処理するだけやったのになあ。そういえば前に甲子園で観戦したとき、イニング間のキャッチボールでポロポロやってたなあ。ボールの扱いが雑なんとちゃうか。

2日続けてサヨナラ負けはきつい。それ以上に守り勝つしか勝ち目がないのに、エラーで試合を落としたのが痛い。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック