岩本、3年ぶりの勝利

藤浪や能見が3点も4点も取られて中盤で交代してしまうのは問題だが、岩本の場合は5回2失点でも上等だと思っていた。
それが初登板で7回まで投げて1失点。それも神宮のヤクルト戦でこの成績は出来すぎやで。

岩本は、素晴らしい立ち上がりで3回までパーフェクトピッチングを見せる。
しかし、2巡目に入る4回に突如打たれ始めた。山田、川端の外野フライは完璧に捉えられたものだったし、田中浩のヒットはともかく、雄平には右中間を破るツーベースを打たれる。
その後はピッチングが再び安定したので、2巡目に入ってバッテリーが配球を変えたのがうまくいかんかったんとちゃうかな。
7回に2度目のピンチを招くも、最後の踏ん張りで最少失点で切り抜けて、勝ち投手の権利を持って降板。

8回、遼馬がツーベースと四球で1死1・2塁のピンチ。川端の打球はライトオーバーの打球。これを福留がいったん捕球体勢に入る格好をしたうえで、フェンスから跳ね返ったボールを処理。福留のプレーにだまされた二走荒木はスタートが遅れ、余裕でホームでアウト。
両チームの監督すら下をまいた福留の経験と準備の素晴らしさ。この試合の陰のヒーローやね。

9回、呉昇桓がランナー2人を出しながらも1点を守りきって試合終了。

打線の方は、そこそこヒットは打っているものの、どうも繋がらない。
6回、福留のレフトフライをユウイチが落球して2死2塁。ランナーを得点圏に置いたものの、後ろは梅野、大和とお寒い下位打線。
しかし、梅野が四球で塁に出ると、大和がライトへ追っつけてタイムリーツーベース。1塁から梅野まで還って来て、ようやく2点を先制した。
外のボールが多いという傾向から、右打ちを狙ってたらしい。ええよ、それで。調子が上がって来るまでは狙い球を絞っていったらええねん。

開幕以来、接戦が続いている。いつになったらすんなりと勝てるんやろか。
呉昇桓が本調子でないだけに、もっと打線が頑張ってくれんとしんどい。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 【阪神】ヤクルトに逃げ切り勝ち!

    Excerpt: (神宮) 阪  神000 002 000=2 ヤクルト000 000 100=1 <投手> (神)岩本-松田-安藤-呉昇桓 (ヤ)石山-古野-オンドルセク ○岩本1勝 S呉昇桓2S ●石山1敗 .. Weblog: FUKUHIROのブログ・其の参 racked: 2015-04-02 21:08