マエケン打ち崩して連敗ストップ

神宮で連敗して、移動日なしで大阪にとんぼ返り。待ち構えているのはマエケンという悪条件。よく勝てたもんやね。

岩田が7月の月間MVPを受賞。この勢いで防御率トップも取ってもらいたい。

藤浪は初回、広島の速攻で1点を失うと、3回には上本のタイムリーエラーで序盤に3失点。マエケン相手に3点差は厳しいと思っていたが、直後の3回裏に同点に追いついた。

四球2つでランナーをためたところでゴメスとマートンの連続タイムリー。昨年は難攻不落だったマエケンも、今シーズンはリズムを崩す場面が目立つ。また、それがゴメス、マートンに繋がるところだったのはラッキーだった。

6回に福留のソロホームランで勝ち越すと、7回にはエラー絡みで3点を追加。
考えてみれば3回のゴメスのタイムリーもショート田中のエラーみたいなものなので、広島が自滅してくれたようなもんやね。

藤浪は安定したピッチングで、7回5安打3失点。この日のように、100球めどにしっかりと投げてもらって、勝ち星を増やしてやる方がええんちゃうかな。

終盤は福原が打たれてバタバタしたが、呉昇桓がイニングまたぎでなんとか凌ぎ、カード初戦を勝利。
ヤクルト戦のような尻すぼみにならんように。

この試合で伊藤隼が3安打猛打賞。今成に続いて、新たなマエケンキラーとなってくれるかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック