ワンチャンスをものにして連敗ストップ

岩田が8回1失点の好投、日ハム先発 上沢の一人相撲もあって僅か3安打に関わらず余裕の勝利。取り合えず連敗を止める事が出来てよかった。

岩田は初回、先頭の陽にツーベースを打たれて不安な立ち上がりだったが、その後後続を断って無失点で切り抜けた。
2回にも内野安打と四球でランナーを溜めるが、ここも何とか無失点に抑えると、その後は修正出来たようで、安定したピッチングを見せてくれた。
7回、大引、ミランダの連打で無死1・2塁のピンチを迎えるが、内野ゴロの間の1点だけに抑えた。

立ち上がりをしっかりと抑えてくれるに越したことはないけど、ここのところ初回にランナーを出しても落ち着いて打ち取ってくれている。岩田が登板する度に初回の結果を気にしてたけど、そろそろその心配も要らんのかもしれん。

打線は3回に打者9人の攻撃で4点を奪う。と言っても上沢の自滅やったんやけどね。
先頭緒方がツーベースで出ると、岩田の送りバントがフィルダーチョイスとなって無死1・3塁。上本が歩いて満塁となって、1死から鳥谷が四球を選らんで押し出しで先制。
昨日ノーヒットだったゴメスが、アウトローのボールを右に運び、右中間を破る走者一掃のタイムリーツーベース。この回僅か2安打で一挙4点を奪った。
よくぞ引っかけずに右に追っつけるバッティングをしてくれた。いつものように強引なバッティングをしていたらゲッツーの可能性もあっただけに助かった。

この後、マートンにも結果を出して貰いたかったが、審判のストライクボールの判定にキレて、やる気なしモードに入ってしまった。
いつもながら喜怒哀楽が激しいというか、まるで子供やね。年に1・2回はこういうのあるなあ。
この日は何か問題を起こす前に懲罰交代させた。この措置はよかったんちゃうかな。和田監督にしては素早い決断やったね。

この試合、梅野がスタメンマスクを被り、最後まで出続けた。最後は呉昇桓の球も受けさせてもらうことが出来て、大きな収穫やったと思う。
これからも自分で組み立てが出来るピッチャーの時は梅野をどんどん使って欲しいもんやね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック