鳥谷通算1500安打達成も、リリーフ陣崩壊で惨敗

途中まではいい試合やったんやけどなあ。中盤以降出てきたピッチャーが次から次へと炎上して、今季交流戦初の連敗。聖地であんな試合を見せたらアカンわ。 初回、西武先発の菊池の立ち上がりを攻め、大和四球、鳥谷のヒット、ゴメス死球で満塁。このチャンスにマートンのセンター前タイムリーで2点を先制した。 幸先よく見えたが、その後新井兄弟が揃っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

呉昇桓自滅で逃げ切り失敗、またも初戦を落とす

2度追いつかれても、すぐさま脅威の粘りで突き放す打線。呉昇桓に繋いでこのカードこそは先勝と思ったんやけどなあ。 1点リードの9回表。呉昇桓は先頭の金子侑をヒットで出すと、すぐさま盗塁を決められる。秋山にはボール先行で四球を与えると、続く脇谷のバントを呉昇桓がサードに悪送球して同点に追いつかれ、なおも無死2・3塁。栗山は空振りの三振…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、壁を乗り越え、8回3安打無失点の好投

藤浪が全開登板のときとは別人の様なピッチングを見せて、ようやく7回の壁を乗り越えた。想像以上に長かったね。次の目標は完投、完封やで。 スタメンは2番に今成を入れて、大和は9番。大和にはランナーを進めなアカンというプレッシャーがない打順で、自分のバッティングを取り戻してもらいたい。 壁、壁、壁と言われている内にピッチングフォー…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

岩田、ピンチで踏ん張れず

DH新井を楽しみにしてたら、意外にも4番ゴメスがDH。新井は6番ファーストでスタメン出場。ゴメスの疲労を考慮したらしい。まあ、ファーストの守備は安定してるので、これはこれでええか。 先発岩田がスムーズに立ち上がってホッとしていた矢先、3回に四球と送りバントで得点圏にランナーを進められると、良太のエラーで1死1・3塁のピンチ。ここか…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

貰いもんの勝利

両チーム拙攻拙守の連続で、終始イライラ、ハラハラの連続。ホークスファンも同じ気持ちで見ていた事やろね。それにしてもよく勝てたもんやね。 初回、上本がヒットで出塁し、大和の内野ゴロでセカンドへ進むと、鳥谷のタイムリーで先制。 気持ちよく点を取れたのはここだけ。後は中田を攻めながらも牽制死や4つの併殺を喰らい、自力では点を取れなかっ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

せっかく貰ったチャンスをものに出来ず

終盤は追い風やったのに、結局最後まで流れを掴む事が出来んかったなあ。 7回の攻撃がすべてやったなあ。 今成、福留が連続四球で出塁。ここで鶴岡がバントを出来ず、追い込まれた末にワンバウンドの球を振って三振。それでも代打関本が死球で1死満塁になり逆転のチャンス。 ところが、上本、新井が三振に倒れて無得点に終わる。皆ボール球を振らさ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

元4番と現4番のホームランの共演でオリックスに勝利

敗色濃厚と思われた試合を新井とゴメスのホームランでひっくり返した。中盤以降をしっかり抑えてた加藤と安藤もよかったで。 3点ビハインドの6回、オリックスは逃げ切り体制に入り、マウンド上には比嘉。 しかし、ここから打線が最近にない粘りを見せた。 マートンがエラーで出塁すると、今成がヒットで続いてチャンスを広げる。福留は大きなセンタ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤浪2回KO、オリックスにボロ負け

藤浪が2回6失点でKO。後のピッチャーも次々打たれてオリックスに大敗。3回終わった時点で帰ろかと思たわ。 藤浪は初回、先頭の平野に四球を出すと、山本の送りバントを1塁へ悪送球してピンチを広げる。その後、内野ゴロの間に1点を失うと、糸井に四球を与え、坂口のタイムリーで初回3失点。 2回も先頭の伊藤を歩かせると、西にバントを決められ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

いい感じで交流戦に挑む

投手陣が頑張ってくれて、交流戦前の最後の試合に勝利。アンパイヤと浜風の後押しもあったけどね。 2回、ゴメスのソロホームランで先制。打った瞬間それとわかる当たりだった。ここ1週間ほど外のボールを追いかけて三振するのが目立っていたが、修正できつつあるという感じやね。 先発の岩崎はシーズン当初の輝きを取り戻したようなピッチング。や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー、マートン、レジェンドの域に到達

メッセンジャーが甲子園で3試合連続で完封を成し遂げ、村山、バッキ-と並んだ。マートンはこの日1安打して、バースの743安打に並んだ。2人とも球団史に名を刻み、バッキ-やバースの様に今後何十年もの長きに渡って語り継がれていくことになるんやろね。 この日はライトスタンドから観戦。あっという間にDeNAの攻撃が終わってしまうテンポのよい…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

退屈な試合、終盤にちょっと盛り上がっただけ

何か書こうという気がまったく起こらんわ。また苦手ピッチャーを作ってしもたか? 能見は初回、石川に意表を突くバントヒットで出塁されると、その後2死からバルディリスへの四球、筒香のタイムリーで早々と先制される。 2回にはピッチャーの井納にスリーベースを打たれる。ここはなんとか抑えたものの、3回には梶谷にツーベースを打たれると、その後…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

岩田、粘りのピッチングで米子対決はタイ

やや不安なところもあったけど、岩田が無傷の3勝目をマーク。前日に安藤を2イニング投げさせているだけに、よくぞ8回まで投げてくれた。 岩田は初回、先頭の梵にツーベースを打たれると、送りバントで3塁に進められ、丸にタイムリーツーベースを打たれる。どれもすべて初球。たった3球で1点を失った。 また悪い時の岩田かと思って見ていたが、その…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

後ろの投手の差で広島にサヨナラ負け

延長12回裏、二神がイニング先頭の梵に一発を浴びてサヨナラ負け。呉昇桓の力投を手に汗握って見ていたあの時間はなんやったんやろと思うくらい、あっさりと決着がついてしまった。 この日の先発は藤浪。昼間の試合で、日ハム大谷がプロ初完封を成し遂げたのを見て奮起したたのか、初回から力の入ったピッチングを見せてくれた。 打線は3回に初ス…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー、虎の子の1点を守って完封勝利

メッセンジャーが前回登板のリベンジを果たし完封勝利。それも鶴岡のタイムリーの1点を守り切っての勝利。カード負け越したけど、菅野に初の黒星を付けただけでも収穫はあったんちゃうかな。 福原が内転筋の張りで抹消。マートンは下痢の為に欠場。なんかケガ人、病人が多いねえ。ヤクルトの様にならんとって欲しい。 福原の代わりは秋山が登録されて中…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

采配がぶれて逆転負け

ピッチャー交代直後の被弾で逆転負け。最近このパターンがあまりにも多い。それに、競った試合になると、リリーフ陣の層の薄さがが目立つ。それに加えて、采配がぶれてたら勝てるわけがない。 先発の榎田は、この日はコントロールがよくまとまっていて、四球はわずかに1つ。その1つの四球が失点に結びついたのは反省点ではあるが、6回を1失点と好投した…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

能見、またも終盤に崩れて9連戦負け越し決定

ウル虎の夏の限定ユニのお披露目。今年は甲子園の芝生をイメージして緑にしたんだとか。どことなくアスレチックスのようなユニで、そのせいかマートンとゴメスは似合ってた。 ところで、去年は限定ユニを着た試合であまり勝ってなかったんちゃうかな。今年の緑ユニも苦戦するんかなあ。 この日は1番セカンド荒木。上本が離脱してから、ほぼ毎試合セカン…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

岩田好投も和田スパイス効かずサヨナラ負け

岩田が2試合連続の好投を見せるも、打線がふるわず。残念やが、これが本来の岩田の姿のような気がしなくもない。 先発岩田は初回先頭の荒木にヒットを打たれると、大島にはストレートの四球で無死1・2塁。 また悪い癖が出たかと思っていたが、続くルナがボール球を振って三振してくれると、平田をセカンドゴロゲッツーに打ち取ってこのピンチを切り抜…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

初物相手に完封負け

中日の予告先発は川上だったが、試合前練習中の腰の違和感のため登板を回避。先発投手が2年目の濱田に代わった。相手は緊急登板で準備が出来ていない筈なのに、それ以上にデータ不足、準備不足だった打線は沈黙。どんだけ初物に弱いんや。 打線は濱田の前に三振と内野ゴロを量産。ボールがしっかりと低めにコントロールされてたし、カウントを整える小さな…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

梅野の一発で総力戦を制する

野手も投手も使い切っての総力戦。チーム一丸でつかみ取った勝利やね。梅野もベンチの采配もお見事。 先発藤浪は6回を3安打2失点5四死球。ボールそのものの威力はあったけど、ストレートが抜けていたり、低めの変化球をボール判定されたりと、制球に苦しんでいた。それでも鳥谷のファインプレーなどもあって、6回を2失点で降板。 得点を取って貰っ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

投手陣乱調でヤクルトに惨敗

先発が早い回で崩れるとこうなるという見本のような試合。それにしても、バレンティンを欠くヤクルト打線に17安打13失点とはねえ。 この日のセカンドは大和。センターには俊介を起用。これまで何度もヒット性の当たりをアウトにしてきた大和をセンターから外すのは、やっぱり守備力の低下に繋がると思う。 それに大和も元々内野手なので無難に守備を…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

鶴-梅野のバッテリーで連敗をストップ

右手親指の骨折で上本が離脱。代わりに荒木が登録され、セカンドスタメンで出場。打順も大和を1番に繰り上げて、2番俊介、8番荒木としたが、どうもしっくりとせんなあ。 先発の鶴は初回3人で終わらせ、先ずは立ち上がりはOK。 すると、直後にマートンのサードゴロを川端が弾いてツーベースになると、梅野のピッチャーゴロをナープソンが1塁へ悪送…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

能見続投が裏目、9連戦初戦を落とす

エース能見で9連戦の初戦を落とした。下位球団との対戦なので、頭は確実に取って欲しかったし、そのための能見先発やったんやけどなあ。 この日の能見は全般的に球が高かった。ほとんど鶴岡の要求通りに投げられてなかったんちゃうかな。 それでも球威とキレはあったので抑える事ができていたが、やはり終盤に疲れが出たところで集中打を浴びた。 2…
トラックバック:3
コメント:1

続きを読むread more

最終回の粘りで、ルーキーに完封されるのだけは阻止

それにしてもいいピッチャーとの対戦は相変わらずさっぱりやね。いくらドラ1と言ったとこで1年生。スコアラーは何をしてるんかと言いたい。 岩崎は5回途中3失点で降板。ロサリオのホームランはボールが高かった。4回の2本のタイムリーもやや甘めやったかな。 球速がないのを球持ちと低めへの制球で補っているピッチャーなので、コントロールが悪か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

首位決戦に連勝するも課題の残る試合

序盤の集中打で広島に連勝。ゲーム差なしで首位に並び立った。でも、あんな試合してたら、いつかは足下を掬われるで。 2回、マートンの日米通算1000本安打、良太のヒットでチャンスを作る。福留もライト線へポトリと落ちる当たりだったが、アウトセーフの判断が難しく、良太がスタートを切れずにセカンドフォースアウト。 せっかくのヒットがライト…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more