福留200号HR達成、メッセ2安打完封

息詰まる投手戦。こんな試合、今シーズン初めてちゃうか。そして投手戦にありがちな、勝敗を決める一発。それを福留がメモリアルアーチで決めてくれた。 この日は用事があってライブでは見れず。Tigers-netで要所だけを確認。 ボールが規定範囲の統一球に戻ったせいかどうか分からないが、素晴らしい投手戦になった。 メッセンジャー、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

拙守拙攻で反撃の芽を摘む

今シーズンは序盤に離されても逆転しそうな雰囲気があるけど、あれだけ攻守にミスが出たら流石に勝てんわな。 歳内は2回1/3で4失点KO。得点圏にランナーが居ると、ストライクゾーンにボールが行かなくなり、カウントを整えようとして打たれていたような感じに見えた。 打たれたくないという気持ちが強すぎて萎縮するんかな。打線の調子がええんや…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

岩田覚醒、完投勝利でDeNAに連勝

信用失墜してから久しい岩田が、この日は別人のような素晴らしいピッチングで完投勝利。本人も忘れてしまうほどの遠い昔の岩田が戻って来た。 藤井が登録抹消。即刻抹消したということは、右足甲の痛みは骨折なのかも。そうなると長期離脱は避けられんなあ。 代わりに上がって来たのは捕手ではなく渡辺。捕手2人体制になって、梅野が試合に出られなくな…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

20安打14得点でDeNAに大勝

鳥谷が4安打3打点、大和が3安打2打点、それ以外の選手にもまんべんなくヒットが出て大勝。まあ、あれだけ相手ピッチャーの状態が酷かったら負けるわけにはいかんわな。 DeNA先発の三嶋から、初回に鳥谷のホームランで先制。その前の上本、大和もいい当たりだったので、なんとなく大量点の予感はしていた。 2回は、得点にこそならなかったが、四…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

岩崎7回無失点で中日に勝ち越し

岩崎が7回5安打無失点で2勝目をあげた藤浪があれだけ7回の壁に苦労しているというのにね。 球数も94球。コントロールがいいと言うのは武器やねえ。安心して試合を見ていられるわ。 この日は岩崎と鶴岡のバッテリー。低めにボールをコントロールしているのはいつも通りだが、この日は内外も有効に活用していた。打線が好調なので思い切った配球の組…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

チャンスで攻めきれずにメッセンジャー見殺し

まあ、こういう日もあるわ。この試合、6回の攻防がすべて。同じ1死満塁で点を取れたか取れなかったかが勝敗を分けた。 阪神は福留、梅野が内野フライに倒れた。一方中日は5番森野、調子のいい堂上直のタイムリーが出た。 打順の巡り合わせが悪かったのは確かだが、ここが勝負どころと思ってこのイニングに新井を出したんやったら、次の手を打たんとア…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、好投しながらも自滅(´д`)

うーん、藤浪にとって100球の壁は相当厚いんかなあ。この日も好投しながら、終盤に四球と自らのエラーで自滅。打線の勢いでチームは勝ったけど、将来のエース候補がこれやと思いやられるわ。 1つ前の記事で、藤浪がDeNA戦で逆転弾を浴びたときの写真を載せたのが悪かったんかなあ。 打線は2回にマートンが四球、今成のヒットで1・3塁とすると…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

4/8DeNA戦の写真

4/8、甲子園でのDeNA戦の写真。 甲子園開幕戦の先発は藤浪と久保。 藤浪は1週間前の中日戦で、中盤に打ち込まれて6失点でKOされた。 リベンジ登板の今回は、6回まで僅か2安打に抑える素晴らしい内容。 一方、久保はランナーを出しても落ち着いたマウンド捌きで4回まで無失点。 しかし、5回に田上のヒッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日の逆転勝ちでヤクルトを3タテ

2試合連続で逆転勝ちということは、2試合連続で先発ピッチャーが崩れたということ。打線の勢いと後ろのピッチャーの踏ん張りでなんとか勝ち星をつけてもらったけど、喜んでたらアカンで、岩田。 岩田は初回先頭の山田に左中間フェン直のツーベースを打たれると、続く上田のバント処理でサードに悪送球して先制を許す。その後四球とダブルスチールで2・3…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

5点差撥ね返して逆転勝ち

先発がガタガタと崩れて負け試合となる事が濃厚だったのに、一転して逆転勝ち。この勝利は大きいわ。若虎の活躍のお陰やね。 榎田は初回、いきなり満塁のピンチを迎え、畠山、中村の連続タイムリーで3点を先制される。不運な当たりもあったけど、結局は四死球絡みで失点。これまでと同じパターンというのがねえ。 2回は三者凡退に打ち取って、立ち直り…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷猛打賞、能見ハーラートップの3勝目

広島戦の連敗を引きずってしまわないか心配してたけど、ライアン小川を文字通り粉砕して勝利。後ろのピッチャーも形になって来た。 初回、小川の立ち上がりを攻め、上本のヒット、大和の送りバントで1死2塁。ここで調子が上がって来た鳥谷がレフト前に運んで1点を先制。 この後、ショート西浦の2つのタイムリーエラーでこの回3点。これがなかったら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

負けたけど収穫はあり

試合の方はメッセンジャーが乱調で6回6失点。打線もバリントンに8回散発5安打に抑えられ完敗。マートンも神パワーをエルドレッドに吸い取られたような感じやったね。まあ、こんな日もあるわ。 そんな中で収穫はゴメスのホームランと伊藤和の復活登板。 ゴメスはこれで開幕以来18試合連続出塁。自分の記憶が確かなら、ヒットが無かったのは1試…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

大瀬良を打ち崩せず連勝ストップ

岩崎と大瀬良のルーキー同士の対決は大瀬良の勝ち。初物に弱いというジンクスに加えて、あれだけのピッチングをされたら、そうそう打てませんわ。奈々(7)の呪いもあったんかも。 岩崎は過去2回の登板では、徹底的に低めに球を集めていたが、それに比べるとこの日は球が少し高かったように見えた。 2回、無死1・3塁のピンチをゲッツーの間の1点だ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、今季初勝利&プロ初HRで6連勝

藤浪が3戦目にしてようやく勝利。打線の援護に守られて、中盤になっても崩れる事なく7回を投げ切った。打つ方でも第3打席に野手顔負けのプロ初となるホームランを放ち、自らの勝利に華を添えた。 藤浪は立ち上がりからストレートの伸び、変化球のキレがよく、初回は僅か9球で三者凡退に打ち取る好スタート。 2回先頭のエルドレッドに一発を浴びて先…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

4/2中日戦の写真

4/2の京セラドームでの中日戦。この日は1塁側内野指定から観戦。 先発はD6岩崎。 5回を無失点と予想外の好投。 新人の好投に応えるべく、打線は4回に先制。 無死満塁のチャンスから、ゴメスが押し出し四球を選び、まずは1点。 マートンはライトへの犠牲フライ。 そして、良太、俊介の連続タイムリーでこの回4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関本、必死のパッチのサヨナラ打で読売を3タテ

4年振りの甲子園での読売戦3連勝。東京ドームでは圧倒的な力の差を感じていたが、打線さえ封じ込めてしまえば互角以上の戦いができるやんか。榎田、安藤、ナイスピッチ! 先発は榎田。この試合で結果が残せなかったらファーム行きの崖っぷちでの登板。 ここ2試合は先発が完璧なまでに読売打線を封じ込めて勝ったが、榎田がどこまで通用するのか不安が…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

エースとキャプテンが復活!

今シーズン初めてライスタで観戦。中盤以降はもうお祭り状態。久しぶりに声がかれたわ。 打線は相変わらずの好調。不調だった鳥谷も猛打賞。そこへ持って来て、能見が素晴らしいピッチングを見せたら、そら勝って当たり前やね。 内海攻略の突破口を開いたのは良太。2回、センターバックスクリーン左へソロホームラン。 4回にも2死1・2塁の場面で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

神の一撃でメッセンジャー今季初勝利

メッセンジャーが126球の力投で今季初勝利。先発が崩れることが多かった今シーズン、メッセンジャーがしっかりと試合を作ってくれた。 メッセンジャーは四球こそこそ多かったが、7回まで読売打線を杉内のヒット1本に抑える力投。一方杉内も5回までノーヒットピッチング。こんな投手戦、今シーズン初めてやん。 6回表、上本がチーム初ヒットで…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

統一球問題再び

今度は違反球!抜き打ち検査で飛びすぎ判明、NPB緊急会見  今度は違反球-。日本野球機構(NPB)は10日、今季1軍の試合で使用している統一球の反発係数を検査した結果、基準値を上回っていたことを発表した。開幕2戦目の3月29日に実施した抽出検査で、6球場中5球場でアグリーメント(申し合わせ事項)で定めた上限(0・4234)を超えた。N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤審に負けず、今シーズン初のサヨナラ勝ち!

阪神先発は歳内。開幕直前に結婚を発表し、そして昨日長女が誕生…って早過ぎじゃ!分かってたんやったらオフの間にちゃっちゃと入籍しとけwww 歳内は序盤、変化球のキレがよく、横浜打線を2安打に抑える好投を見せた。 3回裏に大和のタイムリーで2点を先制してもらい、岩崎に続いてプロ初勝利となるかと期待していたが、4回から突然ボールが高め…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

岩崎、粘りのピッチングで7回1失点

岩崎が甲子園デビュー。前回同様に低めを丁寧に突くピッチングで7回を1失点。打線がもうちょっとそつなく点を取っていれば、77年ぶりの新人初登板2連勝やったのにねえ。勝ち星は付かなかったけど、勝ちに等しいと思う。それに、投壊にブレーキを掛けた事がなによりやね。 毎回の様にランナーを出しても、新人らしからぬ落ち着きで後続を断ち、スコアボ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、完封ペース一転、7回一挙5失点で逆転負け

甲子園開幕戦。まさかの終盤大逆転負け。すべてにおいて課題の残る試合やったなあ。 DeNA先発は久保。ランナーを出しても落ち着いたマウンド捌き。 ゴメスもボールになる球を振らされて、2打席連続の空振三振。久保の術中に嵌まっていた。 しかし、5回に田上のヒットを足がかりに大和、ゴメスのタイムリーで2点を先制。 6回にも藤井、…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

4/1中日戦の写真

初めてフィールドシートで観戦。座席はクッションが効いていて、座席周りも広く、ゆったりと試合を楽しむ事ができた。高いけど、それだけの値打ちがある。 フィールドシートの入り口では先ずグローブが渡される。そして、席にはヘルメットとゴーグルが常備されている。 ネットがないので危険なんやけど、ゴーグルまではいらんと思うんやけどなあ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終盤の猛攻で逆転勝ち

両先発があっという間にKOされ、前日同様に点の取り合いになったが、この日は打力の差で勝つ事ができた。それにしてもこんな試合が続いたら、投手陣はもたんぞ。 2回、上本の対jむりーで2点を先制。更に鳥谷の内野安打でヤクルト先発の中沢をKO。個々までの流れは悪くは無い。しかし、その裏ヒットと2つの四球で1死満塁のピンチを迎える。続く山田…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

マートン7打点も投投壊で敗戦

どれだけマートンが点を入れても、出てくるピッチャーがことごとく打たれてしまう。今年の投手陣はいったいどうなってんねん。クリーンアップが8点取って負けるチームってちょっとないぞ。 秋山を1軍登録した関係で、岩本を抹消。これがこの試合を苦しい展開にした原因の1つかもしれんね。 初回、ゴメスのタイムリー、マートンのツーランで3点を…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

勝利への執念を見せてくれ

スワローズも調子がイマイチだし、小川をそれほど苦手ともしてない。それに加えて燕キラーのメッセンジャーが先発なんやから、3連勝を決めて欲しかった。 なのに試合が始まってみるとメッセンジャーの調子があまりよくなく、逆に小川がのびのびとしたピッチングを見せ、打線が沈黙。マートだけが孤軍奮闘するありさま。 メッセンジャーは2回に森岡のタ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

能見、スキッとせん今季初勝利

開幕戦の悔しさを晴らすべく中5日のマウンドに上がった能見だったが、本調子からはまだ遠い内容だった。それでも1つ勝ったことでホッとしてることやろね。 初回を簡単に3人で終わらせ、いい感じで立ち上がった。しかし、その後は毎回ランナーを背負いながらの苦しいピッチングで、バックに助けられながら、辛うじて5回までは0点に抑えたという内容。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

岩崎、5回無失点でプロ初勝利!

投壊状態の中、ルーキーが素晴らしいピッチングを見せてくれた.まさに孝行息子やね。 打線の方も前日の鬱憤を晴らすかのように大爆発。久しぶりの応援疲れが心地ええわ。 岩田がファームでも打たれまくったことで、偶然廻って来たチャンス。 しかし、チームは読売に力の差を見せつけられ、前日の試合では中日に2桁失点の完封負けしていて、ルーキー…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

またも投壊、チーム防御率9.79

開幕して4試合36イニングで37失点。被安打60、21与四死球。キャンプ前から投手陣は不安やったが、ここまで酷いとは思ってなかった。 西岡は精密検査の結果両方の第一肋骨骨折で登録抹消。 肋骨を折った事あるけど、息をする度に地味に痛いし、完治するのに結構時間が掛かるんよね。 福留の方はスタメンで出場。でも、イニング間のキャッチボ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

中継ぎ崩壊でまたも大敗

あまりにもショッキングな事故が起こり、その動揺を引きずったかのような大敗。 2回、大竹の浅いフライを福留が背走して追いかけた。キャッチする瞬間にライトからボールを追って来た福留と激突。福留はしばらくして立ち上がったものの、ぶつかった反動で後頭部からグラウンドに叩きつけられた西岡はピクリともしない。 だいぶ経ってから手が動き、それ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more