終盤の猛攻で逆転勝ち

両先発があっという間にKOされ、前日同様に点の取り合いになったが、この日は打力の差で勝つ事ができた。それにしてもこんな試合が続いたら、投手陣はもたんぞ。

2回、上本の対jむりーで2点を先制。更に鳥谷の内野安打でヤクルト先発の中沢をKO。個々までの流れは悪くは無い。しかし、その裏ヒットと2つの四球で1死満塁のピンチを迎える。続く山田の当たりはセカンド上へのゴロ。鳥谷が追いついていたのに打球はグラブをかすめてセンター前に転がり同点に追いつかれる。更に、川端の犠牲フライで逆転を許し、ここで榎田もKO。両先発が2回もたず降板し、またも波乱含みの試合展開。

2番手はこの日登録されたばかりの渡辺。2回は何とか切り抜けたが、3回2死からマートンの落球でランナーを出すと、西浦に四球を与え、代打岩村に痛恨のスリーランを打たれて、これで今日も敗戦が確定と思った。

またもバカ試合に持ち込むかとも思われたが、中盤は両チームとも得点なし。この間、珍しく中継ぎが点を取られなかった。
4回からキャッチャーが梅野に代わったことも原因かな。清水とは違った配球だったように見えたが、それが功を奏したのかもしれない。

7回に入って試合が動く。
上本のツーベース、大和のヒットでチャンスを作ると、ゴメスのレフト線タイムリーツーベースで2点を返す。更にマートンがヒットで繋ぎ、良太のタイムリーで1点差にまで迫った。

ところがその裏、加藤が2死から連打を浴び、山田に前進守備のレフトの頭を越すツーベースを打たれて、リードを広げられてしまった。解説者の話では、梅野が山田の小芝居に引っかかったらしい。バットを短く持ってたのを、分からんように長打狙いに切り替えたんだとか。プロの経験の差やろね。

ともかく、終盤の追い上げムードを潰す失点で3点差。これで今度こそ負けたと思った。
しかし、今年のというか、今の打線はひと味違う。
8回、田上、梅野のヒット、上本四球で無死満塁とすると、大和のツーベースで2点を返して1点差。
鳥谷凡退の後、ゴメスの三遊間深いところへのゴロが内野安打となり、これで3塁ランナーが還って同点に追いついた。
そして、マートンがレフトスタンドへ勝ち越しのスリーランを放ち、逆に3点のリードとした。
今シーズンのマートンは神がかってるわ。

その裏、福原が3人で終わらせて、前日のリベンジを果たすと、1死1・3塁からゴメスのタイムリーで追加点。
アウトコースの球を追っつけてライト前へ運んだ。あの打球コースは相手も予想したなかったやろね。単にプルヒッターかと思っていたが、柔軟なバッティングができるんや。

続くマートンはライトへポップフライ。これが意外と伸びてフェンス手前まで飛んだ。これをセンターとライトがお見合いして、タイムリーヒットとなる。
代打関本は四球を選んで1死満塁となって、坂のタイムリーでこの回4点。なんと終盤3イニングで13得点の猛攻。

9回はセーブの付かない場面だったが、呉昇桓が登板。ヒットを1本打たれたものの無失点に抑えた。球数も18球といつもよりは少なめ。
この日は110キロ台のカーブも使い、引き出しが多いところを見せてくれた。なんかまだ本気モードになってないという感じやね。

この日はゴメスとマートンが4打点づつ。ゴメスも9試合連続ヒットを継続中で、マートンが目下三冠。外国人バッターが2人とも活躍したのってラインバックとブリーデンのとき以来ちゃうか。
打線の調子がいい間に投手陣を何とか立て直して欲しいもんやねえ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック