読売に逆転勝ちで檜山引退試合を飾る

読売さんの見事な演出で逆転勝ち。勝ち負けなんか関係ないとはわかっていても、やっぱり勝ってスッキリとした方がええもんなあ。

檜山が5番ライトでスタメン出場。代打専門となっても、いつも試合の前には必ず外野ノックを受けて、いつでも守れる様に準備しているので、そんな特別な感じはしなかった。唯々スターティングメンバーに名前があることを懐かしく思った。
結果は3打席ノーヒットに終わった。1打席目のレフトフライはちょっと惜しい当たりやったなあ。まあ、大事な試合のために取っておいたと思っとこ。

先発藤浪は立ち上がりからピンチの連続で苦しいピッチング。4回にボウカー、亀井に連続四球を出し、寺内にツーベースを打たれて1点を失う。
この日は左バッターを打ち取るのに苦労していた。2連続四球もフルカウントから粘られたものだったし、だいたい6安打のうち4本が左バッターに打たれたもの。前にも左バッター対策を言われていて、課題を克服したかと思ったんやけどね。ひょっとして勝ち負けを度外視して何かを試してたか?
尚も1死2・3塁のピンチで、藤井がサードへ牽制悪送球して2者生還。ここのところエラーでの失点がまた増えて来たように思う。短期決戦ではこういうのがシリーズの流れを変えてしまうことがあるので気をつけて欲しい。

打線は7回まで読売先発の小山に僅か2安打に抑えられる。初対戦やったっかな。相変わらず打てんときは何も出来ないままやられっぱなしという感じやね。

ところが、読売はこのまま檜山の引退試合を完封勝ちしては申し訳ないと思ったのか、空気を読んだプレーが続出。
8回先頭の良太がヒットで出塁。日高のサードゴロをサード立岡がセカンドへ悪送球して無死1・3塁。代打新井が倒れて1死になるが、西岡の代打上本がインコースのフォークを捉えてバックスクリーンへ放り込んだ。まさかここで上本が同点弾を打つなんて想像もしてなかった。

更にここから俊介、鳥谷が連続四球で1死1・2塁と再びチャンスを作り、マートンのサードゴロをまたもや立岡が1塁へ悪送球して2死2・3塁。柴田のセカンドゴロを今度はセカンド藤村がお手玉し、その間に鳥谷が還って逆転。ミスで失った点を倍返ししてくれた。

9回の裏、加藤が矢野、亀井を三振に打ち取ってあと一人。ここで福原にスイッチ。しかし、ここから福原がヒットと四球でまさかの2死満塁。最後は立岡を打ち取って辛うじて逃げ切った。

試合後はシーズン本拠地最終戦の挨拶と檜山の引退セレモニー。
しんみりとしたセレモニーになるかと思ってたが、力強いスピーチで逆に元気づけられた。忘れもtのを必ず取りに行くというのは、今年のCSへの思いだけでなく、いずれは指導者として帰って来て日本一を目指すというメッセージなんやろなあ。

読売からは阿部、タイガースからは関本、鳥谷、最後は檜山の息子さん2人から花束の贈呈と続き、、その後首脳陣、チームメイトとの挨拶、そして胴上げは8回。何で8回やったんかと思ってたが、背番号の2と4を掛けたらしい。こんどは日本一で再現して欲しいなあ。

この後はグラウンドを1周してファンに挨拶。黄色の紙テープに絡まれながらの1周。時折後戻りして投げ込まれる花束を受け取ってたのが檜山の人柄をの良さを感じさせる。

1周して、ベンチ前で2列に並んでいる選手たちの間を駆け抜けて、全員でグラティ!!!
そして、なんと再びグラウンドを1周。今度はファンの前に走って行って一緒にバンザイ。レフトスタンドの読売ファンとも一緒にバンザイ。そういえば、マツダスタジアムのラストゲームでもカープファンが檜山ダンスしてたっけ。これも檜山ならではやろね。最後まで残って見送ってくれた読売ファンの皆さんありがとう。

そして最後はマイクを持ってファンに挨拶してセレモニーは終了。いつまでも檜山コールが鳴り止まんかった。

CSがあるのに引退試合をすると檜山の気持ちが切れてしまうんやないかと心配してたが、この明るい前向きなセレモニーやったら心配なさそうやね。クライマックス、日本シリーズでは期待してるで。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック