気分転換が裏目、メッセンジャーの足を引っ張って完封負け

3番マートン、4番鳥谷と打順を入れ替えて気分転換。まあこれは分からないでもない。しかし、西岡を守った事がないサードで起用するのはどうゆうことやねん。オープン戦やないで。読売に3タテ喰らったのでCSへの準備モードに入ったか? 先発メッセンジャーは初回素晴らしい立ち上がりを見せる。序盤をうまく立ち上がれば終盤まで安泰と思っていたが、2…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

最後はサヨナラ負けで首位決戦3連敗

上本がようやく1軍復帰。狩野も育成から這い上がって来た。試合前にいいニュースが舞い込んできたというのに、試合の結果は最悪のサヨナラ負け。もうため息しか出んわ。 能見は初回、亀井、阿部の連打で1死1・2塁とされ、村田にレフトへ大きな当たりを打たれる。一瞬、まさか3戦連続かと思ったが、マートンが背走しながらジャンプし、フェンスに激突し…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

拙攻で連敗

コンラッド戦力外の方針決定だとか。そんなこと分かりきった事やけど、そういうニュースが流れる時期になったということやね。まだ1ヶ月以上もペナントレースが続くというのに、もうすっかり秋の気分やわ。 チャンスをきっちりと得点に結びつける事が出来たチームと、拙攻で潰してしまうチームとの力の差を感じた試合やった。 阪神は、先発陣の踏ん張り…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

大事な試合で読売に完敗

ホームランを打った時のベンチ前のあの決めポーズがグラティ(Gratiii)と命名された。こんな事で記者会見なんて大げさ過ぎるやろと思っていたが、一部の批判する人たちに対して、対戦相手をバカにしてるのではなく、ファンへの感謝の気持ちを表しているんやと説明したかったんやろね。 そのグラティを一杯見せて欲しかったんやけど、この日は投打ともさ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

打線爆発で中日に3連勝

先発は中4日でメッセンジャー。日本で夏場に中4日というのはどうなんやろ。 MLBでは当たり前と言う人もおるけど、 それはしっかりとした球数制限が前提やし、何より向こうは日本のように蒸し暑くない。ちょっと無理をさせすぎてないか。 中日先発は山井。メッセンジャーが序盤を上手く立ち上がって投手戦になるか、序盤に失点して苦しい試合になるか…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

岩瀬を打ち崩して逆転勝ち

ツキがあったとは言え、中日の勝ちパターンに入ってから逆転勝ちしたのは大きいね。 それにしても、中日は落合が築いたものが、年々崩れて来ているように見える。高木監督に代わってから采配の嫌らしさがないし、何よりナゴヤドームを鬼門と思わんようになったもんなあ。 この日の藤浪は制球に苦しみながらのピッチング。やっぱり中5日というのが影響し…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

大誤審、監督退場にめげず逆転勝ち

2005年のむちゃくちゃしたれの試合を思い出したわ。黒田ヘッドがよく選手をまとめて審判への怒りを相手チームに向け、水谷コーチ、中西コーチが勝利にこだわった的確な判断をしてくれた。そして、何より選手たちが負けてなるもんかと意地を見せてくれたのが嬉しいね。 3回表の攻撃。鶴のヒット、鳥谷死球で2死1・2塁。ここでマートンがライトへ大き…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

マートンの復活2連発でDeNA戦連敗ストップ

前日手に死球が当たった大和は結局右手小指の骨折だったことが分かった。全治は公表されていないけど、今シーズン中の復帰は無理やろなあ。もうこうなったら俊介センターのレギュラーを奪い取るくらいに頑張って貰うしかない。 先発スタンリッジは序盤安定したピッチング。打たせて取るのがスタンリッジのスタイルだが、この日は球のキレがよかったのか三振…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

7点差をひっくり返されてサヨナラ負け

テレビ大阪が9回裏が始まる前に中継を終わったので、サヨナラのシーンをリアルタイムで見ないで済んだのがせめてもの救いやったかなw メッセンジャーは1回、2回と先頭バッターを出しながらも後続を断ってまずまずの立ち上がり。一方、打線は三浦の前にきりきり舞い。2回までまともなバッティングすらさせてもらえなかった。このまま中盤までお互いに0…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

藤浪、粘りのピッチングで9勝目!読売のマジック消滅!!

藤浪が、楽天田中以来の高卒ルーキー9勝目。阪神では江夏以来らしい。まだまだ登板機会があるので2桁は確実。どこまで伸ばしてくれるか楽しみやね。 この日の藤浪は思うようにボールが行かず、初回にあっさりと先制を許してしまう。疲れなのか、マウンドが合わなかったのか、藤浪らしくないピッチングだった。 2回、3回と三者凡退に打ち取り、修正出…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

スミ1を守り切ってヤクルトに連勝

この日の予告先発は鶴。藤浪の登板間隔を縮めて読売戦に充てると思ってたが、流石に中5日が続くような無理はさせんか。 ここ何試合もタイムリーがなく、得点力が低下している中、投手陣が最少失点で踏ん張ってくれているので勝てている状況。そんなときに鶴が先発ということで、つまらん失点をしないかと不安に感じていたが嬉しい誤算。、7回を散発4安打…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

安藤、死刑台から無事生還!新井、同点弾とサヨナラ犠飛で勝利!

西岡が故障から復帰。西岡が居なくなってから得点力落ちたもんなあ。またムードメーカーとしてチームを牽引して行って欲しい。 先発能見は初回にヒット1本打たれるが、併殺で切り抜けてまずまずの立ち上がり。しかし、2回先頭のバレンティンに左中間5回席下のフェンスに当たる大きなホームランを打たれてしまう。 またかという感じやね。終盤まで投げ…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

価値ある2本のホームラン

前日の一件でチームがいったいどうなってしまうのかと心配していたが、何とか勝つことが出来てよかった。 先発は中5日のスタンリッジ。初回に菊池にツーベースを打たれると、丸に四球を与えてピンチを広げる。ここはキラ、松山を打ち取って乗り切ったが、序盤は毎回ランナーを出す、不安な立ち上がりだった。 打線の方は相変わらず低調。広島先発中…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

何もかもぶち壊して広島に連敗

今シーズン最低最悪の試合やった。大阪桐蔭の方がよっぽどええ試合を見せてくれるわ。 先発岩田が初回、打者10人に6安打集中されて5失点。大竹までにタイムリー打たれてたらアカンやろ。 立ち上がりの失点は長年の課題なんやが、まだ治らんか。2回以降は普通に抑えられるのに、なんで初回だけああなんやろ。 1、2度いい結果を出せても、またす…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

またもマエケンに牛耳られる

福留が3ヶ月振りに1軍に戻ってきた。この日は代打での登場でチャンスに凡退したが、実戦感が十分戻ってない状態でマエケンと1打席だけの対戦だったので仕方無いかもなあ。 現地で生観戦だったが、ほとんど盛り上がる事も無く、淡々と試合が進んで行った。 メッセンジャーは初回、ルイス、菊池から連続三振を奪い、素晴らしい立ち上がりを見せたが…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

7/27・28横浜戦の写真

ウル虎の夏と銘打ったこのカード、球場に着いたらちょうどイベントの真っ最中。 マスコットのイベントが終了してしばらくするとMBSのイベントが始まった。ゲストは今岡。ゆっくり見たかったけど、試合前練習の写真を撮りたかったのでほどほどにして球場へ入る。 スターマンもレッツ・ゴー・トラッキーに参加。 この日の始球式…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

あっぱれ藤浪、準完封勝利で8勝目

藤浪が中日相手に9回2安打無失点の素晴らしいピッチングで8勝目。この2試合、スタンリッジと能見がいまいちピリッとしない内容だったが、最後に藤浪がエース級の働きで勝ち越しを決めてくれた。 球数制限を解除して完投を目指してのマウンド。球種の制限も緩くしたようやね。 初回、いきなり先頭の大島に四球を選ばれたが、2番森野以下をしっかりと…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

延長12回、3点取っててよかった

墓参りでサンテレビの入らない地域にいたので試合は見れず。帰りの電車の待ち時間に携帯サイトで試合状況を一喜一憂していた。いや、一憂どころやなかったか。新幹線の待合室で携帯を睨みながらぶつぶつ言ってる姿、周りから見たら変やったやろなあ。 初回からいい感じで点を取るものの、すぐに取り返される展開。ここのところ能見がピリッとせんなあ。ボロ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

とうとう自力優勝消滅

読売にマジック39が点灯。まあ時間の問題ではあったんやけどね。 スタンリッジは初回、4連打を喰らい早々と2点を失う。立ち上がり、ペースを掴む前にバタバタとやられ、よく2点で済んだなあという感じだった。 2回に良太のソロホームラン、3回には鳥谷のタイムリーで同点に追いついてもらうが、直後の3回裏に和田にホームランを打たれて再び勝ち…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

イライラする試合、俊介の一打で勝負を決めた

延長11回、1-0のたこやき試合。なのに試合時間は4時間半近くもかかった。投手戦でもなく、貧打戦でもなく、あえて言えば拙攻戦かな。よう勝てたもんやね。 0-0で迎えた延長11回。先頭の大和がヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決めた。続く鳥谷のヒットで無死1・3塁。ここでバッターは俊介。1・2塁間を破るヒットでようやく1点が入った。…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

岩田2勝目、広島に7-1で勝利も素直に喜べない試合

岩田が6回1失点で2勝目。松田がまたも無失点リリーフ。久保が復帰初戦を三人斬り。打線では良太に中押しのツーランが飛び出すと、檜山がダメ押し2点タイムリー。 編集されたニュース映像ではいいことずくめの試合のように見える。でも、実際には一杯課題があった試合のように思う。 初回にマートンのタイムリーで先制。3回にはノーヒットで貰った1…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー、9回3安打10奪三振で敗戦投手に

メッセンジャーが7月の月間MVPに輝いた。5、6月の能見に続いて3ヶ月連続で阪神先発陣が受賞。こうなると4月に藤浪が選ばれなかったのが残念やね。8月受賞できるように頑張ってもらおう。他のピッチャーも受賞出来るようチーム内で競って欲しい。 そのメッセンジャー、この日は完璧と行ってもいい内容。変化球のキレがよく、広島打線から三振の山を…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

藤浪の踏ん張りで首の皮一枚で繋がる

エース対決に負けた翌日はルーキー対決。負けたらマジック点灯となる試合で藤浪がよくぞ踏ん張ってくれた。 スタメンを見て先ず驚いたのはキャッチャーが藤井ではなく清水だったこと。藤浪は読売とは初対戦だが、多分相当に研究されている筈。清水を起用することで裏をかいたんかなあ。でも、負けてたら非難ごうごうとなるハイリスクな采配ではある。清水が…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

エース対決で破れ、再び7.5差

初回、先頭の俊介がヒットで出塁すると、2死からマートンのツーランで先制。杉内からこう簡単に得点できるとは思ってなかった。 幸先のいいスタートを切ったが、能見が杉内と同じぐらい立ち上がりが悪い。初回のピンチは阿部を併殺に打ち取って免れたが、2回に村田、ロペスの連続ホームランを浴びて同点に追いつかれた。 変化球にキレがなかったんやろ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

スタンリッジ完封勝利、崖っぷちで踏みとどまる

西村、清原、岩本、西田を抹消して二神、久保田、林、田上を登録。最近は入替が激しいね。それだけ1軍に定着出来る選手がおらんということなんやろうけど、それにしてもだれかれなしに上げたらええというもんとちゃうで。 初回、大和が四球を選んで出塁。鳥谷の内野ゴロの間にセカンドへ進むと、マートンのライト前タイムリーで先制。 いとも簡単に先制…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

中日にも負け越して、長期ロードに突入

藤浪を読売戦にスライドして先発に岩本を起用。開幕前にはローテ6番目を争うポジションだったので期待していたが、もう一度見てみたいという内容ではなかった。ランナーを出してからの踏ん張りはどこへ行ったんや。 岩本は初回に和田のタイムリーで1点を失うと、4回には連続四球からタイムリーを打たれて更に1点を失う。ゲッツーを取ったので踏ん張れる…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

岩田好投も無援護で敗戦

僅か3安打で完封負け。大量点を取った翌日やし、おまけに前日のお立ち台で今成が「明日も勝つなり」と言ってしまったのが悪かったかな。 今シーズンは今ひとつピリッとしない岩田だったが、ファームに落とされて必死で練習と研究を重ねていたらしい。その効果があって中日打線を8回まで僅か2安打に抑える好投。久しぶりにこんなにいい状態の岩田を見るこ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more