気分転換が裏目、メッセンジャーの足を引っ張って完封負け

3番マートン、4番鳥谷と打順を入れ替えて気分転換。まあこれは分からないでもない。しかし、西岡を守った事がないサードで起用するのはどうゆうことやねん。オープン戦やないで。読売に3タテ喰らったのでCSへの準備モードに入ったか?

先発メッセンジャーは初回素晴らしい立ち上がりを見せる。序盤をうまく立ち上がれば終盤まで安泰と思っていたが、2回に守りに足を引っ張られた。
2回先頭のキラのレフト線へのフライにマートンが追いつかず、おまけにのんびりした返球でツーベースにしてしまった。読売戦で見せたあのフェンス激突のガッツあるプレーはなんやったんやろ。4番を外れたことでモチベーションが下がったていうことないやろね。

続く梵に送りバントを決められて、松山のタイムリーで1点を失うと、今度は西岡がやらかした。
木村の3塁前のバントを捕るときに、足がもつれて転んでしまい内野安打となった。セカンドとサードの動きは相当違う筈。特にバント処理のような前後の動きは難しいと思う。横の動きについても、ピッチャーの後ろまでボールを追いかけるから、鳥谷のダッシュが少し遅れて内野安打になったりしてたし。まあ、これは良太にも言えるんやけどね。

続く石原を歩かせてしまい1死満塁となったところで、ピッチャー野村にライト前タイムリーを打たれる。今度は今成がこの打球を弾いてしまってセカンドランナーまで還してしまった。

踏ん張りきれなかったメッセンジャーにも責任はあるが、これだけ守りに足を引っ張られたらペースも崩れるわな。5回を投げて失点3、自責点は2。普通に守ってたら自責は0やて。

打線の方は野村に8回3安打に抑えられる。いくら初対戦とはいえ、手も足も出んとはなあ。広島がCSに出てきたらマエケンと野村で終わってしまうで。
9回はミコライオにマートンのヒット1本だけに抑えられ、4安打完封負け。今季何度目の完封負けやろ。
これで読売とは9差。直接対決を待つまでもなく終戦かな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック