ミスでマエケン攻略に失敗

ローテ変更で先発は秋山。藤浪は読売戦で投げるらしい。最近勝ち星から遠ざかってるので、分の悪いマエケンとの対戦を避けたか?

秋山は初回。先頭ルイスにライトフェンス直撃のツーベースを打たれると、送りバントで3塁に進められると、丸の犠牲フライで先制を許す。ルイスの当たりは、浜風がなかったら入ってたやろなあ。丸の当たりも飛距離十分。ボールが高く浮いていて、危なっかしいピッチングだった。
2回には梵のツーベースで2死2塁。石原敬遠でマエケン勝負を選んだが、レフト前にタイムリーを打たれて2点目を失う。
この先何点取られるのかと思ってたが、その後は落ち着きを取り戻して5回を5安打2失点。2回の1点がもったいなかったなあ。
3回以降に限れば、もう一度見てみたい内容だった。

打線の方はマエケンに手も足も出ないという感じではなかったが、どうしても点が入らない。
3回、先頭の日高がヒットで出塁するが、秋山が送りバント失敗でランナー入れ替わり。西岡のヒットで1・2塁とチャンスを広げ、大和がレフト前へゴロのヒット。1点返したかと思ったが、二走はピッチャーの秋山。本塁クロスプレーでアウトになる。
バント失敗が響いたね。この後鳥谷は左中間へ低い弾道の当たり。今度こそタイムリーと思ったが、ルイスのダイビングキャッチに阻まれた。

中盤はマエケンに抑えられたものの、疲れが見えて来た8回、今成、西岡の連打で1死1・2塁。しかし、大和がセーフティバントを試みて1塁小フライとなる。バント失敗も痛いが、なぜバントを選択したのか疑問。

9回にはマートン、新井の連打で無死1・2塁。しかし、良太、檜山が共に外野フライでランナー釘付け。続く日高は1塁線に鋭い当たりを打つが、1塁ライナーとなって試合終了。
ここもランナーを2・3塁に進めていたら、エルドレッドは1塁ベース付近で守ってなかった筈。

ランナーを進めることができなかったのが後のプレーに影響した。ツキが無いのではなく、ツキを手放したというような感じ。

この試合でボイヤーが2イニングをノーヒットピッチング。球数も前回より遙かに少なく、2イニングで19球。ただ、打者6人に対して三振はなく、捉えられた当たりもいくつかあった。まだまだ安心は出来んなあ。

ところで、白井。内野安打を3つもアウト判定したらアカンやろ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック