メッセンジャー完封、自らのバットで試合を決める

坊っちゃんスタジアムと言えば、去年の松山の悲劇を思い出す。あれからズルズル行ってしもたんやったかなあ。嫌な負け方をしたらトラウマとか鬼門とかになってしまうので、先ずは先勝してよかった。

先発メッセンジャは前半毎回ランナーを背負ってのピッチング。マウンドが合わなかったのか頻繁に掘り返していた。4回まで無失点だったが、イライラしてるようだったので、いつ打たれ出すか心配だった。

一方、打線はヤクルト先発の石川の前に凡打の山。初回に西岡がヒットを打ったきり、4回まで1安打に抑えられた。
前回の対戦ではボコボコに打ったのに、この日は丁寧に低めにボールを集めていた。

5回、良太がヒットで出塁すると、新井の内野ゴロの間に2塁へ進塁。藤井の打球はショートゴロ。しかしショート森岡の1塁送球がワンバウンドになって、ファーストの畠山がこぼしてセーフになる。これで石川のリズムが崩れたか、俊介がヒットで繋いで1死満塁となった。
ここでバッターはメッセンジャー。ゲッツーが恐いので、三振してもらって西岡に回ればと思ってたら、なんと野手顔負けの鋭い当たり。打球は前進守備のセンターの頭を越え、走者一掃のツーベースとなった。
更に西岡のレフト前ヒットで再びチャンスを広げると、大和がインコースの珠を軸回転でレフト線へ運び、メッセンジャーが生還。西岡も巧くキャッチャーのタッチをかいくぐってホームイン。この回5点のビッグッイニングになった。

自分のバットでチャンスをものにしたことで気をよくしたか、メッセンジャーはその裏三者凡退に退けて勝ち投手の権利を得ると、6回無死2塁のピンチもバレンティン、岩村を三振、畠山を外野フライに打ち取って切り抜けた。
球数が多かったのでどこで交代するのかと思っていたが、7回、8回とメッセンジャーが投げ続ける。9回の攻撃で打順が回ってきてもそのまま打席に立ち、そのまま9回のマウンドに上がった。そして、9回も三者凡退で締め、見事な完封勝利。

今シーズンはそこそこ点を取られながら勝つ試合が多かったが、この日は最後まで球威が落ちず、ヤクルト打線を散発5安打に抑える好投。
これでメッセンジャーはハーラートップの5勝目となった。
5回のチャンスではよくぞ打ってくれた。結局あの場面以外にチャンスは無かったので、無得点に終わってたら逆にメッセンジャーの方が崩れていたかもしれない。試合の流れを変える1打だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック