1球の判定で流れが変わってサヨナラ勝ち

白井さん、ありがとう。栗山監督はちょっと気の毒やったけど、[審判やめろ」は言うたらアカンで。それにしても、つくづく判定って大事やなと感じた。

能見は序盤3回までパーフェクトピッチング。最近では一番安定した立ち上がりを見せたが、4回以降は毎回ランナーを背負う内容。それでも失点は5回のスクイズの1点だけ。6回にも1死1・2塁のピンチを招いたが、ここは良太のファインプレーに救われた。兄ちゃんのミスを帳消しにする大きなプレー。良太、ナイス!
能見は7回110球で降板。ちょっとヒットは打たれすぎたが、要所ではきっちりと三振を奪い、エースらしいマウンド捌きだった。

打線は日ハム先発の谷元から5回まで僅か2安打に抑えられる。6回2死から新井兄弟の連打でマウンドから引きずり降ろし、代わった宮西から浅井が四球を選んで満塁とするが、藤井が倒れて得点ならず。
その後も日ハムの中継ぎ陣を攻略出来ずに1点が遠い展開になった。

試合は1点ビハインドのまま終盤を迎える。8回は、腰の張りから復帰したばかりの福原がマウンドに上がる。いきなり競った場面での登板なので心配していたが、見事に復活した姿を見せてくれた。そして9回は筒井が三者凡退に抑えて最後の攻撃を迎えた。

9回裏、この回の先頭は浅井。浅井の持ち味は初球から積極的に振っていくところだが、初球のインコースの球を見送ると、2球目も読みが外れて見逃し。あっという間に追い込まれてしまった。
カウント1-2からの5球目、止めたバットにボールが当たってファール。これが主審の白井の目には手に当たったように見えた。痛がる様子もなくバッターボックスを外していた浅井は、主審の死球のコールを聞いて1塁へ。
すぐに栗山監督が飛び出して来て猛抗議するものの判定は覆らず。そればかりか抗議中の暴言で退場処分となってしまった。

ビデオがあまり鮮明でないので実際はどうだったか分からないが、手に当たったのなら痛くない筈がない。多分グリップエンドに当たったんちゃうかな。浅井もちょっとは芝居をせいよ。

この誤審が試合の流れを変えた。
藤井がきっちりと送りバントを決めてランナーをセカンドに進めると、代打檜山が見事に1・2塁間を破るヒットで1死1・3塁。
バッター西岡の時にバッテリーエラーが出て、3塁ランナーが還ってとうとう同点に追いつくと、西岡敬遠で1・2塁。

ここでバッターは大和。ここ29打席ヒットなし。送りバントすら出来ない。バッティングはどん底状態。この打席もまったくタイミングが合っていない。追い込まれてからの4球目、叩きつけた打球が大きく弾んでショートの前に。これが内野安打となって満塁になった。まさに必死のパッチがツキを呼んだ。

鳥谷は浅いセンターフライで2死満塁となって、バッターはマートン。
バッティング好調のマートンもこの試合はノーヒット。そろそろヒットが出てもおかしくない頃。すると、真ん中のストレートを捉え、右中間突破のサヨナラタイムリー。

マートンはあれだけヒットを打って来たのに、意外にもサヨナラ打は初めてだったらしい。
大喜びのマートンやナインの中で、大和一人だけが号泣。よっぽどバッティングで苦しんでたんやろね。本当によかったなあ。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック