今季ナゴヤドームで初白星

ナゴド名物、点取れない地獄。この日はドラゴンズの方がこれにはまった。それにしても、よくもまあ2桁安打も打たれて0点に抑えたもんや。

初回、先頭西岡がヒットで出塁すると、すかさず2盗を決める。中日先発カブレラがクイックで投げられないところを突いた作戦はお見事。大和が送って1死3塁。鳥谷はショートゴロに倒れるものの、マートンが三塁前のラッキーな内野安打で先制。

4回に四球で出塁した福留が、新井のヒットで一気に3塁へ進み、藤井の外野フライで生還して2点目。ここは福留の走塁と藤井の走塁が光った。率は低くても、こういう面でチームを引っ張ってくれている。

6回には1死満塁の場面で西岡がセンター前に弾き返して3点目が入る。西岡はこの日3安打。「鬼門?それって美味しいの?」というような活躍。

これまでナゴドといえば、チャンスを作ってもあと1本が出ずに苦しんで来た。それをマートンのどん詰まりの内野安打でくさびを打ち、藤井の犠牲フライでこじ開け、そしてようやく西岡のタイムリーが出たという感じだった。
すべて1点止まり、12安打で3点というのは不満だが、ナゴドではそれも仕方ないのかも知れない。

スタンリッジは6回6安打ながらも要所を締めて無失点に抑えて、ナゴド初勝利。巨人戦で村田にホームラン2本を浴びたので、更に低めにという意識で登板したらしい。ただ、それでいいピッチングが出来たというより、スタンリッジのナゴドでの防御率は1点台なので、いつも通りのピッチングが出来たということやろね。打線の援護があれば、中日キラーになる可能性が十分にある。

2番手安藤は3安打を浴びて1死満塁。しかし、森野の完璧に捉えた打球がショートライナーとなって、二走福井が戻れず、ゲッツーとなってピンチを逃れた。8回の福原も2安打されるが、井端を併殺に打ち取って事なきを得る。
2人とも未だ今シーズン防御率0.00。やや疲れが出ているように見えるのがちょっと不安。

最後は久保がピ危なげなく抑えて、今季ナゴヤドーム初勝利。

とにかくこの日は作戦勝ちという感じやね。いつも足でかき回されてるのが、逆にこっちがすることで立場が逆になったような試合だった。こういう戦い方をしていたらナゴドも鬼門でなくなるかも。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック