球児登板回避で引き分け

先日登録抹消されたブラゼルがクラブハウスで荷物を整理したとか。ファンと別れの挨拶をする機会も与えられず、もうすぐ帰ってしまうんやね。

先発メッセンジャーは初回、先頭の荒波にヒットで出すと、内村の送りバントの処理を誤り、無死2・3塁のピンチを招く。ボールを拾ってから投げるまでの動きが緩慢で、内村が1塁近くまで走っていたのを見て慌てて投げたが、内村に当たってしまった。ちゃっちゃと投げてたらこんな事にならんかったのに、簡単なプレーなので油断したかな。
筒香は三振に仕留めて1アウト。ラミレスのピッチャーゴロをメッセンジャーがバックホーム。藤井が三走荒波を追うが3塁に逃げ切られてしまう。2塁に戻ろうとしていた内村を何とかアウトにしたが、もたもたしている間にラミレスに2塁まで進まれてしまった。ベテラン藤井らしくない凡プレー。すぐにサードにボールを投げておけば良かったのに。
その後、後藤に四球を与えて満塁となって、下園に右中間を破られて走者一掃、3点を取られた。薮がピンチでマウンドへ行くとロクなことがない。間の取り方がヘタなんやろなあ。

しかし、その裏、先頭の上本がヒットで出塁すると、すぐさま盗塁を決め、大和のライト前ヒットを下園が後ろに逸らす間に上本がホームインして、あっという間に1点を返す。一気に番長を攻略と思ったが、無死2塁のチャンスを活かせず1点のみ。2回も平野、藤井の連打でチャンスを作るも、上本が倒れて追加点はならず。その後は完全に三浦に抑えられた。

メッセンジャーは初回に3失点したものの、変化球がキレていて、ピッチングの内容そのものは悪くなかった。2回以降は横浜打線をしっかりと抑え、三浦との投手戦になった。

三浦に疲れが見えてきた7回、先頭の藤井がヒットで出塁。メッセンジャーの代打金本は凡退するが、上本がレフトフェンス直撃のツーベースで2・3塁。代打檜山が四球を選んで満塁。ここで鳥谷が右中間を破るスリーベースを放ち一気に逆転し、頑張って投げてきたメッセンジャーに勝ち投手の権利が転がり込んだ。

結果的には良かったが、この回の采配はどうなんかな。なぜ藤井がヒットで出塁したときに代走を送らず、3塁に進んでから田上に代えたのか。併殺を避ける狙いで、先に代走を出しておくべきやったんちゃうか。それから、大和に代打はいらない。大和を育てるためにもそのまま打たすべきやったんちゃうか。

8回は榎田。この日は変化球がきっちりと決まり、簡単にアウト2つを取る。しかし、続く森本にヒットを打たれると、ここでピッチャーを渡辺にスイッチ。確かに今シーズンの榎田は劇場系やけど、セットアッパーとして使ってるんやから、ランナーが1人出たぐらいで代えてたらアカンのちゃう。結果的に渡辺が1球でチェンジにしたけど…

1点リードの9回、マウンドはなんと福原。球児が練習中に右内転筋の張りで登板を回避。抹消の可能性もあるらしい。よかったね、優勝争いしてなくて。球児のためにも無理させる必要ないよ。

福原は先頭の金城をセンターフライに打ち取る。今シーズンは中継ぎで実績を上げているので大丈夫やろと思ってたら、梶谷にライト線にツーベースを打れ、一気にピンチお迎える。代打中村紀を三振に打ち取ってホッとしたところで、小池にセンター前タイムリーを打たれて同点に追いつかれてしまった。
小宮山、なんで真っ直ぐのストライクで勝負するかな。ノリは好リードで三振に取ったのに。
ベンチに座ってたメッセンジャーの悲しそうな顔。これで気持ちが切れてしまったようにも見えた。あまりにもかわいそうやわ。ほんまに来シーズン、契約して貰われへんよ。

解説の広澤が、中畑監督が7回に130球を超えていた三浦を続投させたのを信頼しているからとしきりに言っていた。大和に代打を送ったり、ランナーを出した時点で榎田を代えたことを言いたかったんやと思う。
今シーズン、レギュラーが固定出来なかったのも、選手を信頼してないからなんやろね。



ロッテ今岡が現役を引退。今期は兼任コーチだったので、最後のシーズンになると思っていたけど、正式発表があるとやっぱり寂しいもんやね。
今岡、お疲れさま。2003、2005の活躍は忘れへんよ。

今、胸に 秘めた
誠の 闘志を
大空に向かって 炎と燃やせ
虎になれ

阪神 今岡誠


ロッテ 今岡誠



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック