スクイズ失敗で流れが変わり、逆転負け

せっかくいい感じで試合を進めながら、大きなミスで流れが変わってしまい逆転負け。金本の出番も作れず、1点差負けなのに大差で惨敗したような気持ちやなあ。

初回、上本が右中間にツーベースを放ち、大和の送りバント、鳥谷四球で1死1・3塁と杉内の立ち上がりを攻める。鳥谷が盗塁を決めてゲッツーの可能性を消すと、良太のサードゴロの間に上本がホームイン。見事な速攻で杉内から先制点をもぎ取った。
更にマートンがレフト線にポトリと落ちるツーベースで2点目が入る。1点止まりなら守りに入ってしまい、かえって苦しくなるところだったので、この1点は大きかった。

先発岩田はランナーを出しても打たせて取るピッチングで読売打線を抑えていく。初回の阿部のライトフライ、3回の坂本のレフトフライにはヒヤッとしたが、それ以外は安定したピッチングを見せていた。
6回、阿部、村田に連打を浴びて1死2・3塁のピンチを迎えるも、矢野をショートゴロに打ち取り、阿部をホームでアウトにした。小宮山が鳥谷からの送球を落としたが、阿部が完全に諦めていたので助かった。続く小笠原はショートフライに仕留め、このピンチを乗り切った。

打線は初回に2点を取ったきりで、その後は杉内に抑え込まれて攻略できず。3回1死から大和がツーベースを打つが、鳥谷、良太が倒れて追加点が取れない。

7回、先頭の新井が左中間へツーベースを放つ。俊介の絶妙な送りバントで1死3塁のチャンス。ここでバッターは小宮山。この場面で初球にスクイズを仕掛けるものの、打球はキャッチャーへの小フライとなり、スタートを切っていた新井が戻れずゲッツーになった。

小宮山、岩田と続くところだったので、そのまま打たせるとなるとスクイズしかないかと思っていた。素人が思うぐらいだから相手も当然警戒してくるのは当然。難しい場面だからこそセーフティスクイズではなく、3塁ランナーを突っ込ませたんやろうけど、それだったら何があっても転がさないといけない。打てない、バントも出来ない、おまけに守りでもミスが多いとなると使えない。

采配にも問題がある。あえて見え見えのスクイズをさせる必要があったのか。小宮山に関本か浅井を代打で出せば、作戦の選択肢が増えたのに。キャッチャー2人制なので代打が出せないというのなら、すぐにでももう1人キャッチャーを上げるべき。

7回表の攻撃でのスクイズ失敗は、試合の流れを変えるのに十分なインパクトがあった。
谷のツーベース、長野四球、藤村のゲッツー崩れで2死1・3塁。そして、続く坂本にレフトへ逆転スリーランを打たれてしまった。こうなりそうな雰囲気はプンプンしていた。
岩田の続投は間違いではなかったと思うが、2点差を守らないといけないという気持ちが強くなって、力みが出たんやないかと思う。
小宮山も大きなミスの後だったので、守りで取り戻そうとして、リードに影響があったのかもしれない。キャッチャーを藤井に代えるとか、いっそのことバッテリーごと代えてしまった方がよかったかもなあ。

1点ビハインドの9回表。マートンが倒れて1アウト。続く平野のところで金本が代打で出てくると思いきや、そのまま平野が打席に立ち三振。新井の打席でネクストに金本が登場。なんとか繋いで欲しかったが、残念ながら新井も三振に倒れてゲームセット。平野のところで金本、新井のところでブラゼルでよかったんちゃうん。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック