勝ちに等しい引き分け

正直なところ3回で今日は負けと諦めていた。それがコツコツ返していって、最後は同点に追いついてドロー。中継ぎ投手陣と打線の意地が見られたので、今日のところはこれで満足。

メッセンジャーは3回を5安打4四球5失点。佐野慈紀氏がtwitterで「アスレチックス戦でスズキに打たれたことで自信を失って、コーナーを狙いすぎている」と指摘していた。
まさにその通り、初回四球のランナーを出しては機動力とヒットで進められると、内野ゴロで先制点を失った。
3回には無死から四球とヒットでピンチを迎える。ツーアウトまでこぎつけたものの、そこから連続四球で満塁にしてしまい、宮本、バレンティンの連続タイムリーで4点追加された。
一度ピシッと抑えることが出来ると、また自信を取り戻せるんやろうけどなあ。

ここで負けを覚悟したが、見ごたえがあったのはここから。
4回から鶴、藤原、渡辺がヤクルト打線を抑え込むと、それに応えるように打線にリズムが出てきた。
4回、新井がセンターバックスクリーンへ今シーズン1号のホームランを放つと、5回には平野のタイムリーで更に1点追加。じわじわと差を詰めていく。
そして8回にはヒットの新井を1塁に置いて、ブラゼルにも今期1号が飛び出し、1点差に迫る。更にマートン、金本の連続ヒットで無死1・3塁として同点、逆転の大チャンス。
藤井が浅いセンターフライで1死になって、俊介がキャッチャー前にスクイズを決めてとうとう同点に追いつく。

同点になってからは勝ちパターン継投。榎田は四球、送りバント、敬遠で1死1・2塁とされるが、竹内、相川を三振に取りピンチを脱出。9回は球児が3人で抑え、負け試合を引き分けに持ち込んだ。

7回1死満塁で得点できていれば勝てたんではとも思うが、引き分けれただけでも儲けもん。この粘りがあれば、そのうちひっくり返すようになるやろ。

マートンが復帰初戦でマルチ。居てくれると打線がつながるわ。
新井、ブラゼルもホームランを含むマルチ。新井はなんやかや言っても3割打ってるんや。アカンときのイメージが悪すぎるから気がつかんかった。
鳥谷が4三振。最後の打席では、ベンチの指示か自分の判断かわからんが、送りバントをした。体調を崩してないか心配やね。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック