狩野おかえり

浅井を下げて狩野を登録。その狩野が先発出場で2打点の活躍。もうヘルニアは大丈夫なんかな。

3回、久保が振り逃げで出塁し大和のヒットで1・2塁。新井、マートンの連続タイムリーで同点に追いつくと、狩野の2点タイムリーで逆転。
狩野は前の打席では三振、この打席も最初は全然タイミングが合ってなかったが、ファールで粘るうちに合ってきた。
2度のヘルニア手術で今季はもうダメと思っていたが、よくぞ戻って来てくれた。つきっきりでリハビリに付き合ってくれた山下トレーナーに感謝。

5回に川端のエラーとマートンのタイムリーで2点追加。7回にはマートン、関本、柴田の連打で無死満塁とし、藤井のゲッツーの間に1点。更に代打森田のタイムリーツーベースで更に1点追加。8回には大和がヒットで出塁すると盗塁を決め、マートンのタイムリーでダメ押し。こんな理想的な攻撃を見るのは何試合ぶりやろ。

先発久保は前回登板のときとは違い、立ち上がりからキレのいいピッチング。2回にガイエルのツーランで先制を許したが失投と言えるのはこれだけ。後は完璧な内容でヤクルト打線をねじ伏せた。結局7回を4安打2失点。堂々たる燕キラーぶりを見せてくれた。

8回からはしばらく登板がなかった小林宏が登板。
新井のエラーと四球で1・2塁のピンチを迎え、バレンティンにツーベースを浴びて失点。こんな楽な場面で打たれるようなら敗戦処理しか使いようがない。
ピッチャー榎田に代わって、宮本の打球はセンタへ低いライナー。これを平野が横っ飛びで飛びついてキャッチ。セカンドを守っているときにセンター前に抜けそうな当たりに飛びついたような感じ。外野専門の選手じゃ絶対に出来ないプレーだった。犠牲フライとなって3塁ランナーを帰してしまったが、抜けてたら前回のようなバカ試合になりそうな場面だけに大きなプレーだった。

9回は福原が余裕で抑え、勝率を再び5割に戻した。順位も2位に上がったが、2位から5位までが0.5差の中という異常事態なので、今は順位は関係ないか。

この試合で9回に新井が引っ込んでサードは大和。とうとう新井のフルイニングを切った。守備がアレだとは言っても点差が離れてる訳なので懲罰とも取れる交代。新井にとっては屈辱的やろなあ。でもこれが健全な選手の起用方法だと思う。

ファームから上がってきた選手が活躍。マートンが5番で4安打3打点。新井の起用方法も変わった。この試合をきっかけに団子状態から抜けだして欲しい。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック