若虎の活躍で3タテを阻止

鳥谷が1回表の守備で和田のショートゴロを処理したときに指を負傷し、上本が代役で出場。
試合開始早々にハンデを背負ったと思ったけど、その上本が鳥谷の代役としては余りある活躍を魅せてくれた。

スタメンを見てびっくり。1番平野、2番俊介、5番マートン、7番ブラゼル、8番城島。交流戦前に変えて来るとは思ってなかった。

1点ビハインドの4回、マートンのタイムリーで同点。マートンらしい右方向へ逆らわずに打ったヒット。いきなり打順変更の効果が表れた。

5回には2死から俊介がヒットで出塁するとセカンドへ盗塁。続く上本が三塁線を破るタイムリーで逆転。足を絡めた攻撃を久しぶりに見たように思う。

7回には上本がまたもツーベースを打って出塁すると、マートンがこの試合2本目のタイムリーで点差を2点に広げる。
上本は最初の2打席こそは緊張していたが、3打席目以降は自分のスイングが出来ていたように見えた。

メッセンジャーは5回を1失点。それほど調子がいいように思わなかったが、球が適度に荒れていたことと、ストライクゾーンの外側が結構ワイドだったのが幸いした。

6回からは榎田が登板。先頭の和田にヒットを打たれるものの、後続を三振と併殺で切り抜けると、7回は三者連続三振で流れを作る。後ろのピッチャーでは一番安定感がある。

8回は小林宏。簡単にツーアウトを取って、復活したかと思ったが、森野にあわやホームランかというツーベースを打たれる。和田を敬遠後、ブランコをセンターフライに打ち取って事無きを得たが、このセンターフライも大きな当たりだったのでひやっとした。まだまだ竸った試合で使うのは怖い。

9回は球児が10日ぶりの登板。2死から谷繁にヒットを打たれるものの、代打堂上剛をショートフライに打ち取り、2点差を守りきった。

上本、俊介、榎田の活躍で一気にチームが若返ったように感じた。波に乗れない現状を打破するには、彼らの力が必要だと思う。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック