なぜナゴヤドームでは打てないのか

5連敗中の中日との対戦。
前カードの勢いで3タテを期待してたら、嫁が「中日も6連敗はせんやろ」って、いつもいつもそんな事を…ごもっともです。

今日は夕方から会議があったので試合終盤しか見れず。
ニッカンのスコアで試合を確認。

先発鶴は6回2失点。
鶴のこれまでの戦績からすると平均的な成績。
7安打というのはちょっと多いけど、それでも中盤まで立派に試合を作った。
前回の中日戦で打ち込まれたことを考えると、十分にリベンジを果たせたと思う。

問題なのは打線。
5回にブラゼルの34号ホームランで同点に追いつき、金本の久しぶりの長打でチャンスを作るものの後続が続かず。

8回、先頭の城島がヒットで出塁。
浅井が送った後、関本が歩いて1・2塁。
しかし、鳥谷、平野が凡退して無得点。

9回、マートン、新井のヒットでノーアウト1・2塁。
一発出れば同点のチャンスだったが、ブラゼルはセンターフライ。
次は金本の打順だが、既にベンチに下がっている。藤川俊に代わって狩野。
金本のフルイニングについては批判も多いが、この場面で金本が居ないのは寂しい。
金本のサヨナラ打が多いのはフルイニングのお陰。そしてその数だけファンは感動させて貰ってるのだから。
狩野三振で2死になってバッターは代打大和。
これも城島を下げて、ピッチャーの藤原を入れていたため。
金本については無理をさせたくないので下げるというのは分かるが、竸っている試合でなぜ城島を下げるのか。
代えてなかったら8回の失点もなかったかもしれない。
やはりどこか悪くしているのか、それとも久しぶりの日本の夏の蒸し暑さで疲労が限界に来ているのか。
結局大和も中途半端なスイングの三振でゲームセット。
昨日に続き、ワンチャンスをモノにさえすれば勝てたかもしれない試合を落とした。

あのナゴドの紺色のフェンスの色が気持ちを重くさせるんかな。
もう鬼門はなくなったと思ってたけど、いつの間にか復活してたみたいやね。
何年か前の酷かった時代を知らない選手も増えてるんやから、そんなジンクスめいたものに負けずに頑張って欲しい。

ところで、今日2ヶ月ぶりに会議のために自分の会社に戻ったら、その途中でこんな店を見つけた。
P1002178.JPG
地下鉄四つ橋駅の連絡口なっているビルにあった喫茶店が居酒屋に代わっていた。
普段ならスルーするところが暖簾に書かれていた「大阪虎の会本部」の文字に反応してしまい、会議が終わってから早速行ってみた。
P1002177.JPG
50人ぐらいは入れそうな店だったが先客は2人だけ。
入ってみるとやっぱり阪神ファンの店やった。

阪神ファンの老夫婦がきりもみするお店。
ご夫婦ともども阪神ファン。
やたら林ちゃんの写真が多かったけど、林ちゃんファンなんかな。
さほど大きくないテレビが置いてあって、今日の試合を流してた。ちょうど8回裏。

試合が終わって帰るとき、おばちゃんが「残念やったね。明日は勝つわ」って言ってくれて、負けたイライラをすっと消してくれた。

生中1杯350円。
近場の人はどうぞ。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック