テーマ:WBC

侍ジャパン、3連覇ならず

大会が始まった頃は大半の選手が調子を落としていて、一部の選手は身体の違和感を訴えているという最悪の状態だった。予選ラウンドで終わってしまうかもと思ってたのが、底力を見せて見事決勝ラウンド行きを決めてくれた。日本代表の皆さん、本当にお疲れさまでした。 マエケンの立ち上がり、2つの四球とヒットであっさりと先制を許す。メジャーの審判って…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

楽勝が一転、オランダの反撃を振り切り1位通過

既にアメリカ行きは決まっているので決勝戦とは言っても調整試合。野手の調整はうまくいったようだが、中継ぎ投手陣には課題が残ったなあ。 先発の大隣が先頭打者ホームランを浴びて、まさかこの前の試合の逆パターンになるんやないかと不安がよぎったが、その後は何もなかったように三者連続三振に仕留めると、2回も四球は1つだしたものの、2奪三振とキ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷の先頭打者弾で侍が目覚めた

出塁率と走塁を評価して鳥谷を1番に起用。山本監督、気付くの遅いわ。 WBCが始まってからここまでノーヒットの鳥谷。初回から四球を選んで先制の足掛かりを作ることを期待されてたのに、首脳陣の期待を裏切る先頭打者ホームラン。「ほら、鳥谷をもっと活用したらここまで苦労してなかったのに」と思った阪神ファンがどれだけいた事か。 これまでホー…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

まさに死闘、台湾に逆転勝ち

土壇場で追い付いて、延長で勝ち越し。長い長い試合やったけど、観戦してた人は最終電車に間に合ったんやろか。 両先発とも安定した立ち上がりで試合は投手戦の様相を見せていたが、3回に能見が突然崩れ出す。 先頭バッターに右中間フェンス直撃のツーベースを打たれると、陽岱鋼の送りバントで1死3塁。バントで良かったかもと思った矢先に、後続のバ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

キューバに完敗

内川が腰の張りで大事をとって欠場。あまりにも故障者が多すぎる。故障していない選手はことごとく打てないし。どうなってるんや、今大会の侍たちは。 先発の大隣は2回までノーヒットピッチング。しかし、3回先頭のトマスに一発を浴びて先制される。そんなに悪い球じゃなかったのになあ。やっぱりパワーが違うのかな。 4回にはマー君がリベンジを…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

WBC第1ラウンド勝ち抜け決定

昨日は中国に5-2で快勝。そして今日キューバが中国にコールド勝ちしたことで、日本とキューバの第2ラウンド進出が決まった。 マエケンが5回を1安打6奪三振のナイスピッチング。手を付けられんぐらい素晴らしい内容だった。 その後は内海、涌井、澤村がノーヒットリレー。最後の山口がちょっと打ち込まれて2失点したが、これは炭谷との相性もあっ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

侍ジャパン逆転勝ち、チームに一体感出たかも

想像以上にブラジルは強いやん。敗戦濃厚な雰囲気の終盤、代打攻勢が成功して逆転勝利。苦しみを乗り越えたことでチームがまとまったように見えた。 マー君の立ち上がり、先頭のオルランドの1・2塁間を破りそうな当たりに鳥谷が追いつくも、送球がバッターランナーに当たり、いきなり無死2塁のピンチ。続くプリンは、糸井が辛うじて追いつく、大きなライ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

強化試合最終戦は快勝したものの…

鳥谷をスタメンサードで使うことを決めたら松井稼が腰の張りで欠場。角中を2番で使うことを決めたら、今度は阿部が膝の違和感で欠場。てこ入れしようとすると何らかのアクシデントに見舞われとるなあ。中田が自打球で途中交代、長野も腰の張りを訴えて代打を送られた。まあ、それにしても怪我人が多い。 坂本の4安打をはじめ、合計12安打6得点。阿部が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キューバに逆転負け

前日の試合で負傷退場の上本は右目下とまぶたの裂傷と左足首ねんざ。骨折でなくてよかった。でも、足のスペシャリストだけにねんざは気になる。 TVで観戦しようと思ってビールとおつまみを買い込んで帰ったが、CATVの有料チャネルしか中継してなかった。(ノД`) 中国の怪しいサイトが有料チャネルの映像を垂れ流しているのでそちらを見てたが、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

侍ジャパン、大丈夫か?

大量点を取り合うバカ試合になるか、なかなか点の入らない展開のどちらかやろと思ってたが、予想通り後者の試合になった。 侍ジャパンの打順は2番にセカンド鳥谷。鳥谷の打席では両チームの応援団がHMを歌うという不思議な雰囲気だった。 鳥谷は本当はサードの予定だったのが、松井稼が腰の張りを訴えたので急遽変更になったらしい。暗雲ただよっ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

侍ジャパン、打線組み替えてオーストラリアに連勝

前日さっぱり当たりが出なかった打線が、ちょっと打順を弄っただけで活性化。喜ばしい事やねんけど、鳥谷がスタメンから外れたのがちょっとショックやった。 上位打線を坂本、松井稼、内川、阿部、長野の並びに変更。初回からいきなり結果が出て2点先制。途中で逆転されるもののすぐさま再逆転して、その後は小刻みに得点して、終わってみれば10-3で圧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC壮行試合、相川の逆転スリーランで辛勝

侍ジャパンは大丈夫か?だんだん心配になってきたわ。 先発のマー君が立ち上がりに2失点。珍しくボールが荒れていたけど、やっぱりWBC球がしっくりと来んのかなあ。 杉内は貫禄のピッチングで2イニングを1安打無失点。6回から投げた能見は、ちょっと危ないファールもあったけど、3イニングを無失点。6奪三振を奪う好投。 抑えの牧田は3者連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC代表が決定

侍J28人決定!浅尾、村田ら外れる 3月に開幕する第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表メンバー28人が20日に発表され、楽天の田中将大や日本ハム・中田翔、巨人・阿部慎之助らが選ばれた。  右肩痛で調整が遅れていた浅尾拓也や17日の広島との強化試合で2失点の山井大介(ともに中日)、巨人の宮崎キャンプ中に右手中…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

WBC代表候補に能見と鳥谷が選出

WBC日本代表選手候補、34人が選出された。タイガースからは能見と鳥谷が選ばれた。でも、まだ候補の段階。 今回は海外組が参加しないため、国内の選手だけでチームを編成。海外組がいなくても実力的には問題はなさそう。 ただ、イチロ-、ダルビッシュに代わって誰がチームの中心になるのかが問題。飛び抜けてスゴイ選手がいるわけではない。年齢で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

選手会、WBC出場不参加を撤回

選手会が訴えている不公平改善については根本解決していないが、NPBの窮余の策に乗っかって、結局無難なところに落ち着いたという感じやね。 前にも書いたが、WBCIとNPBの交渉は物別れ。門前払いと言ってもいい。じゃあWBCという言葉を使わなければ問題ないやろと、侍ジャパンを常設して、そこにスポンサーを付けるというビジネスモデルを作り…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

WBC主催者サイド、参加条件見直し拒否

【ニューヨーク13日=共同】日本プロ野球選手会が不参加を表明している来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への出場問題で、日本野球機構(NPB)の国際関係委員長を務める日本ハムの島田利正球団代表らが、米大リーグ機構(MLB)などで構成される大会主催者(WBCI)と交渉したが、WBCIは参加条件の見直しはしないことを明らかにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球選手会、WBC不参加方針を決議

労働組合・日本プロ野球選手会は20日、大阪市内で臨時大会を開き、来年3月に開催される第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加しないことを決めた。新井貴浩会長(阪神)は「1年前から主催者側に要望を出していたが返事がない。今後もあるとは思えず、苦渋の決断をした」と説明した。(サンスポ) 選手会の決議が最終決定ではなく、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

韓国を破り、WBC連覇!\(^O^)/

よりによって平日の昼間に1点を争う素晴らしい試合をしてくれたおかげで、まったく仕事になりませんでした。 この大会、2度までも苦しめられたポン・チュングンですが、今日は制球がイマイチ。 それでもすぐには打ち崩せず、3回にようやく1点先取。 岩隈は6回まで3安打ピッチング。 そのうちの1本がHRだったのはちょっと不運でした。…
トラックバック:32
コメント:2

続きを読むread more

アメリカを撃破!韓国と最終決戦へ

先頭打者HRの時はどうなることかと思いました。 序盤は後手に回って嫌な感じでしたが、4回にビッグイニングで逆転。 終盤に追い上げられるも、その裏すかさず突き放す。 見事な戦いぶりでした。 松坂は4回2/3、5安打2失点。 見た目の成績以上に苦しんだんでしょう。球数は98球というのがその事を物語ってます。 メジャー軍団相手…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

ベネズエラぐだぐだで韓国が決勝進出

ベネズエラ打線のパワーと韓国投手陣の精密さ、とても楽しみにしていましたが、初回で試合が決まってしまいました。 なに、あの守備。まるで草野球。どっちらけでした。 ベネズエラの野手は全員メジャーリーガーのはずなんですがね。 メジャーリーグに日本人選手が溢れる本当の理由 blogランキングに参加しています。 …
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

WBC第2ラウンド、1位通過

苦手の韓国との4戦目。これで対戦成績を5分にしました。 これまで先制されると試合が重苦しくなって、何も出来ないうちに負けていましたが、今日は違いました。 決勝トーナメント進出を決めて、気楽な気持ちで戦えたからでしょうか、のびのびとプレーしているように見えました。 今日は打線を大幅に変更。 4番にDH城島。村田は6番に下げ、8…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

決勝トーナメント進出決定

強豪キューバに2試合連続の完封勝ちで決勝トーナメント進出を決めました。 岩隈は6回69球の省エネピッチング。 なにより、外野へのフライが一本も無く、内野ゴロのオンパレードだったところが凄い。 7回からは杉内。こちらも3イニング完全のナイスピッチング。 調べてみたら、ジャパンの投手陣は韓国以外からは点を取られていないんですね。…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

またもや韓国投手陣を打ち崩せず

もしダルビッシュが打たれるようなことがあるとしたら、立ち上がりを狙われるぐらいだろうな。 そんなことを考えてたら、その通りの展開になってしまいました。 確かに立ち上がりが悪かったのでしょうが、守備の乱れで更に足を引っ張ったことが悔やまれます。 初回に3安打、でもその後立ち直って、5回4安打3失点(自責2)9奪三振ですから、悪い…
トラックバック:20
コメント:2

続きを読むread more

WBC第2ラウンド、白星スタート

今日はたまたま休みを取っていたので、早起きしてTVで観戦。 やっぱ、こんな早朝からの生中継はきついわ。 アホな首脳陣のおかげで、強化試合に登板できなかった松坂ですが、流石は日本のエース。 キューバキラーの本領を発揮してくれました。 7回からは岩隈、馬原、球児が1イニングずつ。 キューバ打線をまったく寄せ付けず、まさかの…
トラックバック:27
コメント:2

続きを読むread more

素晴らしい投手戦でした

前回の対戦で大差のコールド負けを喫した韓国ですが、やはり実力のあるチーム、立て直してきましたね。 ヒットの本数は日本が6で韓国が4。 どちらの投手陣も素晴らしいピッチングでした。 しかし、韓国の方が無四球だったのに対し、日本の投手陣は7四球。 打たれている訳ではないのに、終始押されぎみの試合展開でした。 先発の岩隈は3…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

イチロー復活!韓国にコールド勝ち!

序盤に1、2点取られて、その後は投手戦で、終盤に少し点を取り合って、2-3か3-4といった競った試合をすると想像してたのですが、なんと14-2で7回コールド勝ち。 久々に溜飲の下がる勝ち方でした。 しかし、韓国チームは切り替えが早いというのか、あきらめが早いというのか。 2回に大差をつけられてからはやたらと淡白な攻撃でした。 …
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

WBC東京ラウンド、まずは中国に完封勝ち

先発ダルビッシュは4回ノーヒットの好投。 わずか46球の省エネピッチングで、強化試合での不安を一蹴しました。 続く涌井、山口、田中、馬原、球児もピシャリと抑え、完封リレーで勝利しました。 勝ちはしましたが、打線の方は不満の残る試合でした。 先ずは5安打しか打てなかったこと。4回以降は稲葉のツーベース1本だけ。 加えて8四球…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

WBC強化試合の写真(その3)

WBC強化試合の写真の最終回はイチローです。 今回の観戦はイチローを見るためだけにチケットを買いました。 もちろん球児や岩田も見たかったですが、シーズン中に見ることができますから。 でもイチローは次のWBCに出るかどうかわからないし、だいたい京セラドームで強化試合をする保証もありません。 いつもの決めポーズ。ネットの支柱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC強化試合の写真(その2)

今日は野手の写真。 打ってるところの写真を中心に撮ったのですが、ブレブレの写真ばっかり。 それと、後から見てみるとイチローばっかりでした。 先頭バッターは青木。 やっぱり1番はイチローでしょう。 青木の1番がダメというわけではなく、先頭バッターでかき回すイチローを見たかった。 4回に勝ち越しのスリーベースを放っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC強化試合の写真(その1)

先日、京セラドーム大阪で行われたWBC強化試合、オーストラリア戦の写真です。 先に言い訳をしておくと、いい席を取ったのに、バッターボックスのところに内野ネットの支柱が被ったり、前の席のおっさんが邪魔で三脚が使えずにブレたりと、満足のいく写真は取れませんでした。 まずはスタメン この日は松坂-阿部のバッテリー。城島はDHで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more