テーマ:プロ野球

シーズン終了

奇跡の4連勝を見せて欲しかったが、残念ながら敗退。限界まで戦って来た選手たちに拍手を贈りたい。 シーズン中によく見た試合展開だった。西が6回2失点に抑えるものの、打線がわずか2安打に抑えられた。盗塁を2つ阻止されたのも痛かった。 西は怪我が治っていないのによく試合を作った。 前の試合で決勝ホームランを打った大山はこの日2安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく目覚めたか

追い詰められるとようやく力を発揮する。借りてきた猫の様な打線が、突如として猛虎に変身する。今シーズンの虎は往生際が悪いwww ここまで満塁では相手のミスでしか点が取れていなかった。しかし、この日はその呪縛が解けたようにタイムリーが出て、一挙5点のビッグイニングで一旦は試合をひっくり返した。 梅野が先制ソロを含む3安打2打点。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完封負けで後がなくなる

舞台を東京ドームに移してから、打線に勢いがなくなった。リリーフ陣も頼みのガルシア、島本が打たれて大敗。 満身創痍で出続けていた福留が、右膝に死球を当てられてとうとう負傷交代。大事に至らない事を祈る。 これまで好調だった打線が、メルセデスの前に散発3安打に抑えられた。前日も2度の満塁のチャンスでワイルドピッチと押し出しでしか点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CSファイナル初戦を落とす

先発望月が序盤に5失点。打線も山口俊を攻めきれなかった。 大舞台の初戦に望月を起用したのは、シーズン終盤から必死で戦ってきたしわ寄せが出て来たのだと思う。ガルシアが後ろに回り、西が負傷し、先発の枚数が不足している。この日、岩貞を上げたのは、先発とリリーフの両睨みだと思う。 望月は初回にソロホームラン2本、2回にタイムリー2本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファーストステージ勝ち抜け!

植田の足と必死の継投で1点差逃げ切り成功。5年振りのCSファイナル進出を決めた。 なぜ岩崎を跨がせたのか、なぜ球児を8回から2イニング行かせたのか。まあそれでも勝てたのでよしとしよう。 植田は前日の盗塁失敗を引きずらずに、初球からよくスタートを切った。梅野のセンターフライも浅い当たりだったけど、それでも悠々と本塁に帰って来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレート勝ちならず

土俵際での福留の同点ホームランもむなしく、直後に乙坂にサヨナラホームランを打たれて2戦目を落とした。延長戦になれば断然有利やったのに残念。 この日も3点のビハインドを中盤に追い付いた。その後1点差をつけられたが、9回裏2死から福留のホームランで再び同点。 流れは悪くなかったが、追い付けても追い越せなかったのが敗因やな。 青…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6点差跳ね返してCS1王手

青一色と言ってもいいスタンド。赤やオレンジは慣れてるんやけどね。そんなアウェイ感一杯の中、諦めない気持ちで逆転勝ちしてくれた。 初回、西が筒香のスリーランを含む5連打で、1アウトも取れずにノックアウトされる。中盤には4番手島本が4失点。 打線は石田から1点を取るのがやっと。リリーフ今永にも抑え込まれて、6回を終ったところで6点の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必死のバッチの6連勝で逆転CS

一縷の望みが段々と現実に近づき、とうとう今季最長の6連勝でAクラス入り。打てない守れないチームなのによく頑張った。 中日のこの試合の目標が大野の防御率タイトルだったのが幸いした。それも3回1/3というのに救われた。 大野降板後、三ツ間から北條のヒットと四球でチャンスを作ると、大山がセンターに弾き返して1点を先制。更にワイルド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あとひとつ

4連続完封こそ逃したが見事に5連勝を決めた。メッセンジャーのラスト登板もセレモニーも恙無く行われた。 先発はメッセンジャー。先頭の大島を空振り三振に仕留めて、これが最後の仕事となった。大島、協力ありがとう。 試合後は外国人選手初の引退セレモニー。チームの大黒柱だったメッセンジャー。一家の大黒柱でもあったというのをひしひしと感じた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西10勝目、CSまでM2

前日、広島が負けて自力CSが復活。目標に向かって突っ走れ! この大事な局面でマルテが故障。大山を4番で起用するとか、ギャンブルに近いスタメンだったが下位打線が頑張ってくれた。 西は初回に足に打球が当たり、万全の状態でなかったが、5回まで無失点に抑え、先発の柱としての根性を見せてくれた。 6回からは岩崎、ドリス、島本が繋ぎ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ諦めない

完封リレーで読売との最終戦に勝利。例年ならとっくに失速しているのに、今年はやたらと粘りを見せてくれている。 この日は大山がキーマンだったように思う。特に6回先頭で12球粘って四球で出塁して、すぐさま盗塁を決めたのが高橋攻略に繋がった。 体調不良だったジョンソンが戻って来てくれた。四球を1つ与えるも、2三振を奪ってきっちりと0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

執念の継投で完封勝ち

何とか無失点に抑えていた望月を4回2死でスパッと交代。能見のワンポイントを挟んで、後はショートイニングで繋いで完封リレーを完成。勝利への執念やね。 豊富な投手力を惜しみ無く使った。まるで短期決戦の予行演習の様な起用方法。後がないし、日程もスカスカなので、それもいいと思う。 鳥谷が代打で先制タイムリーを放った。 阪神鳥谷で試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北條、勝ち越しツーラン

負けるとCSの望みが断たれる、瀬戸際の試合。途中出場の北條が大仕事をしてくれた。これで今シーズン、広島に勝ち越し。何年ぶりやろ。 右のジョンソンなので、木浪がスタメンで出場。6回、タイミングが合っていないと見るや代打北條。ここは内野ゴロに倒れたが、進塁打となって、その後の同点劇に繋がった。 そして8回。1死2塁で打席が回り、菊地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近本の新記録達成の日に完封負け

近本が初めて3番で起用され、第1打席でヒットを放って長嶋を越えた。この男、プレッシャーを感じないのか。 近本は1年目でレジェンドを越えた。1つ越えただけで満足せず、もっとヒットを打って走って欲しい。 チームは完封負け。福留がお休みで、前日3安打した近本を3番に据えた。監督の気持ちは分からないでもないが、打順を弄らない方がよか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近本、固め打ちで長嶋に並んだ!

近本が3安打猛打賞で、長嶋の持つセ・リーグ新人最多安打に一気に並んだ。盗塁も1つ成功させ、セ・リーグ単独トップ。試合も勝って最高の気分。 近本の活躍でヤクルトに逆転勝ち。 7回先頭でヒットで出ると1死からスチールを決め、そこからチャンスが広がり、髙山、梅野の連続タイムリーでひっくり返した。 近本が出て走れば点が入る。まるで赤星…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京ドーム最終戦に勝利

前日失敗した1点差逃げ切り。この日は中継ぎがしっかり抑えてくれた。 8回はジョンソンでなくドリス。ジョンソンは前日ゲレーロに打たれたのを引きずってたんかな。 ドリスは先頭の岡本を見逃し三振に打ち取ると3人でピシャリ。やはり先頭バッターへの対応次第やな。先頭を出したらスパッと交代させた方がいいかもしれない。 ガルシアは毎回の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョンソン被弾で逆転負け

菅野を打ち崩して勝ちパターンに持ち込んだと言うのに、ジョンソンがゲレーロに逆転ツーランを浴びてしまった。 岩崎の調子が良くなかったので、ジョンソンをイニング跨ぎで投げさせた。これでジョンソンのペースが乱れたのかもしれない。 ドリスが万全であれば、ワンポイントで使って、ジョンソンをいつも通り8回頭から行けたのになあ。 絶対に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大野雄大にノーノー喰らう

外出先で試合結果を見て「ああまた完封負けか」と思いながら近本の成績をチェックするとノーヒット。よくよく見ると誰もヒットを打っていない。まさかと思ったその時「大野雄大、ノーヒットノーラン達成」の知らせが入った。 山本昌にノーヒットノーランを喰らったときを思い出した。40を越えたベテランにやられたときほどのショックはないが、それでも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー引退!!

メッセンジャーが突如引退を発表。能見のように配置転換で長くプレーして欲しかった。 長い間ありがとう。いつの間にか先発投手陣のリーダー的存在になって、その背中を見て若いピッチャーが育った。そんなお手本になる選手が去るのはチームの損失やね。 試合の方は、西がいつもながらの安定したピッチングを見せ、打線もしっかりと援護。なぜか今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燕にまさかの負け越し

髙橋遥が2戦連続で不甲斐ないピッチング。打線も奮わず大差で負けた。 髙橋遥が予想外の乱丁。シーズンな疲れが溜まっていて、体力的にも精神的にも限界が近いのかもしれない。 プロ1年目の昨年は体力強化を優先し、先発しても投げ抹消だった事を考えると仕方ないかもしれない。もっと調子のよかった時期に打ってやらなかったのが残念。 4回に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷、今季初打点!

鳥谷が代打でタイムリーツーベースを放ち、今シーズン初めて打点がついた。この試合の10得点の中で、一番嬉しい1点だった。 青柳が6回2死まで3点に抑え、能見がワンポイント、岩崎とジョンソンが1イニングをパーフェクトリレー。点差が離れたので、最後は守屋が締めた。 打線も先制、中押し、ダメ押しと理想的な流れ。マルテと髙山にホームランが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自力CS消滅

監督辞任が決まったヤクルトに惜敗。ドリスが2試合連続で失点した事が痛い。 広島には負け越したが、このカードで3連勝すれば、望まだみがある。 不利な戦況から同点に持ち込み、中継ぎフル回転で何とかその後の失点は防いだまではよかったが、延長に入ってドリスが1点を取られて負けた。 相手との相性や経験値からいってドリスを選択したのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早めのドリス投入が裏目

勝負を賭けた作戦が空回り。もっとどっしりと構えた采配をして欲しいもんやね。 5回の攻撃で岩貞に代打を送り、その裏にドリスをマウンドに送った。 この時点で2点のビハインド。何とか試合を動かしたかったんだと思うが、1死ランナーなしで代打を出す必要はなかったと思う。 ドリスには早いイニングで行く事を伝えてあったのか。例え伝えてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

序盤の大量点で西8勝目

西が2桁安打を許しながらも、8回を3失点に抑える好投。3回までに7点の援護を貰い、余裕で8勝目。 ソラーテの一件でチームにおかしなムードが漂っているのを一掃。とにかく3連敗を防いだ事に意味がある。登板間隔の空いた球児の調整も出来て、価値のある勝利だった。 近本のヒット数がセ・リーグ新人安打数3位の高橋由伸と並んだ。新記録達成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソラーテ造反

昇格予定だったソラーテが、モチベーションが上がらないと言う理由で急遽帰阪。結果を出せないのは起用方法に問題があると言ってるかの様。大阪でなく、母国に帰って貰ってもええよ。 俊介を抹消しただけで誰も上げない。そんな公示を見て不思議に思っていたが、こういう事があったんやね。 ここのところ打線が繋がるようになって来たので、ソラーテをス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突撃!突撃!ちーかーもと!!

近本が2安打を放ち、髙山の持っていたチーム新人最多安打を更新。3回には四球で出塁し、ビッグイニングの足掛かりも作った。 打線の勢いは前日以上。この日は投手陣がしっかりと抑えてくれた。こういう展開になれば負ける筈がない。 近本、おめでとう。まだまだ残り試合があるので、セ・リーグ記録を狙って邁進して欲しい。 記録を抜かれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームラン攻勢で逆転サヨナラ負け

4点のリードをひっくり返されてサヨナラ負け。7失点の内、6点がホームランというのがなあ。 得意の横浜でのDeNA戦。打線はそれなりに打って5得点。しかし、投手陣がピリッとしなかった。 この3連戦で勝てば…シーズン終盤でこういう時に負ける事が多い。 4本もホームランを打たれたのだからバッテリーには大反省してもらって、次の試合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩貞復活!読売に連勝!

インフルエンザとその後の故障で長期離脱していた岩貞が、6回を3安打無失点の好投を見せた。終盤の追い込みに間に合ってくれてよかった。 読売打線を散発3安打。それもすべてシングルヒットのみ。加えて無四球で奪三振は6。 圧巻のピッチングだった。故障明けだったので早めに降板したが、最後まで投げられるポテンシャルがあるところを見せてくれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中谷、代打勝ち越しホームラン

久し振りの生観戦。天気がもってよかった。更に、勝てて対読売戦の連敗が止まってよかった。 甲子園へ向かう途中に、鳥谷が今年限りでタテジマのユニフォームを脱ぐとのニュースを知った。 色んな事情で戦力外になるのは仕方ないにせよ、話の持っていきようがあると思う。昔からチームの功労者に対して酷い対応をしてきた。阪神電鉄の体質なんやろな。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

引退勧告

試合前に球団が鳥谷に引退勧告をしたらしい。なぜ功労者に対してちゃんとした席を設けて話せんのやろ。 ここ数年の鳥谷の成績を見ると、戦力外通告されても仕方がない。ただ、それは若手にシフトしている球団方針のせいでもある。 試合に出続けて成績を残すタイプの選手なのだから、活躍してもらうためにはレギュラーで使わないといけない。 試合に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more