テーマ:春季キャンプ

2016春季キャンプ始まる

宜野座は朝から雨。星野さんのときも、岡田さんのときも雨のキャンプスタートだったらしい。ひょっとすると… 伊藤隼太が肩を痛めて、キャンプ目前にして帰阪。精密検査の結果は右肩関節唇損傷だとか。結婚して今年こそはと意気込んでいたやろに、持ってないわ。 キャンプレポートをざっと見た印象。 全般的には、皆身体をちゃんと作って来たとい…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

長いようで短いオフ

秋キャンプが終わってから退屈していたが、あっという間に1月も終わり。明日からは待ちに待ったキャンプ。 今シーズンの補強は穴埋めだけ。ちょっと不安はあるが、戦力底上げの年と腹をくくったんやろね。 資格試験や確定申告の準備とか、今年の観戦計画を考えたりで超忙しい日々やけど、なんやかんや言いながらもこの時期が一番楽しい。 例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ打ち上げ

目立った話題がないままにキャンプは終わり。 身辺が忙しかったこともあるが、盛り上がらんかったなあ。 自宅の無線LAN中継器が故障したのでスマホから手短に。 セカンドのポジション争いは西岡がサードにまわることで決着。最初からわかってたこと。 良太が安芸スタート、若手もそれほど目立たずでサード争いがなかったのが寂しいわ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オープン戦開幕、藤浪に喝

早いものでもう2月もあと1週間を残すのみ。 今シーズンのキャンプは大きな話題も目新しさもなく、あっという間に最終クールですわ。 DeNAとのオープン戦は7-5で敗戦。負けたことより藤浪の内容が悪かったのが気になる。 この時期、色々と試して打たれるのは問題ないが、荒れ玉で自滅してたら実戦登板した意味がない。 このオフはマエ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

濱中コーチ緊急入院、ゴメス来日再延期

江越がロングティーで場外弾を打ったとか、梅野が意外にも足の速いところを見せたとか、そんな期待できそうな話題よりもネガティブな記事の方が目立つ。 虎・浜中2軍コーチ、急性すい炎のため入院…退院未定  阪神は3日、浜中治2軍打撃コーチ(36)が急性すい炎のため、高知県内の病院に入院したと発表した。  1日から2軍安芸キャンプで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャンプ2日目、マートンと鶴岡が離脱

まだまだ始まったとこやというのに、マートンと鶴岡がハムストリングを痛めて離脱。(-_-;) どちらもお午前中のベースランニングでやらかしたらしい。 マートンは違和感があるという程度らしいが、鶴岡はアイシングが必要なレベルなので、第1クールが終わるタイミングで帰阪させられるかもなあ。 昔と違って最近のキャンプでは第1クールか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015、キャンプイン

退屈なオフも終わり、ようやくキャンプイン。ネタがないことを幸いに、しばらくブログの更新をサボっていたけど、こっちも開幕に向けて準備を始めんといかんなあ。 オフの間はほとんどネタがなかったのに、キャンプ直前になってゴメスがパスポートを盗まれて間に合わんとか、新ユニの発表とか、ポロポロとネタが出始めた。 ゴメスは第2クールから合…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

あっという間に2014キャンプ打ち上げ

この前キャンプが始まったと思ったら、もう打ち上げ。 キャンプの途中で何度か記事を書こうと思ってたけど、どうもサボりぐせがついたのか、何も書けずじまいに終わった。 シーズンに向けて、こっちも気合いを入れ直さなアカンなあ。 今年のキャンプは選手が万全の状態でキャンプインし、キャンプ中も故障で強制送還させられた選手がほとんど居なかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

球春到来、2014年春季キャンプ始まる

やっぱり、ユニフォーム姿というのは引き締まって見えてええもんやね。 意外に思ったのは、能見や福原が初日からブルペンで全力投球していたこと。 このオフに先発投手の補強ができなかったが、それで危機感を持っているのかもしれんね。その事だけでなく、能見は2年目の藤浪にエースの座を奪われたくないやろし、福原も呉昇桓をライバル視してるやろし…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

明日から待ちに待ったキャンプ

2014年も12分の1が終わり、明日からキャンプが始まる。明日から当分はキャンプレポートのチェックで忙しくなるなあ。 月日が経つのは早いとはいえ、クライマックス敗戦後からこの日まで、とても長く感じた。 呉昇桓やドラ1の岩貞らの新加入組の活躍や、新井と福留の復活、そして藤浪の2年目の飛躍が期待される反面、不安材料も山積みやね。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more