テーマ:交流戦

怒涛の攻撃で逆転するも、球児で逃げ切り失敗

ロッテとの試合はなぜこんなに荒れるんやろね。阪神17安打、ロッテ16安打の乱打戦。最後もすんなりと終わらんやろと思ってたら、その通りの結末になったなあ。 能見は5回1/3を10安打4失点でオリックス戦に続いてのKO。 3回の根本のソロホームランは仕方ないとしても、5回の2死満塁の場面で井口にストレートの四球を与えて押し出しは残念…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

序盤の大量点で辛くも逃げ切る

久しぶりの打線爆発に大喜びしたものの、途中からは尻すぼみ。最後は一打逆転というところまで追い込まれての勝利。すんなりとは勝てんなあ。 初回、ロッテ先発香月のコントロールが定まらないところを捉え、満塁でブラゼルの走者一掃のタイムリーで先制。2回にはリリーフした松本から金本、新井、ブラゼルの3連続タイムリーで4点を加えると、3回にも内…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

コツコツと逆転勝ち

前日負傷した安藤と入れ替わりで野原祐が1軍登録され、1番ライトでスタメン出場。珍しく思い切った采配だが、今のレギュラー陣ではこの情況を打破出来んと考えたんやろなあ。 それにしても、阪神打線の拙攻と西武リリーフ陣のダメぶりの、どっちもどっちの試合だった。 スタンリッジは序盤に3点を失うが、3回以降は毎回のように四死球のランナーを出…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

苦手なんも大概にせな、石井一に2安打完封負け

もう、先発ピッチャーの調子がどうとか、正捕手がおらんからリードがどうとか、そんなことどうでもええよ。とにかく、ランナーが出んことには始まらんねんから。 ヒットを打ったのは初回の鳥谷と9回の良太だけ。あとは一人のランナーも出すことも出来ず、石井に余裕の無四球完封勝利を許してしまった。 とにかく苦手投手が多すぎる。苦手とわかって…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

岩田好投5勝目

またも打線の援護が無い中で岩田が好投。8回まで気持ちが折れることなくソフトバンク打線を3安打に抑えたご褒美やね。丸刈りにしてから調子ええやん。 この日は何と言っても岩田の好投に尽きる。2回、松田に左中間フェンス直撃のスリーベースを打たれて1死3塁のピンチを迎えるが、ペーニャをサードゴロ、長谷川を見送りの三振に打ち取って切り抜けた。…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

打てないのはいつもの事、でも采配に問題あり

マートンが前日の発言の件でスタメン落ち。球団社長からの注意で終わったみたいやけど、チーム内がぎくしゃくせんか不安が残る。不用意な発言の反省を促すためにも、一度ファームに落とした方が良いように思う。 阪神先発はメッセンジャー。 2回、松田のライトへの当たりを良太がグラブに当てながら取り切れず、スリーベースにしてしてしまうと、続くペ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

チーム状態最悪、オリックスに完敗

前日の金本の一発でチームのムードが変わるかと思ってたけど、何も変わってなかったなあ。能見のエースらしくないピッチングに、マートンのやる気の見えないプレー。何か緩いよなあ。 先発能見は初回、ヒットと四球のランナーを置いて、バルディリスのタイムリーで早々に1点を失う。2回、連続三振でツーアウトを取り、これで波に乗ったかと思ったところで…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

これぞ4番の仕事

ミスと拙攻のオンパレード。こんな悪いムードを一発でひっくり返してくれた金本はやっぱり凄いわ。4番とはこういうもんやというのを見せつけてくれた。 あの雨の中、9回まで試合をさせてくれた阪神園芸さんにも感謝。 ひどい雨と田んぼのようなグラウンド状態。イニングの合間に入念にグラウンド整備をして、プレー中の中断はなし。そして、最後まで試…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

藤井抹消で楽天に惨敗

出てくるピッチャーが次々と打たれ、終わってみれば14安打浴びて大差で敗戦。藤井不在の影響がもろに出た。 藤井が右太ももの肉離れで登録抹消。代わりに上がってきたのは小宮山。しかし、スタメンマスクは小宮山ではなく今成。 日ハム時代からバッティングはいいという評判だったらしい。だからこそ、控え捕手というより、左の代打として重宝されてき…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

丸刈り岩田、開き直って好投

美馬と岩田の息詰まる投手戦。最後は楽天ストッパーの青山が勝手にこけてくれた。 新井が4試合ぶりにスタメン出場。ヒット2本打ったけど、エラーと牽制死でチャラ。 3回にヒットとエラーで1死2・3塁。ここで大和にバントの指示を出すが、バント空振りで藤井が三本間に挟まれてチャンスを逃す。なかなか点が入らないもどかしさは解るが、こんな作戦…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

継投失敗で日ハムに4連敗

久しぶりに4番のタイムリーで逆転して、いいムードになったんやけどなあ。2日連続でメモリアルゲームを飾れず残念。 メッセンジャーは初回、中田にホームランを打たれて先制を許す。カウントを取りに行ったのが甘く入ったような感じ。 打線は毎回ランナーを出すものの、なかなか決めることができないでいたが、5回に良太、平野の連続ヒットで1・…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

球児が踏ん張れず、今期初のサヨナラ負け

好投能見を打線が見殺し。リーグ順位も4位に落ちて、またもや借金生活に入った。 3回、ブラゼルがヒットで出塁すると、藤井の送りバントで二進。柴田フォアボール、平野四球で1死満塁。大和はボテボテのサードゴロ。当たりが悪かったのが幸いして、サード小谷野がバックホームするが間に合わず、ブラゼルホームインで先制。ブラゼルの必死の走塁&スライ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

新井スタメン落ち、ブラゼル必死のサヨナラ打

とうとう新井がスタメン落ち。打順をだんだん下げていって、最後にスタメン落ちというのはやり方がまずいと思う。ベンチから試合を見ていて良くなりそうな気がしないので、いっそのことファームに落として、ミニキャンプでも張った方がええんとちゃうか。 2回に藤井のホームランで先制。初球のインコースのストレートを見事にレフトポール際に放り込んだ。…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

何というバカ試合

初回、鳥谷のタイムリースリーベースで、岩田に援護点をプレゼントしたが、最近の岩田は援護してもらうと、どうも打たれる傾向がある。 2回のピンチは辛うじて逃れたものの、3回に自身の守りのミスでランナーをためると、井口のタイムリーとサブローのゲッツーの間に逆転を許してしまう。更に4回にも下位打線に3連打されて1点を失い、なおも2死満塁で…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー、またも一発に泣く

0-0で迎えた7回表。熱投を続けていたメッセンジャーが力尽き、京セラドームでのオリックス1回戦の悪夢が再現されてしまった。 メッセンジャーはほぼ毎回ランナーを背負ってのピッチング。ボールがばらついていたが、球威で何とか抑えているという感じだった。球数が多かったのでどこで代えるのかがポイントだったと思う。 7回1死、原にセンタ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

タナボタのサヨナラ勝ち

どうぞ勝ってくださいと言ってくれてるようなライオンズの守り、いいえ遠慮しときますと言ってるようなタイガースの拙攻。最後は、まあまあそう言わずにと、押し出し死球を頂いてサヨナラ勝ち。 4番マートンはある程度想定していたが、5番ライト檜山にはびっくりしたなあ。スタメン発表の時は買い出しの最中で、スタンドからのすごい歓声に、新井がスタメ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

消極的に引き分けに持ち込む

延長に入れば10回の攻撃は1番の平野から。あと5分、あと3分と3時間半のリミットが迫っているというのに、審判がホームベースを掃いたり、榎田が帽子を被り直したり、ほんの数秒のことながら無駄な時間が積み重なって残り時間がなくなっていく。ラジオで中継を聞いていて、とてもじれったく感じた。 前日効率のいい点の取り方をした打線が、この日は一…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

スタンとマートンの活躍で鬼門封じ

今年の交流戦初めてのカード初戦勝利。それも鬼門の福岡ヤフードームでの勝利。スタンリッジの好投とマートンの活躍があってこそやね。 スタンリッジは7回3安打無失点の好投。ホークス時代に馴染んだマウンドで今期最高のピッチングを披露してくれた。 ピンチらしいピンチは6回だけ。明石にライトオーバーのスリーベースを打たれるが、ここを新井、平…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

オリックス投壊でようやく交流戦初勝利

打線爆発、11安打8得点でオリックスに快勝。こう書くと貧打が解消したかのように思うが、実はこれ以外に12四死球ももらってる。23人もランナーに出てて8点じゃ少なすぎるわな。 初回、2死1・3塁の場面で新井。打てーの応援のおかげか、プレッシャーのかかる場面にもかかわらず、レフト前タイムリーを打って先制。2回には2つの四球でチャンス…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー、伏兵の満塁弾に沈む

ちょっと奮発して、内野指定席での観戦やったのに見どころなかったなあ。それどころか、途中で応援する気力も失せたわ。盛り上がらんかったなあと思い、家に帰ってスコアを確認したら、自分が球場についてからは平野のヒットと新井の内野安打しか塁に出れてなかった。 DH金本でレフトには林。守備の面ではDHのメリットを活かせてへんやん。単に一発のあ…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

投壊で4連敗

久保が今期最短の4回4失点で降板。この日は勝負球の変化球が甘く入ったところを打ち込まれていた。 初回、フェルナンデスにセンター前に落ちるヒットで1点を先制される。すぐに味方が逆転してくれるものの、3回には再びランナーをためてフェルナンデスのセンター前ポトリで同点に追いつかれると、4回には犠牲フライで逆転を許す。 前回も5回持たず…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

能見4敗目、チームも3連敗

予想通りブラゼルをスタメンから外し、5番に関本を起用。何か変わってくれることを期待したが、極貧打線のカンフル剤にはならなかった。 能見の立ち上がり、ホームラン性の外野フライを打たれたり、ツーアウトからガタガタと崩れて満塁のピンチを迎えたりと、やや不安のある内容。それでも踏ん張って0に抑えていくと、4回からエンジンがかかり、…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

打つのもダメなら守りもダメ

和田監督の目指す「1点をしっかりと取りにいく」、「守りをしっかりと固める」というのは忘れられてしもたんかな。大体、守りで負けるって弱いチームによく見られる傾向やで。 前日に続いて、日ハム投手陣に捻られてしまった。試合前半はチャンスを作っても下位打線に回って得点につながらなかったり、いい当たりをしても相手の守備範囲だったりと、ツキに…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

交流戦黒星スタート

関川コーチが、パリーグ時代の経験を活かして特命コーチに抜擢された。それはそれでええけど、日ハム先発の吉川については、去年までの情報は意味ないわな。 1点差の8回裏、ツーアウトでランナーは2塁。ここで日ハムバッテリーはマートンを敬遠気味に歩かせて金本との勝負を選ぶ。金本は渾身のスイングで、1塁稲葉の頭上を襲う鋭い当たり。同点は確実、…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

2012年度セ・パ交流戦試合日程発表

日本シリーズが終わったばかりだというのに、もう来年の交流戦の日程が発表された。 毎年この時期に発表してたかなと思って調べてみたら、今年はキャンプ直前の1月25日だった。なぜ来シーズンに限ってこんなに早いんやろ。 5/16(水)、17(木) 日ハム(甲子園) 5/19(土)、20(日) 楽天(甲子園) 5/22(火)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more