ジョンソン被弾で逆転負け

菅野を打ち崩して勝ちパターンに持ち込んだと言うのに、ジョンソンがゲレーロに逆転ツーランを浴びてしまった。 岩崎の調子が良くなかったので、ジョンソンをイニング跨ぎで投げさせた。これでジョンソンのペースが乱れたのかもしれない。 ドリスが万全であれば、ワンポイントで使って、ジョンソンをいつも通り8回頭から行けたのになあ。 絶対に…
コメント:0

続きを読むread more

大野雄大にノーノー喰らう

外出先で試合結果を見て「ああまた完封負けか」と思いながら近本の成績をチェックするとノーヒット。よくよく見ると誰もヒットを打っていない。まさかと思ったその時「大野雄大、ノーヒットノーラン達成」の知らせが入った。 山本昌にノーヒットノーランを喰らったときを思い出した。40を越えたベテランにやられたときほどのショックはないが、それでも …
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー引退!!

メッセンジャーが突如引退を発表。能見のように配置転換で長くプレーして欲しかった。 長い間ありがとう。いつの間にか先発投手陣のリーダー的存在になって、その背中を見て若いピッチャーが育った。そんなお手本になる選手が去るのはチームの損失やね。 試合の方は、西がいつもながらの安定したピッチングを見せ、打線もしっかりと援護。なぜか今年…
コメント:0

続きを読むread more

燕にまさかの負け越し

髙橋遥が2戦連続で不甲斐ないピッチング。打線も奮わず大差で負けた。 髙橋遥が予想外の乱丁。シーズンな疲れが溜まっていて、体力的にも精神的にも限界が近いのかもしれない。 プロ1年目の昨年は体力強化を優先し、先発しても投げ抹消だった事を考えると仕方ないかもしれない。もっと調子のよかった時期に打ってやらなかったのが残念。 4回に…
コメント:0

続きを読むread more

鳥谷、今季初打点!

鳥谷が代打でタイムリーツーベースを放ち、今シーズン初めて打点がついた。この試合の10得点の中で、一番嬉しい1点だった。 青柳が6回2死まで3点に抑え、能見がワンポイント、岩崎とジョンソンが1イニングをパーフェクトリレー。点差が離れたので、最後は守屋が締めた。 打線も先制、中押し、ダメ押しと理想的な流れ。マルテと髙山にホームランが…
コメント:0

続きを読むread more

自力CS消滅

監督辞任が決まったヤクルトに惜敗。ドリスが2試合連続で失点した事が痛い。 広島には負け越したが、このカードで3連勝すれば、望まだみがある。 不利な戦況から同点に持ち込み、中継ぎフル回転で何とかその後の失点は防いだまではよかったが、延長に入ってドリスが1点を取られて負けた。 相手との相性や経験値からいってドリスを選択したのは…
コメント:0

続きを読むread more

早めのドリス投入が裏目

勝負を賭けた作戦が空回り。もっとどっしりと構えた采配をして欲しいもんやね。 5回の攻撃で岩貞に代打を送り、その裏にドリスをマウンドに送った。 この時点で2点のビハインド。何とか試合を動かしたかったんだと思うが、1死ランナーなしで代打を出す必要はなかったと思う。 ドリスには早いイニングで行く事を伝えてあったのか。例え伝えてい…
コメント:0

続きを読むread more

序盤の大量点で西8勝目

西が2桁安打を許しながらも、8回を3失点に抑える好投。3回までに7点の援護を貰い、余裕で8勝目。 ソラーテの一件でチームにおかしなムードが漂っているのを一掃。とにかく3連敗を防いだ事に意味がある。登板間隔の空いた球児の調整も出来て、価値のある勝利だった。 近本のヒット数がセ・リーグ新人安打数3位の高橋由伸と並んだ。新記録達成…
コメント:0

続きを読むread more

ソラーテ造反

昇格予定だったソラーテが、モチベーションが上がらないと言う理由で急遽帰阪。結果を出せないのは起用方法に問題があると言ってるかの様。大阪でなく、母国に帰って貰ってもええよ。 俊介を抹消しただけで誰も上げない。そんな公示を見て不思議に思っていたが、こういう事があったんやね。 ここのところ打線が繋がるようになって来たので、ソラーテをス…
コメント:0

続きを読むread more

突撃!突撃!ちーかーもと!!

近本が2安打を放ち、髙山の持っていたチーム新人最多安打を更新。3回には四球で出塁し、ビッグイニングの足掛かりも作った。 打線の勢いは前日以上。この日は投手陣がしっかりと抑えてくれた。こういう展開になれば負ける筈がない。 近本、おめでとう。まだまだ残り試合があるので、セ・リーグ記録を狙って邁進して欲しい。 記録を抜かれた…
コメント:0

続きを読むread more

ホームラン攻勢で逆転サヨナラ負け

4点のリードをひっくり返されてサヨナラ負け。7失点の内、6点がホームランというのがなあ。 得意の横浜でのDeNA戦。打線はそれなりに打って5得点。しかし、投手陣がピリッとしなかった。 この3連戦で勝てば…シーズン終盤でこういう時に負ける事が多い。 4本もホームランを打たれたのだからバッテリーには大反省してもらって、次の試合…
コメント:0

続きを読むread more

岩貞復活!読売に連勝!

インフルエンザとその後の故障で長期離脱していた岩貞が、6回を3安打無失点の好投を見せた。終盤の追い込みに間に合ってくれてよかった。 読売打線を散発3安打。それもすべてシングルヒットのみ。加えて無四球で奪三振は6。 圧巻のピッチングだった。故障明けだったので早めに降板したが、最後まで投げられるポテンシャルがあるところを見せてくれた…
コメント:0

続きを読むread more

中谷、代打勝ち越しホームラン

久し振りの生観戦。天気がもってよかった。更に、勝てて対読売戦の連敗が止まってよかった。 甲子園へ向かう途中に、鳥谷が今年限りでタテジマのユニフォームを脱ぐとのニュースを知った。 色んな事情で戦力外になるのは仕方ないにせよ、話の持っていきようがあると思う。昔からチームの功労者に対して酷い対応をしてきた。阪神電鉄の体質なんやろな。 …
コメント:0

続きを読むread more

引退勧告

試合前に球団が鳥谷に引退勧告をしたらしい。なぜ功労者に対してちゃんとした席を設けて話せんのやろ。 ここ数年の鳥谷の成績を見ると、戦力外通告されても仕方がない。ただ、それは若手にシフトしている球団方針のせいでもある。 試合に出続けて成績を残すタイプの選手なのだから、活躍してもらうためにはレギュラーで使わないといけない。 試合に出…
コメント:0

続きを読むread more

青柳見殺し、完封負け

矢野監督は、夏ロードが終わって何か思うところがあったのかも。1、2番を開幕のときに戻し、俊介を8番ライトで起用。そして取って置きの代打は鳥谷。見事に空回りした。 ロード終盤は見事にまで打線が繋がった。ようやくいい感じになって来たのに、1試合打てなかっただ終盤でやることではない。 最大の山場での代打鳥谷は分からなくもない。右ピ…
コメント:0

続きを読むread more

ブキャナン打てず、連勝ストップ

序盤に先制したものの、その後はブキャナンを攻略出来ずに逆転負け。ガルシア我慢のピッチングも8敗目。 ブキャナンの防御率は5点台なのに、阪神戦では1点台に変身する。何なんやろね。スコアラーのデーターが間違っているのか、バッティングコーチの指示が悪いのか。どちらにせよ、ずっしり苦手のままにしておいたらアカンやろ。 3回にガルシア…
コメント:0

続きを読むread more

今季初の5連勝

一旦は逆転を許したものの、すぐさま再逆転。久し振りに西に勝ち星がついた。 これで5試合連続で先発に勝ち星がついた。DeNA、ヤクルトと、苦手意識のない相手だからかもしれないが、打線の粘りは見られるようになった。 今の打順にしてから、選手が自分の打順に見合った活躍をするようになった。 この日は初回に福留のツーランで先制。逆転…
コメント:0

続きを読むread more

普通に強いやん

初回に2死から3連続タイムリーで先制。3回には木浪のホームランで中押し。打線の援護を受けて髙橋遥が6回を2失点に抑える。終盤にだめ押しして大差で勝利。 近本が出て、マルテ、糸原、大山がタイムリー。初回だけでなく、8回にも同じパターンで3点を取った。これまでタイムリー欠乏症だったのが嘘のように点が入る。 マルテの調子がいい。4番を…
コメント:0

続きを読むread more

望月、嬉しいプロ初勝利

望月が念願のプロ初勝利をゲット。それも、これまでの登板からは予想しなかった、6回無失点の好投。ようやく第一歩を踏み出した。 これまでランナーを溜めると踏ん張り切れずに失点していたが、この日はしっかりと粘ることが出来た。 リードを貰った直後の4回、ヒットと2つの四球で満塁にしてしまい、望月もまだまだやなあと思っていた。しかし、…
コメント:0

続きを読むread more

秋山4勝目、DeNAに連勝

相手がDeNAならチームの強みを活かした野球が出来るみたいやね。 上位打線が塁に出て、クリーンアップで返す理想的な点の取り方だった。 4回に木浪がツーベースを放ち、マルテのタイムリーで1点を追加。 6回にも木浪のツーベース、福留進塁打で三進すると、マルテの犠牲フライでもう1点を追加。 得点力の無いところは投手陣がカバ…
コメント:0

続きを読むread more

珍しく投打が噛み合う

5回に打線に火が着き青柳を援護。その後継投に入ると一発攻勢で点差を離した。リリーフ陣もしっかりと抑え、大差をつけて完封勝ち。 ドリス再登録に伴い、ソラーテを抹消。当然やろなあ。 陽川を落として江越と中谷を上げた。これが最終チャンスかもしれんよ。 結果は快勝だったが、あまり喜べる内容ではなかった。DeNAの作戦ミスで勢いづい…
コメント:0

続きを読むread more

読売に3タテ喰らう

東京ドームで3連敗。これで6年連続の読売戦負け越しが決定。もはや初秋の風物詩と言ってもいい。 同じヒットの本数なのに得点は半分。得点力が無いところにフライを見失うようなミスが出たらどうしようもない。 守れんのやったらせめて打ってくれ。
コメント:0

続きを読むread more

西、1失点で負け投手に

西が踏ん張りを見せ、6回をソロホームランの1点だけに抑えるが、打線の援護がなく8敗目を喫した。 中日戦で6連打を放った打線は、台風と共に何処かへ行ってしまったのか。この2試合、チャンスを作ってもタイムリーが出ない。特に大山がクローズアップされているが、その前のマルテ、ソラーテも打ち損ないが多い。 今更だけど、この打順や選手起用で…
コメント:0

続きを読むread more

髙橋遥、ドームランに泣く

初回に幸先よく1点を先制するものの、取った点はそれだけ。好投した髙橋遥をたった一球の失投で負け投手にしてしまった。 髙橋遥は7回を4安打2失点。4回、岡本にツーランを浴びたが、ボール自体は低めに投げ込んでいた。東京ドームだったのが不運。 打線は8安打で1得点。福留が3安打したが、チャンスメイクに回ってしまった。 大山が初回…
コメント:0

続きを読むread more

2死からの6連打で一気に逆転

湿っていた打線が突然息を吹き返した。劣勢の5回、2死ランナーなしから怒涛の6連打で、一挙5点を奪って試合をひっくり返した。 先ずは代打木浪のヒット。ここから近本、北條の連続ツーベースで1点差に迫る。福留が内野安打で繋いで、マルテのタイムリーで同点に追いついた。そして仕上げは、この日5番に上げた大山がツーベースを放って、試合をひっく…
コメント:0

続きを読むread more

拙攻でスコアレスドロー

青柳が8回途中まで無失点の好投。しかも無四球。前回が酷かったので心配していたが、これで一安心。 前日梅津に翻弄された打線は、この日は大野から7安打を放ち、更に6四球も選んだ。しかし、大野に踏ん張られて得点出来ず。ホームどころかサードも遠かった。 ソラーテの5番はどうなんやろ。一発が出たら大量点に繋がるが、いかんせん打率が低す…
コメント:0

続きを読むread more

ルーキーの前に打線がさっぱり

初回にあっさりと先制したものの、その後は梅津に軽く捻られてしまった。毎度の事だが、初物になぜこんなに弱いんやろ。 初物をこれだけ打てないのには何か理由がある筈。例えばスコアラーのデータの精度だったり、打って当たり前というプレッシャーだったり。 次は何とかすると言うが、なぜ打てないかを分析しないと対策を練ることが出来ない。 …
コメント:0

続きを読むread more

夏ロード初の勝ち越し

8回に3点差をひっくり返して逆転勝ち。6番大山が連日の活躍。 大山が前日に続いてフランスアを打った。この日は3安打2打点。6番の方が力が出せるんかなあ。 望月が踏ん張れず、4回2/3を5失点で降板。この日は変化球が高目に浮いていた。次は5回を投げ切るように。
コメント:0

続きを読むread more

大山、6番降格にサヨナラ弾で応える

よほど降格が悔しかったのか、それとも重圧から解放されて本来の力が出せたのか、大山がサヨナラスリーランを放った。今度は自力で4番の座を奪え! 糸井が抹消された。福留を3番に据えたが、ベテランにはきつい打順。福留まで故障しないように願う。 そして4番マルテ、5番ソラーテのクリーンアップ。ここまで頑なに大山を使い続けていたのに、と…
コメント:0

続きを読むread more

4点差ひっくり返されて大敗

序盤に4点を先制して楽勝と思っていたのに、守りのミスで逆転された。 ソラーテがスタメン落ち。よほど守備の面で使いづらいんやろなあ。 3回までパーフェクトピッチングだった髙橋遥が、4回に突如つかまって5失点。 大山のミスでゲッツーを取り損なった事もあるが、それはよくある事。それより、原口の経験不足が大量失点に繋がったと思う。…
コメント:0

続きを読むread more