岩田粘れず

福留が右ふくらはぎの筋挫傷で登録抹消。糸井もコンディション不良で欠場。ただでさえ点が取れないのに、飛車角落ちではどうしようもない。この日のクリーンアップはマルテ、大山、梅野。広島と比べると怖さがない。 福留の抹消は中谷、髙山、そしてこの日登録された陽川にとって大チャンス。しかし、この日は全く結果を出せなかった。 一方で久し振りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘りを見せるもサヨナラ負け

9回の攻撃でなんとか同点に追いついて延長に持ち込んだが、結局サヨナラ負けを喫した。残念ではあるが、波に乗っている広島相手によく頑張ったと思う。 延長11回裏、能見が2死からヒットと四球でランナーを溜め、野間にタイムリーを打たれた。後ひとつのアウトが遠かった。 磐石のリリーフ陣でも打たれることはある。気持ちを切り替えて、また頑張っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和になってから読売に負け無し

先制逃げ切りのいい展開で読売に連勝。もう読売アレルギーも甲子園アレルギーも無くなったかな。 高橋遙が7回4安打2失点の好投を見せた。持ち味を遺憾なく発揮出来たね。 7回は流石に引っ張り過ぎではと思っていたが、なんとか三凡に抑える事が出来た。 もう肩の心配はないのかな。この調子でローテに定着して欲しい。 大山が先制スリーラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

髙山、ようやった!!

延長12回裏、1死満塁で代打髙山。2ボールからの高めの球を振り抜き、ライトスタンドへ放り込んだ。出迎えの水の量が半端やなかったwww 本来なら11回の無死満塁で決めておかないといけなかった。髙山が打ってなかったら悔いが残る引き分けになっていた。 よくやった、髙山。まるでホームランバッターのように、バッターボックスに根の生えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガルシア復活!完封で虎初勝利!!

ガルシアが1軍のマウンドに戻って来て、本来のピッチングを見せてくれた。打線も4発の祝砲で出迎えて、大差で完封勝利。 3試合連続で7失点はなんだったと思うような見事な内容だった。しっかりと調整して本来の姿を取り戻した。 メッセンジャーが今のところ思うように勝てていないので、ガルシアの復活は助かる。 これにメッセンジャーが刺激を受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最終回の追い上げ及ばず

寝ていた打線が9回に爆発。ひょっとすると6点差をひっくり返すかと思ったが、そう甘くないわな。 メッセンジャーが6安打9四死球の大荒れ。5回までは1失点に抑える粘りを見せていたが、6回に力尽きて6失点ノックアウト。 球審の原の狭いゾーンのせいで、際どいコースをことごとくボール判定された。以前のメッセンジャーならイライラして、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リリーフ陣フルで回転辛勝

ヤクルト3連戦に続いて横浜でも1点を争う接戦になった。見ている方は面白いが、現場は大変だと思う。 守屋がナイスリリーフ。球数が嵩んで5回で降板した西の後を受けて、打者4人をピシャリと抑えた。その間に味方打線が逆転してくれて2勝目をゲット。 ヤクルト戦で勝ちパターンのピッチャーに負担がかかっていたので、守屋が好投してくれて助かった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャプテンの一打でサヨナラ勝ち

連日の接戦を途中出場の糸原のタイムリーで拾った。さすがはキャプテン。 糸原はこの日はスタメン落ち。疲れていると首脳陣が判断したのだと思うが、フルイニング出場を目指していた糸原にはショックだったろう。 9回裏、1死満塁の場面。悔しい気持ちをぶつけて、前進守備のライトの横をライナーで抜けるタイムリーを放った。 レギュラーは俺だと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守りの差で勝利

これぞ岩田のピッチングで。これぞ甲子園での戦い方。見事な試合で2夜続けての1点差勝利。 岩田はランナーを出しながらも粘りを見せて、6回1失点に抑えた。調子はあまりよくなかったみたいだが、持ち味を十分発揮する事が出来た。無援護で勝ち投手になれないのも持ち味なのかもしれない。 4回にバレンティンに一発を打たれて同点になった後、更…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接戦制して連敗ストップ

青柳が持ち味を活かして粘りのピッチングを見せた。これでメッセンジャーや西を超える、チームハーラートップの4勝目。青柳が勝ち頭になるなんて思いもしなかった。 2回のピンチでマルテの本塁送球が逸れて1点を失ったが、直後に併殺でピンチを脱し、同点で踏ん張った。その後も内野ゴロを打たせるピッチングで、余力を残して6回で降板。あっぱれな内容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完封を免れるのがやっと

せっかく読売に連勝したというのに、甲子園に戻って来て広島に3連敗。東京で打ちまくった打線はどうなってしもたんや。 秋山が初回に2失点。前日の試合と同様に追いかける展開になった。その後も踏ん張り切れずに小刻みに失点し、5回5失点で降板。 基本投げ抹消なので登板間隔が空く。それが影響してるのかもしれんね。 前日タイムリー欠乏症…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今季5度目の完封負け

またタイムリーが出ずに完封負け。打線の迫力の差が出た。 藤浪がようやくファーム戦で登板した。僅か1イニングなので感触を試しただけだと思うが、これまで実戦登板を封印していたので、そこからようやく一歩踏み出せてよかった。 メッセンジャーがまたもや初回にスリーランを浴びてしまった。2回以降は本来のメッセンジャーに戻ったが、6回にま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終わってみれば大敗

1点を争う好ゲームだったのに、9回2死から3投手がめった打ちにされて7失点。9回裏の楽しみが消えた。 西はいつもながらの好投を見せ、8回を3失点。そのうち2点はマルテの記録に残らないエラーなので、終盤まで完璧に広島打線を抑えていたと言ってもいい。 これで西は4敗目。打線が普通に打っていたら、いくつ勝ち星に変わっていたことやら。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームラン攻勢で菅野をノックアウト

菅野を攻めて11安打4ホーマー10得点。6回途中でマウンドから引きずり下ろした。こんなに気持ちいい事はない。 クリーンアップのホームラン共演。糸井先制弾。福留は相手の追い上げを突き放す一発。そして大山は菅野に止めを刺す特大ツーラン。 木浪も菅野から2本目のソロ。梅野も2番手田口から打った。 これで負ける筈がない。いや、負けては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売に今季初勝利

ようやく読売戦の連敗をストップ。坂本の連続出塁も止めて、めでたしめでたし。 青柳の立ち上がり。いきなり重信にスリーベースを打たれ、丸と岡本のタイムリーで2点を失う。2回にも1死2・3塁のピンチになるが、ここから青柳が粘りを見せた。坂本を三振、丸を内野ゴロに打ち取って、ここを切り抜けると、その後は立ち直りを見せ、6回2失点で3勝目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイムリー欠乏症で久々の連敗

9回裏、2死1・2塁。ホームランが出たら同点の場面で、大山が見逃し三振。この日の試合を象徴するような幕切れやった。 初回に満塁で福留がタイムリーを打ったきり。それ以降も再三チャンスがありながら、タイムリーが出なかった。 才木は5回5失点。初回の失点は微妙な判定で気の毒だったが、その後の失点は2死までこぎ着けながら、踏ん張り切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

13三振を喫して完敗

中日先発の柳をさっぱり打てず。最終回に2番手ロドリゲスから1点を奪い、完封を逃れるのがやっと。 柳を攻略出来なかった。それに尽きる。 まったくタイミングが合ってなかった。球種なりコースを絞ったらよかったのに。違う球が来たらごめんなさいでええやん。どっちみち打てんのやから。 メッセンジャーは立ち上がりを攻められて3失点。糸井…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西3勝目、同率2位に浮上

マルテにホームランが出て、大山もタイムリー2本の3打点。西はいつもながらの安定したピッチング。言うことないわ。 岡崎と入れ替えで上がって来たのは長坂。原口の登録はもう少し先になるみたいやね。 まだ順位がどうとか言う時期ではないが、一時の不調期の事を考えると、よくここまで盛り返したなと思う。 西が投打に活躍。投げる方は3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継投ミスで勝ち試合を分ける

終盤5点リードで勝利を確信していたが、投手リレーのミスで同点延長。12回に勝ち越して今度こそ勝ったと思ったが、島本が打たれて同点。油断大敵とはこの事やね。 原口がファーム戦な代打で登場。翌日にはスタメン起用でヒットを打った。岡崎が抹消されたので1軍登録があるかも。 負けに等しい引き分けだが、色々と教訓があったんやないかな。負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

投手陣踏ん張って逆転勝ち

僅差の試合でヒヤヒヤする場面もあったが、何とかPJ&ドリスに繋いで逃げ切った。 原口がファームの練習に合流した。どんな手術を受けたのかは知らないが、フリーバッティングもしたらしいので、想像以上に早く回復している様子やね。 秋山は2回に連打を浴びて1点を失い、更に無死満塁のピンチを迎えるが、ここから踏ん張りを見せて最初の1点だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青柳の独り相撲で連勝ストップ

青柳の悪いクセが出た。それも試合が始まってすぐに。魔法が解けたように、2年前の青柳に戻ってしまった。 青柳は4回4失点でノックアウト。初回の暴投も村上のホームランも防げた失点。もったいないとしか言いようがない。 四球こそ1つだけだったが、自分の思ったところにボールが行ってなかった。梅野もリードに苦労したと思う。 打線は6回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福留50000号サヨナラ弾

守りのミスで劣勢になった試合。若手がコツコツと得点を積み重ねて追いつき、最後はベテランの一振りで試合を決めた。 流石は千両役者。ファンが思い描いたシナリオをそのまま実現してくれた。 岩貞がインフルエンザでファーム落ちしたので、高橋遙に出番が回ってきた。このチャンスにしっかりとアピールして欲しかったが、味方のエラーに足を引っ張られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メッセンジャー復活完投勝利

ファームで右腕打撲の治療していたメッセンジャーが復帰。DeNA打線を3安打に抑える好投で完投勝ち。 岩貞と岩崎が登録抹消。いったい何事かと思っていたら、その後インフルエンザに感染したとのニュースが入った。筒井壮コーチも感染したらしい。 時期外れなので単なる風邪だと思っていたかもしれない。これ以上の感染者が出ないことを祈る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4番の一打でサヨナラ勝ち

流れは悪かったが、センターラインの堅い守りと、大山の一振りで逆転サヨナラ勝ち。 糸井とマルテがスタメン落ち。糸井は調子が悪いまま使うより、リフレッシュさせた方がいい。一方のマルテは、試合慣れさせないといけないので休ませる必要なし。 打線は阪口を打ちあぐねていたが、6回にピッチャーが国吉に代わると、その回先頭の上本が初球を叩い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドリス被弾で接戦を落とす

ドリスが打たれたらしゃあない。ただ、そこで緊張が切れてしまい、グダグダになったのが残念。 岩田が7回4安打無失点の素晴らしいピッチングを見せた。これだけ好投が続けば完全復活と言っていい。しかし、同時に無援護体質も復活してしまったようやなあ。 打線は近本が猛打賞を記録するなど、チーム全体で9安打しながら繋がりがなかった。いくら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和スタート、4連勝で5割復帰

新しい時代が始まった。その最初の試合で借金を完済。いやあ目出度い。 近本が5回に2点タイムリーを放って逆転。ここまでチームはノーヒット。四球やエラーでランナーを出しても決められない。そんな状況を打ち破った。 そして凄いのはここから。続けざまに2盗、3盗を決めて、糸原のタイムリーで悠々とホームイン。単独の3盗なんてなかなか見られな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3連勝で平成終わる

ウルトラの夏のユニフォームで広島を一蹴して3連勝。この勢いで令和も突っ走って欲しいもんやね。 秋山が今季初勝利。打たせて取るピッチングで7回を3安打無失点に抑えた。球数は93球と少なめ。手術した右足への負担も少なかったと思う。 このままローテ残るのか、いったん抹消するのかわからないが、膝の状態が完全に戻るまで無理の無いように投げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青柳プロ初完封

2試合連続でベンチの采配が冴えた。腹を括った矢野監督にも、その期待に応えた青柳にも拍手。 決して楽な完封試合ではなかった。味方の援護が少ない中、何とか踏ん張っての完封勝ち。ヒーインで疲れたと言っていたが、心地よい疲れだと思う。 2点リードの8回、ヒットとエラーで無死1・2塁のピンチを迎える。今までならここでリリーフを仰いでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

執念の継投で勝利

流れが悪い試合だったが、ジョンソンを前倒しで投入して、何とか逃げ切る事が出来た。 両チーム2桁安打を放ちながら、イマイチ盛り上がらない試合だった。 この日の勝因は継投。 5回で岩貞を諦めて球児を投入。7回に能見がピンチと見るやジョンソンに代えた。 連戦が続くので連投もイニング跨ぎも避けたいところ。それでも躊躇せずに勝ちパ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またビシエドに打たれて逆転負け

ビシエドのホームランで逆転されて連勝がストップ。12連戦の頭でいきなりつまずいた。 初回に梅野の3点タイムリーで先制。西が3回までパーフェクトピッチング。楽勝ムードだったのに、4回先頭の平田への死球で流れが変わった。 オリックス時代もナゴヤドームで勝てていないとか。そういうのが頭をよぎったのかもしれない。 それにしても、またビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more