投手陣踏ん張って逆転勝ち

僅差の試合でヒヤヒヤする場面もあったが、何とかPJ&ドリスに繋いで逃げ切った。

原口がファームの練習に合流した。どんな手術を受けたのかは知らないが、フリーバッティングもしたらしいので、想像以上に早く回復している様子やね。

秋山は2回に連打を浴びて1点を失い、更に無死満塁のピンチを迎えるが、ここから踏ん張りを見せて最初の1点だけで切り抜けた。3回以降は立ち直って、5回途中1失点で2勝目。
流れに飲み込まれることなく、微調整が出来てよかった。勝ったり負けたりだったら波に乗れんもんなあ。

球児がちょっと手こずったが、後ろの投手陣が無失点リレーで抑えてくれた。
先発が6回まで持ちこたえてくれれば、7回は相手に応じたピッチャーを出せ、その後はジョンソンとドリスに繋ぐ事が出来る。心強いリリーフ陣やね。

攻撃は4回にチャンスが巡って来て、先ずは梅野の内野ゴロの間に同点に追いつく。そして木浪が1・2塁間を破って一気に逆転。

9回のチャンスでは近本のバントを相手が悪送球して追加点が入ったが、それ以上の点は取れなかった。
次の試合を考えれば、ここで息の根を止めておかないといけない。

"投手陣踏ん張って逆転勝ち" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント