狩野の一振りで逆転勝ち

今年のウル虎の夏は5勝1敗。黄色いユニがチームに力を与えてくれたようにも思える。この先ずっとこのユニでええんとちゃうか。

ドリスが右肘の故障で離脱。サターホワイトが登録された。ドリスもマテオも力のあるピッチャーだが、どうにも怪我が多い。この事は外国人ピッチャーに限った事ではなく、石崎や榎田も同様。中継ぎの起用方法や、登板後のケアに問題が有るんとちゃうやろか。

前日に大活躍した福留を休養させ、ライトに中谷を起用。原口を4番に据え、前後に良太とゴメスを配した。打率1割台の良太が3番とはなあ。

岩崎が2回に3安打を集中されて1点を失うも、3回以降は1安打に抑える好投を見せる。福留を欠いた打線は、苦手ジョーダンの前に6回まで僅か2安打に抑えられる。7回先頭のゴメスがヒットで出塁するが、江越がショートゴロゲッツーに倒れ、このまま岩崎を見殺しかと思われたが、2死から中谷、北條の連打でチャンスを作り直して、代打狩野のタイムリーで逆転に成功。球児が8回をテンポよく3人で終わらせると、その裏打線が繋がって4点を奪う。最後は来日初登板のサターホワイトが無難に抑えた。

1点ビハインドの7回、2死1・2塁で岩崎に打席が回り、狩野が代打で登場。
初球の変化球を見逃し、2球目のインコースのストレートを思い切り引っ張ってレフトへツーベースを放った。狙いをストレートに絞っていたらしい。

狩野はお立ち台で「代打は難しくない」と言ったが、代打職人だからこそ言える言葉やろね。ピッチャーの勝敗に直結するという場面に代打で出て、しっかり結果を出せる選手はなかなか居ない。

北條が、7回に狩野のタイムリーに繋がるヒットを打ち、狩野のタイムリーで1塁から長躯ホームインした。8回には試合を決めるタイムリーも打った。
ちょっと前までは物足りない部分が多かったが、徐々にいい仕事をするようになって来た。

勝ったものの打線はジョーダンを攻略出来なかった。3連打で逆転はしたが、それまでは散発3安打に抑えられていた。勝てたのは岩崎が1点に抑えてくれたから。
他のチームはジョーダンを苦にしていないのに、なぜ阪神だけが打てないのか。やはり、まだ速い球に対応出来てないんやろか。

さあ、火曜日からロードが始まる。先ずはDeNAとの3連戦でどれだけ差を縮める事が出来るかやね。



ロッテー楽天戦で初めて新コリジョンルールが適用された。結局はキャチャーが走路妨害をしても問題ないと言うこと?
ようわからんわ、このルール。また揉める元になるんとちゃうか。


"狩野の一振りで逆転勝ち" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント