まさかのサヨナラホームランで王手をかけられる

このシリーズ初めての延長戦。あんな幕切れになるとは思わんかった。脱力感だけが残る、長い試合やった。

初回、西岡、上本が早いカウントで打ちに行って凡退。2死から鳥谷、ゴメス、マートンの連続四球で満塁。
こうなるんやったら、西岡、上本もじっくりと見極めていったらよかったのにと思ってしまう。
しかし、このチャンスで福留は三振に倒れ、試合の主導権を取ることができなかった。

その裏、岩田は先頭の柳田につーベースを打たれると、犠打野戦と四球で無死満塁のピンチを迎える。
李大浩からは三振を奪うが、松山にレフトへタイムリーを打たれて2点を先制されてしまう。
続く中村にもセンター前に弾き返されるが、ここは大和がバックホームして、二走内川がタッチアウトにすると、吉村を三振に打ち取って、このイニング2失点で済ませることができた。

3回、再び上本、鳥谷、ゴメスの連続四球で1死満塁のチャンス。
ここでマートンがライトへ犠牲フライを打ち、1点を返す。抜けそうな当りやったのに、中村にええ守備されたなあ。
続くは福留。今度は見事に左中間へのタイムリーで同点に追いつく。

岩田は2回以降は尻上がりに調子を上げ、7回まで初回の2点だけに抑えた。その後は福原、安藤で9回までしっかりとソフトバンク打線を抑えた。
一方ソフトバンクはコントロールの定まらない中田を3回で諦め、東浜、森、五十嵐とつないでいく。この継投の前にこちらも打線が沈黙。
2-2のまま延長に入った。

10回表、先頭の西岡がヒットで出塁。上本の送りバントで2塁へ進むと、鳥谷のセンター前で1死1・3塁とチャンスを広げた。
しかし、頼みのゴメスがここでサードゴロ。最悪のゲッツーで勝ち越すことが出来なかった。

するとその裏、安藤が先頭の明石を四球で出す。内川は1塁ファールフライに打ち取るが、本多の送りバントを藤井が間に合わないセカンドに投げてしまい1・2塁のピンチ。
ここで呉昇桓にスイッチし、松田をセカンドフライに打ち取ってツーアウトまでこぎつけた。
続く中村も石直球で追い込む。ここまで呉昇桓のストレートに振り遅れていた中村。バッテリーが選んだ勝負球はインコースのストレート。しかし、このボールをジャストミートされ、打球がライトポール際に入って逆転負けを喫した。
外へカットボールを1球投げてた方がよかったんちゃうか。球数を少なく済ませたいからか、勝負を焦ってしもた感じがする。

これで3連敗。敵地ではさっぱり勝てんなあ。
投手陣はよく頑張ってると思うが、ここへきて打線がさっぱりやなあ。
次はなんとしても勝って、甲子園で巻き返しを図って貰いたい。

"まさかのサヨナラホームランで王手をかけられる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント