流れをつかめず惜敗

1点ビハインドの9回裏、2死2塁でバッターは福留。ひょっとしたらと言う期待も虚しく、落ちる球にバットが空を切り敗戦。上本、あの場面で初球ポップフライはアカンで。

先発能見は、初回先頭の柳田にヒットを許すと、内川のタイムリーで早々と先制を許す。その後はペースを掴んだが、4回に李大浩にホームランを打たれて2失点。内容は悪くなかったんやけどなあ。

武田のカーブに苦しむ打線は、6回2死までパーフェクトに抑えられる。1巡目は仕方ないにしても2巡目には打って欲しかったなあ。

チーム初ヒットは代打狩野。なにかやってくれそうな気がしていた。カーブに必死に喰らいついて、センター前ヒットで出塁。
続く西岡がライト線へツーベースを放ち、1塁から狩野が長躯ホームイン。これで点差は僅か1点。

7回はシーズン終盤に覚醒した高宮が3人でピシャリ。ポストシーズンに入ってから無敵。
8回は安藤が絶妙のコントロールで三者凡退。好調柳田、コース一杯のボールに手が出ず。

1点を返してからは試合の流れがこちらに来ていた。
しかし、中継ぎ投手陣がいいリズムでお膳立てしたというのに、打線は得点圏にランナーを進めながら、あと1本が出なかった。7回の鳥谷の走塁死は痛かったなあ。

9回の守りは遼馬と梅野のバッテリー。フレッシュやったねえ。
内川をセンターフライ、李大浩は153キロのストレートで空振りの三振。
松田にはヒットを打たれてしまうが、梅野が盗塁を刺してリカバリ。
2人とも初めての日本シリーズで、十二分に力を発揮してくれた。

9回裏、先頭鳥谷がヒットで出塁して盛り上がるが、後ろが続かなかった。
ポストシーズンに入って、初めての敗戦。それでも、僅差の見応えがある試合やったと思う。

"流れをつかめず惜敗" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント