猛虎打線爆発、日本シリーズ開幕戦勝利

クライマックスシリーズの勢いそのままに、日本シリーズの初戦も投打がかみ合って快勝。聖地で応援したかったなあ。チケットが取れなかったのがほんまに残念やわ。

ぎっしりと黄色で埋まった甲子園。風船の数も、いつもより多いように見えた。

メッセンジャーとスタンリッジの投げ合い。交流戦での両投手の対戦は、スタンリッジの完封勝利。メッセンジャーはスタンリッジを意識しすぎて打たれた。
どちらもイライラすると崩れるという欠点を持っているので、俊足のランナーが塁に出てかき回すことがキーになる。

初回は両投手とも完璧な立ち上がりで三者凡退。
2回にマートンがヒットで出塁するが、スタンリッジに後続を断たれ、3回まで1安打に抑えられる。

一方、メッセンジャーは2回までノーヒットピッチング。3回先頭の今宮に初ヒットを打たれ、送りバントで2塁へ進められるが、続くスタンリッジの送りバントで二走今宮を3塁で殺し、チャンスの芽を摘んだ。
4回には、内川のなんでもないセカンドゴロを上本がトンネルするが、李大浩、松田を打ち取って、ここも0に抑えた。
初めて大舞台を経験する上本と大和はかなり緊張してたみたいやね。

試合が動いたのは4回裏。先頭の上本がヒットで出塁して、さっきのエラーを取り返す。鳥谷の進塁打でセカンドへ進めると、ゴメスのレフトオーバーのツーベースで先制した。

5回には先頭の大和がヒットで出塁。メッセンジャーがスリーバントを決め、1死2塁。
西岡は粘った末に四球を選ぶ。上本センターフライで2死になるが、鳥谷が冷静にボールを見極めて2死満塁。
このチャンスにゴメスが三遊間を破るタイムリーを放ち、2者が生還。もうゴメス様々やね。
シーズン中は満塁にしてもチャンスがピンチとなって、得点出来ないシーンを何度も見てきた。ポストシーズンに入って、そんな呪縛からも解き放たれたかな。

続くマートンもセンターオーバーのツーベースで、さらに2点を追加してスタンリッジをノックアウト。
見事な攻撃やったけど、相手がスタンリッジやったので複雑な気分やなあ。

その後、2番手森福から福留が左中間へツーベースを放ち、この回5点のビッグイニングになった。
このシリーズでも要所でワンポイントに使われるピッチャーだけに、初戦で森福を打ったのは、今後の戦いに影響するかもしれんね。

メッセンジャーは5回まで無四球の1安打ピッチング。
ところが、6回に代打松中にヒットを打たれると、柳田、内川のヒットで1死満塁のピンチを迎え、バッターは李大浩。
ここで李大浩にセンターフライを打たれて、犠牲フライで1点を失うものの、中村をショートゴロに打ち取って、最少失点で切り抜けた。
7回には柳田のタイムリーで1点を追加されるが、7回2失点の好投。スタンリッジに投げ勝った。

8回は休養十分の福原が内野ゴロ3つで抑えると、9回は4点差で呉昇桓が3人でピシャリ。連投の疲れは取れたようやね。
もうセーブが付くとか関係なし。途中移動日があるので、そのまま全試合投げさせるかもしれんね。

初戦を見事に取ったものの、6回以降ソフトバンクの継投の前に得点出来なかったのが気になる。マルチヒットの柳田、今宮も要注意やね。杞憂に終わってくれたらええねんけど。

"猛虎打線爆発、日本シリーズ開幕戦勝利" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント